【厳選】ブログのアクセスが伸びない5つの原因と改善策

【厳選】ブログのアクセスが伸びない5つの原因と改善策ブログ運営

ブログを更新し続けているのにアクセスが伸びないことってありますよね?

ブログのアクセスが伸びずに心が折れそうになっている方も多いと思います。

僕は無料ブログから始めて15年以上ブログ歴がありますが、最初は全くアクセスが伸びませんでした。

しかし、本気でブログに取り組むようになったここ数年は、数1000PV/1日(数万PV/1ヵ月)のブログを狙って作れるようになっています。

 

そこで今回は『ブログのアクセスが伸びない原因と改善策』を、特に大事な5つに厳選してお伝えしていきます。

どうしたらいいのかよく分からない抽象論は書きません。具体的な改善策を明確にお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ブログのアクセスが伸びない5つの原因と改善策

ブログのアクセスが伸びない原因として特に多いのが、こちらの5つです。

  1. ブログを始めて半年以内
  2. ライバルが強すぎるキーワードを選んでいる
  3. ライバルに比べて記事の質が低い
  4. 内部リンクを貼っていない
  5. リライトをしていない

順番に詳しく解説していきます。

ブログを始めて半年以内

ブログを始めて半年以内

ブログのアクセスが伸びない一つ目の原因は『ブログを始めて半年以内』だからです。

立ち上げたばかりのブログのドメインはまだ弱いため、どんなに質の高い記事を書いても、順位が付くまでに時間がかかります。

その目安が半年です。

もちろん狙うキーワードやライバル記事の強さで、順位が付くまでの時間は異なりますが、半年程度はアクセスが伸びなくても焦る必要はありません。

 

ただし、ブログを始めて半年以内であっても、アクセスが全くない状態では何か問題があるかもしれません。

その対策方法はこちらの5つです。

  1. 自分が興味のあるテーマで書く
  2. 需要があるキーワードで記事を書く
  3. Twitterでつぶやく
  4. ブログランキングに登録する
  5. 記事を書き続ける

詳しくはこちらで解説していますので、アクセスが全くない方は参考にしてみてください。

ブログのアクセス数ゼロから抜け出すための具体的な対策5選
最初は楽しくブログ記事を書いていても、アクセス数が伸びないとモチベーションが下がってしまいますよね。そこで今回は「ブログのアクセス数ゼロから抜け出すために何をすべきなのか?」具体的な対策法を5つまとめてみました。すでにブログを作っている方だけではなく、これからブログを始める初心者の方もぜひ参考にしてみてください。

ライバルが強すぎるキーワードを選んでいる

ライバルが強すぎるキーワードを選んでいる

ブログのアクセスが伸びない二つ目の原因は『ライバルが強すぎるキーワードを選んでいる』からです。

いくら需要があるキーワードを選んでいても、ライバルが強すぎるキーワードでは順位獲得できず、結局アクセスが伸びにくくなってしまいます。

ですから、記事を書く前に必ずそのキーワードで検索し、「自分と同じ個人ブログが上位表示しているか?」「自分の書く記事で上位表示できるか?」チェックしましょう。

個人ブログが上位表示していないキーワードや、自分の力では上位表示できなさそうであれば、そのキーワードで記事を書くのは避けたほうが無難です。

 

では、具体的にどんなキーワードを選んだらいいのかというと、ロングテールキーワードです。

ロングテールキーワードとは、主に2~4個以上の組み合わせで構成された検索キーワードのことで、1ヵ月間の検索ボリュームは1000回未満が目安です。

ロングテールキーワードなら競合も少なく順位獲得しやすいため、積み上げていけばアクセスも伸ばしやすくなります。

ロングテールキーワードを意識していなかった方は、こちらで詳しく解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

ロングテールキーワードの選び方!SEO的メリットも解説
ロングテールキーワードはGoogleからのアクセスやコンバージョンを増やす重要な戦略です。戦略的にキーワード選定をして記事を作成すると、SEO的メリットも得ることができます。今回は『ロングテールキーワードの選び方』や『キーワード探しに便利なツール』を紹介しています。

ライバルに比べて記事の質が低い

ライバルに比べて記事の質が低い

ブログのアクセスが伸びない三つ目の原因は『ライバルに比べて記事の質が低い』からです。

検索順位は相対評価、つまりライバル記事との競争で決まっています。

ですから、どんなにニッチでライバルが少ないキーワードで記事を書いても、ライバル記事より質が劣れば上位表示できずアクセスも伸びません。

ライバルが少ないキーワードでも安心せずに、上位表示できる高品質な記事を全力で書いていきましょう。

 

また、高品質な記事かどうかは、見出しを作った段階で決まることが多いです。

見出しは記事の方向性を決めるため、見出しがイマイチだと記事の中身もイマイチになってしまいます。

ブログ記事は先に見出しを作ってから本文を書くのが基本です。

記事の見出しを意識して作っていなかった方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

【ブログ記事】上位表示して集客できる!見出し構成の作り方
ブログ記事を書くときは、先に見出し構成を作るのがオススメです。見出しを作ってから本文を書いたほうが、迷わず書きやすくなるからです。そこで今回は『ブログ記事の見出し構成の作り方』を解説していきます。

内部リンクを貼っていない

内部リンクを貼っていない

ブログのアクセスが伸びない四つ目の原因は『内部リンクを貼っていない』からです。

内部リンクとは同じWebサイト内のページをつなぐリンクのことです。

つまり、自分のブログの記事内に、他の記事へのリンクを設置することを内部リンクと言います。

新しく記事を書いたら、その中に過去記事へのリンクを貼れないか? もしくは過去記事に新規記事へのリンクを貼れないか?検討してください。

 

ブログの記事内に内部リンクを設置すると、このようなSEO的メリットがあります。

  1. クローラーが巡回しやすくなり、インデックスされやすくなる
  2. ページ同士の関連性が高まり、記事の評価が上がる
  3. 読者がブログ内を回遊しやすくなりPVが増える

今まで内部リンクを意識していなかった方は、こちらの動画で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

リライトをしていない

リライトをしていない

ブログのアクセスが伸びない五つ目の原因は『リライトをしていない』からです。

過去に書いた記事に加筆修正を行うのがリライトです。

自分ではどんなに良い記事を書いたつもりでも、しばらく経ってから見直すと「イマイチだった」というのはよくあることです。

ですから、記事を書いてから3ヶ月以上経って順位が落ち着いたら、一度見直してリライトしてみてください。

 

また、ブログ記事をリライトせずに放置してしまうと、一度上位表示できたとしても、確実に順位もアクセスも落ちてしまいます。

記事を放置している間にライバル記事が増えるからです。

Googleのアップデートによって評価基準が変わり、順位が落ちることもあります。

具体的なリライト方法はこちらで解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

ブログ記事のリライト5つのコツ!SEOに効果的な方法を解説
今回は『ブログ記事のリライトのコツ』を5つご紹介していきます。実際に僕が実践しているSEOに効果的な方法をお伝えしていきます。「記事の順位を上げたい」「アクセスを増やしたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。
スポンサーリンク

まとめ

今回は『ブログのアクセスが伸びない原因と改善策』を解説してきました。

  1. ブログを始めて半年以内
    ⇒ 半年程度はアクセスが伸びなくても焦らない
  2. ライバルが強すぎるキーワードを選んでいる
    ⇒ ライバルが少なく自分でも勝てるロングテールキーワードを選ぶ
  3. ライバルに比べて記事の質が低い
    ⇒ 上位表示できる高品質な記事を全力で書く
  4. 内部リンクを貼っていない
    ⇒ 新しく記事を書くたびに内部リンクを貼れないか検討する
  5. リライトをしていない
    ⇒ 3ヶ月以上経って順位が落ち着いたら、一度見直してリライトしてみる

ブログのアクセスが伸びない原因は一つだけとは限りません。

「複数あった」という方もいると思います。

ブログのアクセスが伸びない方は、ぜひ今回の内容を参考に改善してみてください。

タイトルとURLをコピーしました