ラッコキーワードの使い方を完全解説【2022年最新版】

ラッコキーワードの使い方を完全解説【2022年最新版】ブログツール

今回は『ラッコキーワードの使い方』を解説していきます。

ブログにSEOで集客するには、ニーズのあるキーワードで記事を書く必要があります。

ラッコキーワードは、そのニーズのあるキーワード(サジェストキーワード)を探すために活用していきます。

この記事ではラッコキーワードの他の便利な使い方もお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ラッコキーワードの基本的な使い方

ユーザー登録の手順

ラッコキーワードは誰でも無料で使えますが、ユーザー登録をしないと1日20回の制限がかかってしまいます。

しかし、無料のユーザー登録を行うと、回数無制限で使えるようになります。

キーワードを探す際は1日に何度も使うことになりますので、あらかじめ登録しておくと安心です。

ラッコキーワードのユーザー登録で必要なのはメールアドレスだけで、3ステップでできるので簡単です。

ラッコキーワードのユーザー登録手順
  • STEP1
    『新規登録』をクリック

    ラッコキーワードにアクセスして、右上の『新規登録』をクリックします。
    ⇒ ラッコキーワードはこちら

    右上の『新規登録』をクリック

  • STEP2
    登録フォームに入力

    メールアドレスを入力し、『ラッコID利用規約に同意する』にチェックを入れ、『登録』をクリックします。

    ラッコキーワードの登録フォーム

    なお、ラッコキーワードは、様々なWEBサービスを展開するラッコ株式会社のツールです。

    ここでユーザー登録しておけば、ラッコキーワード以外の各種サービスも利用できるようになります。

     

    登録フォームから申し込みを行うと、『認証メール送信完了』の案内が表示されます。

    『認証メール送信完了』の案内

  • STEP3
    認証URLをクリック

    登録フォームに入力したメールアドレスの受信ボックスを確認すると、このようなメールが届いていますので、認証URLをクリックしてください。

    認証URLをクリック

     

    認証URLをクリックすると登録が完了となります。

    ラッコキーワードに登録完了

    なお、ログイン用のパスワードが自動で発行されていますので、忘れずにメモっておきましょう。

    パスワードを自分で決めたい方は『パスワードの変更はこちら』から変更手続きを行ってください。

 

登録お疲れさまでした!

ラッコキーワードはこれから何度も使っていくことになりますので、トップページをブックマークしておくと便利です。

 

サジェストキーワードの抽出

ラッコキーワードのメインの活用方法はサジェストキーワードの抽出です。

サジェストキーワードとは?

サジェストキーワードというのは、よく検索されているキーワードを検索エンジンが提案してくれる機能です。
※ サジェスト(Suggest)は『提案』という意味です。

例えば、Google検索で『秋田県』と入力すると、このようなサジェストキーワードが出てきます。

Google検索のサジェストキーワード

この中では『秋田県 コロナ』『秋田県ニュース』『秋田県民割』などがサジェストキーワードです。

その上に表示されている『秋田県庁』『秋田県 3カ月予報』は過去の検索履歴であり、サジェストキーワードではありません。

右側に表示されている『削除リンク』が検索履歴の目印です。

 

そして、このサジェストキーワードは『秋田県 あ』『秋田県 い』『秋田県 う』と次に入力する文字で、出てくる候補が変わります。

次に入力する文字が五十音・アルファベット・数字全ての場合のサジェストキーワードを一度に抽出できるのが、ラッコキーワードのサジェスト機能です。

ラッコキーワードのサジェスト機能の見方・使い方

ラッコキーワードでサジェストキーワードを抽出するには、まず検索窓にメインとなるキーワードを入力して虫眼鏡マークをクリックします。

検索窓にメインとなるキーワードを入力して虫眼鏡マークをクリック

 

すると、このようにサジェストキーワードが一覧で表示されます。

ラッコキーワードのサジェストキーワード一覧

この場合、858件のサジェストキーワードがヒットしました。

 

なお、最初に表示されるのはGoogle検索のサジェストキーワードです。

ラッコキーワードではクリック一つで他の検索エンジンのサジェストキーワードもチェックできます。

他の検索エンジンのサジェストキーワード

 

2022年1月現在チェックできるのは、Googleも含め8つのサジェストキーワードです。

用途に合わせてチェックしてみてください。

  1. Googleサジェスト:ブログ記事を書くとき
  2. Bingサジェスト:ブログ記事を書くとき
  3. YouTubeサジェスト:YouTube動画を作るとき
  4. Google動画サジェスト:動画コンテンツを作るとき
  5. Amazonサジェスト:Amazonの商品をレビューするとき・Amazonで商品を販売するとき
  6. 楽天サジェスト:楽天の商品をレビューするとき・楽天で商品を販売するとき
  7. Googleショッピングサジェスト:商品をレビューするとき・ECサイトで商品を販売するとき
  8. Google画像サジェスト:画像検索から集客するとき
  9. マルチサジェスト:上記8つのサジェストをそれぞれ最大10個ずつ表示

 

キーワードの横の矢印の四角形をクリックすると、そのキーワードのサジェストを掘り下げることができます。

キーワードの横の矢印の四角形をクリック

↓↓↓

サジェストキーワードを掘り下げ

 

キーワードの横の斜めの矢印をクリックすると、そのキーワードの検索結果が表示されます。

斜めの矢印をクリック

↓↓↓

キーワードの検索結果

 

また、この一覧のキーワードは右上のボタンで『コピー』『CSVダウンロード』もできます。

コピーとCSVダウンロード

キーワードを保存したいときは、こちらのボタンを活用してください。

以上がラッコキーワードのサジェスト機能の見方・使い方となります。

キーワードプランナーで検索ボリュームをチェック

ラッコキーワードでは、検索ボリュームを抽出することはできません。

そこでGoogleキーワードプランナーを併用して、検索ボリュームをチェックする手順をお伝えします。

検索ボリュームをチェックする手順
  • STEP1
    キーワードをコピー

    ラッコキーワードの右上の『全キーワードコピー(重複除去)』をクリックします。

    全キーワードコピー(重複除去)をクリック

  • STEP2
    キーワードを貼り付け

    キーワードプランナーを開いたら、右側の『検索のボリュームと予測のデータを確認する』をクリックします。

    『検索のボリュームと予測のデータを確認する』をクリック

     

    ラッコキーワードからコピーしたキーワードを入力欄に貼り付けて『開始する』をクリックします。

    キーワードを入力欄に貼り付けて『開始する』をクリック
    ※右クリックから『貼り付け』を選択、もしくは『Ctrl+V』で貼り付けできます

  • STEP3
    検索ボリュームの確認

    しばらく待つと、このように検索ボリュームが表示されます。

    検索ボリューム

     

    『月間平均検索ボリューム』をクリックすると、検索ボリュームの多い順に並び替えができます。

    検索ボリュームの多い順に並び替え

     

    また、右上の下矢印をクリックすると、検索ボリュームの結果を保存することができます。

    右上の下矢印をクリック

     

    過去のプラン指標の『CSV』、または『Googleスプレッドシート』のいずれか利用しやすいほうを選んで保存しておきましょう。

    過去のプラン指標で保存

以上が、ラッコキーワードとキーワードプランナーを併用して、サジェストキーワードの検索ボリュームをチェックする手順です。

ブログのキーワード選定の基本的なやり方なので、ブログを運営している方は、ぜひ手順を覚えておいてください。

スポンサーリンク

ラッコキーワードの便利な使い方

ラッコキーワードにはサジェスト抽出以外に、9つの機能が搭載されています。
(2022年1月現在)

ラッコキーワードの便利な使い方

続いて、こちらを順番に解説していきます。

Q&Aを見る

『Q&Aを見る』をクリックすると、そのキーワードに関連した『Yahoo!知恵袋』と『教えて!goo』の質問が表示されます。

『Q&Aを見る』をクリック

斜めの矢印をクリックすると、その質問回答も見ることができます。

ユーザーのリアルな悩みなどをチェックしたいときは、こちらを活用してみてください。

ニュース/話題の記事を見る

『ニュース/話題の記事を見る』をクリックすると、そのキーワードに関連した最近のニュースや話題がチェックできます。

『ニュース 話題の記事を見る』をクリック

トレンド系の内容を探したいときには便利な機能です。

Googleトレンドを見る

『Googleトレンドを見る』をクリックすると、そのキーワードの検索回数の推移を『過去12カ月分』と『過去5年分』チェックできます。

『Googleトレンドを見る』をクリック

そのキーワードの検索回数が今後どのように変化するか気になるときはチェックしてみてください。

基本的に上昇傾向なら今後も増える、下降傾向なら減る、横這いならそのままという予想になります。

見出し抽出

『見出し抽出』をクリックすると、そのキーワードの検索1位~20位までの見出しや文字数がチェックできます。

『見出し抽出』をクリック

 

各記事の『v』をクリックすると、見出しが表示されます。

各記事の見出しをチェック

ライバル記事の見出しをチェックしたいときに活用してみてください。

共起語βを見る

『共起語βを見る』をクリックすると、そのキーワードで上位表示しているサイトを分析して抽出した共起語がチェックできます。

『共起語βを見る』をクリック

共起語とは、そのキーワードと一緒に使われることが多いキーワードのことを言います。

ブログ記事を書く際には、この共起語についても言及したほうが良い場合が多いので、記事作成前にチェックしておきましょう。

周辺語・連想語を見る

『周辺語・連想語を見る』をクリックすると、辞書データやWikipediaから抽出した関連性の高いと思われる『周辺語・連想語』がチェックできます。

『周辺語・連想語を見る』をクリック

関連性が低いキーワードが出てくる場合もありますが、ライバルが書いていない内容を入れたいときや、記事ネタ探しには便利な機能です。

類語・同義語を見る

『類語・同義語を見る』をクリックすると、そのキーワードの『類語・同義語』がチェックできます。

『類語・同義語を見る』をクリック

キーワードの言い回しを変えたい場合などに便利な機能です。

なお、類語・同義語がない場合は、画像のように『出力する情報がありませんでした』と表示されます。
※ ラッコキーワードの他の機能でも『出力する情報がありませんでした』と表示されることはあります

関連:売り出し中サイト

『関連:売り出し中サイト』をクリックすると、ラッコM&Aで売りに出されているWEBサイト一覧が表示されます。

『関連:売り出し中サイト』をクリック

なお、こちらはキーワードに関連するサイトの他、キーワードに関係のないサイトもランダムに表示されています。

サイト売買に興味がある方や、どんなジャンルでどのくらい売上があるか興味がある方はチェックしてみてください。

関連:中古ドメイン

『関連:中古ドメイン』をクリックすると、中古ドメイン販売屋さんで購入できる、そのキーワードに関連した中古ドメインがチェックできます。

『関連:中古ドメイン』をクリック

キーワードに関連した中古ドメインを探している方はチェックしてみてください。

まとめ

今回は『ラッコキーワードの使い方』を解説してきました。

サジェストキーワードの抽出機能は、キーワード選定時には重宝します。

また、『見出し抽出』『共起語』『周辺語・連想語』も記事作成時にはチェックしておきたい機能です。

ラッコキーワードはブロガーにとっては欠かせないツールなので、ぜひ今回の内容を参考に活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました