ウェブサイトとホームページの違い!オススメの使い分け方とは?

ウェブサイトとホームページの違い!オススメの使い分け方とは?

ネットで見ているページは一般的には「ホームページ」と呼ばれていますが、「サイト」や「ウェブサイト」と呼ばれることもありますので、その違いはちょっと分かりづらいですよね?

そこで今回は、ウェブサイトとホームページの違いや使い分け方について詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

ウェブサイトとホームページの違い

ウェブサイトとは?

ウェブサイトの解説の前に、まずはウェブページについて簡単にお伝えします。ウェブページというのは、インターネットにアクセスして閲覧できる全てのページのことで、あなたが今見ているこの記事もウェブページです。

そして、このウェブページの集合体のことをウェブサイトと言い、その最上位にあるページのことをトップページと言います。

つまり、当サイトの場合はこのようになります。

  • 「https://sattoga.com/」で表示されるページが『トップページ』
  • 「https://sattoga.com/」内の個別のページそれぞれが『ウェブページ』
  • 「https://sattoga.com/」内の全てのページをまとめて『ウェブサイト』

ちなみに、ウェブサイトは『webサイト』や単に『サイト』とも呼ばれますが、全て意味は一緒です。

スポンサーリンク

ホームページとは?

ホームページというのは、あなたがインターネットに接続した時に、一番最初に表示されるページのことを言います。ですから、実はホームページというのは各個人によって変わってくるのです。

僕たち日本人の場合は「Yahoo」と「Google」が多いと言われていますが、「楽天」「goo」「Bing」「ocn」などに設定している方もいるでしょう。

つまり、ウェブサイトの中で一つだけ設定できるのがホームページなのです。
(厳密にはブラウザごとに設定できるので、一つだけとは限りません)

ちなみに非常にややこしいですが、このネットに接続した時に最初に表示されるページのことは、『トップページ』と呼ばれることもあります(^^;)

一般的には違いがない?

このようにウェブサイトとホームページには違いがありますが、一般的に使われている意味としては違いはありません。

つまり、一般的な認識としては「ウェブサイト=ホームページ」です。ウェブサイトという意味でホームページと言うのも特に問題はないでしょう。

ウェブサイトとホームページの使い分け方

もし、ウェブサイトとホームページという言葉を使い分けるなら、このような感じが良いかと思います。

  • あまりネットに詳しくなさそうな方がターゲットの場合 ⇒ ホームページ
  • ネットに詳しい方がターゲットの場合 ⇒ ウェブサイト

ネット関連を専門にしていても、業務内容を「ウェブサイト作成」ではなく「ホームページ作成」としている企業は多いですよね?また、CMなどでも「ウェブサイト(webサイト)」よりも、「ホームページ(HP)」という言葉のほうがよく見かけるはずです。

つまりこれは、一般の方をターゲットにする場合は、「ホームページ」という言葉のほうが反応が良いということなのでしょう。

ですから、逆にネットを専門とする方をターゲットにする場合は、「ウェブサイト」という言葉を使ったほうが良いかと思いますよ。

まとめ

ウェブページ・ウェブサイト・ホームページの違いをまとめると、このようになります。

  • ウェブページ ⇒ ネットで閲覧できる全てのページ
  • ウェブサイト ⇒ ウェブページの集合体
  • ホームページ ⇒ ネットに接続した時に一番最初に表示されるウェブサイト(ページ)

ただし、一般的には全て同じと認識されているのであまりこだわる必要はありませんが、ビジネスで使う際にはターゲットによって使い分けたほうが良いでしょう。

また、ブラウザとホームページの違いをこちらで解説していますので、合わせて参考にしてみてくださいね。
⇒ ブラウザとホームページの違い!PCとスマホの例で分かりやすく解説!

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ