【初心者向け】WordPressの初期設定!インストール後にやるべき16項目

【初心者向け】WordPressの初期設定!インストール後にやるべき16項目WordPressの使い方

今回はWordPressの初期設定に必要な項目を16個ご紹介していきます。

これだけやっておけば、あとは日々記事更新に集中できるようになります。

僕もWordPressをインストールした後、毎回すぐにやっている設定なので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

WordPressの初期設定16項目

動画でも解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

※ 一部今回の記事の内容と異なる部分がありますので、ご了承ください。

SSL化

SSL化というのは「http」から始まるURLを『https』に変えることです。

現在はWEBサイトのSSL化は必須であり、SSL化を行うことでこのようなメリットもあります。

  1. セキュリティが高まる
  2. 読者に不信感を与えない
  3. SEO効果がある

手間はかかりますが、面倒なのは一度だけですので、WordPressをインストールしたら、まずは最初に済ませてしまいましょう。

エックスサーバーでWordPressを常時SSL化(https)する設定方法
「エックスサーバーのWordPressを常時SSL化したい」と思っても、設定方法が難しそうですよね。今回はSSL化の3つのメリットをお伝えしたうえで、具体的な手順を解説していきます。エックスサーバーのSSL化は無料で、簡単にできますので、ぜひ参考にしてみてください。

不要部分の削除

WordPressをインストールすると、最初はサンプル記事やオススメのプラグインが入っています。

しかし、これらはほぼ不要なので、最初のうちに削除したほうが良いです。

  • Hello world!(投稿ページ)
  • サンプルページ(固定ページ)
  • Hello Dolly(プラグイン)
  • Akismet(コメント使わない方)

なお、コメントを利用する場合でも、AkismetよりInvisible reCAPTCHAというプラグインのほうが軽くてオススメです。

【Invisible reCAPTCHA】WordPressのスパム対策プラグインの使い方
今回は『Invisible reCAPTCHAの使い方』について解説していきます。Invisible reCAPTCHAを使ってGoogleのreCAPTCHA v3を導入すれば、WordPressの問い合わせフォームから届くスパムメールを防いでくれます。

テーマのインストール・設定

WordPressには最初から公式テーマがいくつかインストールされています。

しかし、使い勝手が良くないので、あまりオススメはできません。

最近は無料でも高機能なテーマが増えてきましたので、お好みのテーマを探してインストールしてみましょう。

ちなみに、このブログではCocoonというテーマを利用していますが、無料なのに有料テーマ並みと評判も高いです。

詳しい設定方法はこちらで解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

WordPressテーマ『Cocoon』導入後の初期設定【初心者向け】
今回はWordPressテーマ『Cocoon(コクーン)』導入後の初期設定と使い方をご紹介しています。WordPress初心者の方でも迷わないよう分かりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてください。Cocoonは高機能な分、設定項目がたくさんありますが、焦らず一つずつ確実に設定を行っていきましょう。
スポンサーリンク

プラグインのインストール

プラグインはできるだけ少ないほうが良いですが、セキュリティ対策や管理のしやすさなどを考慮して、いくつか入れておきたいものです。

現在このブログで使っているプラグインは、こちらの12個です。

  • Aurora Heatmap:ヒートマップ分析
  • Broken Link Checker:リンク切れを検出
  • Contact Form 7:お問い合わせフォームの設置
  • Edit Author Slug:ログインIDを隠す
  • EWWW Image Optimizer:画像の圧縮
  • Google XML Sitemaps:XMLサイトマップの作成
  • Invisible reCAPTCHA:スパム対策
  • PuSHPress:インデックス促進
  • Quick Adsense:アドセンスの設置
  • SiteGuard WP Plugin:セキュリティ対策
  • WP Multibyte Patch:WordPressの日本語化
  • WP-Optimize:データベース最適化

各プラグインの機能も書かせていただきましたので、参考にしてみてください。

※ 動画で紹介したものといくつか異なっていますので、ご了承ください。

一般設定

続いて『設定 ⇒ 一般設定』の設定画面です。

こちらでは、まずキャッチフレーズに「Just another WordPress site」という英語が入っていますので、こちらを削除し、自分のブログの説明文・紹介文を120文字前後で入れておきましょう。

一般設定のキャッチフレーズ

なお、サイトタイトルもキャッチフレーズも、運営途中で変更は可能です。

 

使っているサーバーによっては、タイムゾーンが日本以外のものになっている場合があります。

日本以外のタームゾーンでもあまり不具合はないと思いますが、日本に住んでいる方は一応『東京』を選択しておきましょう。

また、日付のフォーマットもお好みの形式に変更可能です。

一般設定のタイムゾーン

 

さらに時刻のフォーマットや、週の始まりも変更できます。

設定が完了したら『変更を保存』をクリックして完了となります。

一般設定の変更を保存

投稿設定

投稿設定では、一番下に『更新情報サービス』という欄があります。

更新情報サービス

こちらはいわゆる『Ping送信先』で、『更新通知サービス』をクリックすると、参考の送信先が出てきます。

また、Ping送信を行う場合は『WordPress Ping Optimizer』というプラグインも入れておくことをオススメします。

このプラグインを入れないと、下書き保存しただけでPing送信されてしまうので、サーバーの負荷を軽減させるためと、スパム扱いされないためにもに入れておいたほうが良いです。

 

ちなみに、僕は現在Ping送信を一切やっていないので、この欄は空欄にしています。

Ping送信の本来の目的はインデックスの促進なんですが、GoogleのPing送信先がすでに機能していないからです。

Ping送信を行わなくても検索エンジンにインデックスされていますので、個人的には特に不要と感じています。

表示設定

次に表示設定を確認していきます。

表示設定の画面

『ホームページの表示』では、トップページを最新の記事一覧にするか? それとも好きな固定ページを表示させるか? 選択できます。

また、『1ページに表示する最大投稿数』では、記事一覧ページに表示させる記事の数を設定できます。

トップを固定ページにしたい方は、まずその固定ページを作成してから、こちらで設定を行いましょう。

ディスカッション設定

続いて、ディスカッション設定を行います。

ディスカッション設定

コメントを受け付ける場合は、とりあえず『新しい投稿へのコメントを許可』にチェックを入れておきましょう。

それ以外はお好みですが

  • コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする
  • コメントの手動承認を必須にする

この2つにチェックを入れておけば、スパムや悪意のあるコメントが減ります。

ただし、これだけではスパムコメントは防げませんので、Akismetか、Invisible reCAPTCHAのどちらかを、必ず入れておきましょう。

 

なお、コメントを受け付けたくない方は、全部のチェックを外しておけばOKです。

僕のブログもコメントを受け付けていないので、チェックを全部外しています。

メディア設定

続いて、メディア設定を確認していきます。

メディア設定

WordPressでは、画像をアップロードした際に、これらのサイズの画像も内部で自動生成されています。

なので、少しでも容量を減らしたい方は、こちらの数値を全部0にすれば、他のサイズの画像が生成されることはありません。

しかし、容量が増えるといっても、よほど大規模なブログでない限り気にするほどではありませんので、そのままでも構いません。

詳しくはこちらの動画で解説していますので、参考にしてみてください。

パーマリンク設定

続いて、パーマリンク設定です。

パーマリンク設定

パーマリンクとは、各記事の固有の文字列のことです。

僕のブログでは数字ベースにしていますが、本来は毎回自分で決める設定にしたほうが良いです。

パーマリンクは運営途中で変更するとSEO的に悪影響しかないので、しっかり考えて設定しておきましょう。

【WordPress】パーマリンクのおすすめの設定方法と注意点
WordPressのパーマリンクは、どんな設定にしたらいいのか迷いますよね?パーマリンクは途中で変更すると、SEO的に大きなマイナスとなりますので、記事を更新する前に決めておく必要があります。そこで今回は『パーマリンクのおすすめの設定方法』について解説していきます。

プライバシーポリシーの設定

続いて、プライバシー設定です。

プライバシー設定

固定ページでプライバシーポリシーページを作成し、こちらでそのページを指定してください。

プライバシーポリシーページはGoogleアドセンスの審査には必須なので、アドセンスをやりたい方は必ず作りましょう。

なお、ページの中身は『プライバシーポリシー アドセンス 例文』などで検索するとたくさん出てきますので、探してみてください。

僕のプライバシーポリシーページのリンクも貼っておきますので、合わせて参考にしてみてください。

プライバシーポリシー
個人情報の利用目的 当ブログでは、お問い合わせや記事へのコメントの際、名前やメールアドレス等の個人情報を入力いただく場合がございます。 取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用...

お問い合わせページの設定

続いて、お問い合わせページの作成です。

お問い合わせページ

お問い合わせページもアドセンス審査には必須なので、ぜひ作成しておきましょう。

また、ASPアフィリエイトを行う場合でも、企業さんから案件の紹介が来ることがありますので、設置をオススメします。

WordPressではContact Form 7というプラグインを使えば、簡単にお問い合わせフォームが作成できます。

【Contact Form 7】WordPressにお問い合わせフォームを設置するプラグインの使い方
今回はWordPressのプラグイン『Contact Form 7』を使って、お問い合わせフォームを設置する方法を解説していきます。このプラグインを設置すれば、簡単にお問い合わせフォームを設置することができるので、ぜひ参考にしてみてください。アドセンスに申し込みたい方は、申請前に設置を完了させておきましょう。

サイトマップの設定

続いて、サイトマップページの作成です。

サイトマップページ

サイトマップページはなくても構いませんが、読者さんの利便性が高まりますので、できれば設置をオススメします。

こちらもPS Auto Sitemapというプラグインを使えば簡単に設置できます。

また、Cocoonを使っている方は、ショートコードを一つ入力するだけなので、非常に簡単です。

WordPressにHTMLサイトマップページを設置する2つの方法
今回は『WordPressにHTMLサイトマップページを設置する方法』を2つご紹介します。プラグインの『PS Auto Sitemap』を使う方法と、テーマ『Cocoon』の機能を使う方法です。サイトマップをWordPressに設置すれば、ユーザビリティが上がりますので、ぜひ参考にしてみてください。

カテゴリの設定

続いて、カテゴリの設定です。

カテゴリの設定

カテゴリ設定のポイントは、この3点です。

  • 『未分類』カテゴリを削除する
  • 最初は確実に使うカテゴリだけ設定しておく
  • 運営途中で追加・修正してもOK
【WordPress】カテゴリーの設定(編集・削除)方法を詳細解説
WordPressのカテゴリーは、記事同士をグルーピングする機能です。複数の記事をグルーピングすることで、検索エンジンにも読者にも好まれやすいサイト・ブログになります。今回は『WordPressのカテゴリーの設定・編集・削除方法』について解説していきます。

グローバルメニューの設定

続いて、グローバルメニューの設定です。

グローバルメニューとは、ヘッダー下に置いているリンクのことを言います。

グローバルメニューの設定

グローバルメニューはなくても構いませんが、設置すると見栄えが良く、読者さんの利便性も上がりますので、できるだけ設置しておきましょう。

使っているテーマによって多少異なる場合がありますが、基本的な設定方法はほぼ同じです。

WordPressテーマ『Cocoon(コクーン)』のグローバルメニューを設定する方法
今回は『WordPressのグローバルメニューを設定する方法』を解説していきます。グローバルメニューは、利用するテーマによって多少設定方法が異なる場合もありますが、基本的にはほぼ同じです。今回はCocoon(コクーン)を使っていますが、異なるテーマではどこの設定が変わるのかもお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ウィジェットの設定

最後に、ウィジェットの設定を行います。

ウィジェット

こちらでは、主にサイドバーの設定を行いますが、とりあえず『メタ情報』は不要なので外しておくことをオススメします。

その他はお好みで構いませんが、読者さんの利便性や、アピールしたい記事・カテゴリーなどを考えて設定を行いましょう。

まとめ

今回はWordPressの初期設定に必要な項目を16個ご紹介してきました。

最初だけ設定しておけば大丈夫な項目が多いですが、中には運営途中でも追加や修正が必要になる場合もあります。

また必要になった時は、今回の記事を参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました