Edit Author Slugの設定と使い方【WordPressのログインIDを隠すプラグイン】

Edit Author Slugの設定と使い方【WordpressのログインIDを隠すプラグイン】WordPressの使い方

WordPressは何も対策をしていないと、ログインIDがバレバレです。

ログインURLもドメイン以下が共通なので、実はセキュリティ面に不安があります。

試しに自分のブログのURLの末尾に『/? author=1』を追加してみてください。

WordPressのログインIDが表示されましたよね?

※ 管理者を変更したことがある方は、『author=1』を『author=2』『author=3』のように数字を変えてみてください

 

そこでオススメなのが「Edit Author Slug」というプラグインです。

Edit Author Slugで表示用のフェイクIDを設定すれば、本当のログインIDを隠してセキュリティを高めることができます。

 

今回は『Edit Author Slugの設定と使い方』について解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

Edit Author Slugの設定と使い方

動画でも解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

Edit Author Slugのインストール・有効化

まず最初に、WordPressに『Edit Author Slug』をインストール・有効化していきます。

WordPressに『Edit Author Slug』をインストールする画面の画像

  1. 『プラグイン』をクリック
  2. 『新規追加』をクリック
  3. キーワード欄に『Edit Author Slug』と入力
  4. 『今すぐインストール』をクリック

 

インストールが完了したら、『有効化』をクリックします。

『Edit Author Slug』を有効化する画面の画像

 

「プラグインを有効化しました」という文言が出れば、『Edit Author Slug』のインストール・有効化は完了となります。

『Edit Author Slug』のインストール・有効化が完了した画面の画像

スポンサーリンク

Edit Author SlugでフェイクIDを設定する

続いて、Edit Author SlugでフェイクIDを設定していきます。

『ユーザー』の中の『あなたのプロフィール』をクリックします。

『ユーザー』の中の『あなたのプロフィール』をクリックする画面の画像

 

下にスクロールしていくと、Edit Author Slugの設定箇所があります。

Edit Author Slugの設定箇所の画面の画像

『カスタム設定』にチェックを入れて、表示用のフェイクIDを半角英数字で入力し、『プロフィールを更新』をクリックします。

 

「プロフィールを更新しました」という文言が出れば設定は完了です。

プロフィールの更新が完了した画面の画像

Edit Author Slugの反映テスト

最後にEdit Author Slugで設定したフェイクIDが表示されるか確認してみましょう。

ブログURLの末尾に『/? author=1』と入力して、更新してみてください。

Edit Author Slugの反映テストの画像

このように先ほど設定したフェイクIDが表示されていれば設定成功です。

 

上手く反映されないときは、プロフィールの設定を確認してみてください。

設定に問題がない場合は、キャッシュが残っているのが原因である可能性があります。

  • 『Ctrl + F5』で更新する
  • シークレットモードで確認する
  • 違うブラウザで確認する
  • スマホで確認する
  • 1時間以上時間を空けてから確認する

これらの方法で上手く反映されると思いますので、試してみてください。

まとめ

今回は『Edit Author Slugの設定と使い方』について解説してきました。

Edit Author Slugを使えば簡単に表示用のフェイクIDが設定できます。

WordPressのセキュリティを高めるためにも、ぜひ導入してみることをオススメします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました