【Invisible reCAPTCHA】WordPressのスパム対策プラグインの使い方

【Invisible reCAPTCHA】WordPressのスパム対策プラグインの使い方WordPressの使い方

今回は『Invisible reCAPTCHAの使い方』について解説していきます。

Invisible reCAPTCHAを使ってGoogleのreCAPTCHA v3を導入すれば、WordPressの問い合わせフォームから届くスパムメールを防いでくれます。

WordPressの管理画面のセキュリティー対策も高められますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Invisible reCAPTCHAの使い方

動画でも解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

Googleアカウントに登録

今回利用するInvisible reCAPTCHAは、Google reCAPTCHAを導入するためのプラグインです。

そのため、導入するためにはGoogleのアカウントが必要となります。

まだGoogleアカウントを持っていない方は、事前にアカウントを登録しておきましょう。
⇒ Googleアカウント

Google reCAPTCHAでキーを取得

Googleアカウントの登録が完了したら、Google reCAPTCHAでキーを取得します。
⇒ Google reCAPTCHA

右上のメニュー内の『管理コンソール』をクリックします。

Google reCAPTCHAの『管理コンソール』をクリックする画面の画像

 

「新しいサイトを登録する」の画面に移動したら、こちらにreCAPTCHAを導入するサイトの情報を入力していきます。

「新しいサイトを登録する」の画面の画像

  • ラベル:登録するサイト名を入力
  • reCAPTCHAタイプ:reCAPTCHA v3を選択
  • ドメイン:登録するサイトのドメインだけ入力

なお、v2は古いタイプのreCAPTCHAなので、v3を選んだほうが無難です。

 

下にスクロールすると、利用規約とアラートのチェックがありますので、両方にチェックを入れて『送信』をクリックします。

利用規約とアラートのチェック画面の画像

 

Google reCAPTCHAでキーを取得する作業は、これで完了です。

Google reCAPTCHAの「サイトキー」と「シークレットキー」が表示された画面の画像

この「サイトキー」と「シークレットキー」はあとで使いますので、この画面を開いたまま、次の手順に進んでください。

スポンサーリンク

Invisible reCAPTCHA のインストール・有効化

続いて、WordPressに『Invisible reCAPTCHA』をインストール・有効化していきます。

『Invisible reCAPTCHA』をインストールする画面の画像

  1. 『プラグイン』をクリック
  2. 『新規追加』をクリック
  3. キーワード欄に『Invisible reCAPTCHA』と入力
  4. 『今すぐインストール』をクリック

 

インストールが完了したら、『有効化』をクリックします。

『Invisible reCAPTCHA』を有効化する画面の画像

 

「プラグインを有効化しました」という文言が出れば、『Invisible reCAPTCHA』のインストール・有効化は完了となります。

『Invisible reCAPTCHA』のインストール・有効化が完了した画面の画像

Invisible reCaptcha の設定

『Invisible reCAPTCHA』の設定を行っていきます。

『設定』の中の『Invisible reCAPTCHA』をクリックします。

『設定』の中の『Invisible reCAPTCHA』をクリックする画面の画像

Invisible reCaptcha Settings

最初は『Invisible reCaptcha Settings』の画面です。

『Invisible reCaptcha Settings』の画面の画像

この画面に先ほど取得したGoogle reCAPTCHAのキーを入力していきます。

  • Your Site Key
  • Your Secret Key
  • Language(言語):『Japanese』を選択
  • Badge Position(配置):『inline』がオススメ

以上、4ヵ所の入力が完了したら『変更を保存』をクリックします。

WordPress

次に『WordPress』メニューの設定を行います。

『WordPress』メニューの設定画面の画像

  • Enable Login Form Protection:ログインフォーム
  • Enable Registration Form Protection:登録フォーム
  • Enable Comments Form Protection:コメントフォーム
  • Enable Forgot Password Form Protection:パスワード再発行

「ログインフォーム」と「パスワード再発行」は必ずチェックを入れておきましょう。

「登録フォーム」と「コメントフォーム」は必要であればチェックを入れてください。

設定が完了したら『変更を保存』をクリックします。

 

WordPressのログイン画面にreCaptchaが表示されていれば、設定成功です。

WordPressのログイン画面にreCaptchaが表示されている画像

 

なお、『WooCommerce』『Ultra Community』『BuddyPress』の3つは、利用している方以外は設定不要なので省略させていただきます。

Contact Forms

最後に『Contact Forms』の設定を行います。

『Contact Forms』の設定画面の画像

  • Enable Protection for Contact Form 7
  • Enable Protection for Gravity Forms
  • Excluded Gravity Forms IDs

「Contact Form 7」を利用している方は『Enable Protection for Contact Form 7』にチェックを入れましょう。

「Gravity Forms」を利用している方は『Enable Protection for Gravity Forms』にチェックを入れてください。

また、「Gravity Forms」で保護の必要がないフォームがある方は、『Excluded Gravity Forms IDs』にフォームのIDを入力します。

設定が完了したら『変更を保存』をクリックします。

 

問い合わせフォームにreCaptchaが表示されていれば、設定成功です。

問い合わせフォームにreCaptchaが表示されている画像

 

Invisible reCAPTCHAの導入は、以上で完了となります。

お疲れさまでした。

まとめ

今回は『Invisible reCAPTCHAの使い方』について解説してきました。

reCAPTCHA v3はブログの読者さんにも負担をかけることなくスパム対策ができます。

Invisible reCAPTCHAを使えば簡単に導入できますので、ぜひ今回の解説を参考に試していただければと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました