指名検索を狙う!ブログ名(ブログタイトル)の決め方5つのコツ

指名検索を狙う!ブログ名(ブログタイトル)の決め方5つのコツブログ運営

ブログ名を決めるときは、指名検索を狙ってつけるのがオススメです。

指名検索とは、あなたのブログを見たい人が、あなたのブログ名を検索して訪れること。

例えば、当ブログさっとがも、ありがたいことに毎月数10名の方に「さっとが」「さっとが ブログ」などのキーワードで検索して見ていただいています。

指名検索はアクセスアップにつながるだけでなく、ブランディングにもなりますし、読者さんにも探しやすいというメリットがあります。

そこで今回は『指名検索を狙うブログ名の決め方』を5つご紹介していきます。

なお、今回はブログの記事タイトルの決め方ではありませんので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

指名検索を狙う『ブログ名の決め方』5つのコツ

覚えやすいブログ名

指名検索を狙うブログ名で最も大事なのは、覚えやすいブログ名であることです。

なぜなら、そもそも覚えてもらえないと、指名検索もしてもらえないからです。

「あのブログ何だっけ?」と、以前見たブログの名前を思い出せないことってありますよね?

ですから、指名検索してもらうために、まずはブログ名を覚えてもらうことが最重要になります。

 

そして、覚えやすいブログ名にするポイントは、この3つです。

  1. ひらがな、もしくはカタカナ
  2. なるべく短くする(3~5文字程度)
  3. 語呂が良い

①ひらがな、もしくはカタカナ

覚えやすいブログ名にするには、漢字や英語はなるべく避けましょう。

なぜなら、読者さんが読めない場合があるからです。

読めなければ覚えられないので検索もできませんし、難しい漢字や英語は間違えて覚えてしまうこともあります。

ですから、ブログ名は誰でも読める「ひらがな」、もしくは「カタカナ」がオススメです。

 

ちなみに、ブログ名全体を「ひらがな」、もしくは「カタカナ」にするという意味ではありません。

僕のブログの正式な名前は『さっとが‐ちょっと秋田びいきな雑学ブログ』ですが、この『さっとが』にあたる部分を「ひらがな」、もしくは「カタカナ」にして覚えやすくする狙いです。

ブログ名の後半部分については最後にお伝えしますが、そこでは漢字や英語を入れるのは構いません。

②なるべく短くする(3~5文字程度)

ブログ名は、なるべく短くすることも覚えてもらうためのコツです。

文字数の目安は3~5文字程度が無難で、無理なく覚えやすいでしょう。

僕のブログ名も『さっとが』で4文字なので、覚えやすいと思います。

ちなみに『◯◯ブログ』のように、ブログ名に「ブログ」という言葉を入れる場合は、その分はカウントしなくてもOKです。

『◯◯ブログ』の「◯◯」を3~5文字程度にしてみてください。

③語呂が良い

ブログ名を覚えてもらうには、語呂の良さも大事です。

語呂が良い言葉は、響きが良く言いやすいので覚えやすくなります。

語呂が良い言葉の定義は難しいですが、この辺を意識すると考えやすくなると思います。

  • 母音を続けない
  • 4文字にする
  • 濁音を入れる

良いブログ名が思いついたら、実際に声に出して読んでみて、自分自身で語呂の良さを確認してみましょう。

スポンサーリンク

他と被らないブログ名

ブログ名を考えるときは、他と被らないブログ名にすることも大事です。

決めたブログ名が、すでに他で有名な言葉だったら、その言葉を検索順位で追い越すのが難しくなります。

具体的には、この2つに気を付けてください。

  • 同業者(他のブロガー・アフィリエイター)と被らない
  • 一般用語と被らない

特に同業者と被ってしまうのはモラル的にもNGですし、もしブログが育って検索順位で追い越したとしても、相手や相手の読者さんの反感を買う恐れがあります。

また、有名なブランド名や商品名と被ってしまうと、最悪訴えられる可能性もあります。

ですから、ブログ名を決める際は「被っているブログ名がないか?」最低でも検索100位くらいまで確認しておきましょう。

ちなみに僕のブログ名『さっとが』は、「少し」という意味の秋田弁です。
このくらいマイナーな言葉なら、被ってもあまり気にしなくても大丈夫です。

存在しない言葉を作る

ブログ名を決めるときは、自分で存在しない言葉を作ってしまうのも一つの手です。

存在しない言葉なら他と被る心配もありませんし、検索上位に上がるのも早くなります。

存在しない言葉を作るには、元々ある言葉に足したり、引いたり、入れ替えたり、縮めたりすると簡単です。

例①)みかん ⇒ みかんど
例②)洋梨ジュース ⇒ ヨージュー

実際に書いて数を出せば良い言葉が見つかりやすくなりますので、思いついた言葉からどんどん書いてみてください。

ニックネームを使う

どうしても良いブログ名が決められない場合は、ブログ管理人のニックネームをブログ名にするのも一つの手です。

もしくは『ニックネーム+ブログ』のような感じです。

実際、僕もブログ名とニックネームは同じ『さっとが』ですし、ブログ名は『さっとがブログ』に変更しようか検討している所です。

ニックネームとブログ名を分ければ、両方で指名検索を獲得できるというメリットがあります。

しかし、実際に検索する方(ニーズ)が増えるわけではありませんので、その分アクセスも増えるわけではありません。

ブログ名とニックネームが一致していれば、読者さんにとっても分かりやすいので、悩んだらブログ管理人のニックネームをブログ名にすることを検討してみてください。

 

なお、ニックネームの決め方もブログ名と通じる部分がありますが、詳しくは動画で解説していますので、よろしければ合わせて参考にしてみてください。

ドメインを取得できる

ブログ名を決めるときは、ドメインを取得できるか確認してみるのもオススメです。

ドメインはブログ名と一致しているほうが、なんとなく良いですよね?

逆にドメインとブログ名に関連性がないと、違和感を感じてしまう方も多いと思います。

ただし、取得できるドメインがあっても、.comや.jpが取得されている場合は要注意です。

他で取得されているドメインの例参考:エックスドメイン

先ほどもお伝えしたように、同業者のブログ名と被ってしまう可能性がありますので、このようなドメインを取得するのは避けたほうが無難です。

ドメイン名の決め方4ステップ!取得後に後悔しない選び方を伝授
ドメイン取得前は「どんなドメイン名にしたらいいのか?」悩みますよね。ドメイン名は取得後に変更できないので、慎重に決める必要があります。そこで今回は『ドメイン名の決め方』を4つのステップに分けて解説していきます。

【+α】後半で「どんなブログか?」伝えよう!

ブログ名は前半と後半に分けて決めるのがオススメです。

イメージとしてはこんな感じ。

  • 正式なブログ名:さっとが‐ちょっと秋田びいきな雑学ブログ
  • 前半:さっとが
  • 後半:ちょっと秋田びいきな雑学ブログ

このように前半と後半に分けて、前半部分はこれまで解説してきたコツで指名検索を狙います。

前半と後半の間には『-(ハイフン)』や『|(パイプ)』を入れて区切ります。これはどちらでも構いません。

 

そして、ブログ名の後半では「どんなブログなのか?」を伝えましょう。

ブログ全体のテーマや、狙っているキーワードを入れるのも良いです。

ブログの特性上、トップページでビックキーワードで上位表示させるのは難しいですが、読者さんに伝われば十分なので「上位表示できないしな…」と迷う必要はありません。

また、ブログ名の後半部分は、途中で変更してもあまり運営に支障はありません。

ブログのテーマや方向性が変わったら、その都度変えることをオススメします。

僕のブログも、後半部分は今まで何度か変更していますし、いずれまた変更する予定です。

まとめ

今回は『指名検索を狙うブログ名の決め方』を5つご紹介してきました。

  1. 覚えやすいブログ名
  2. 他と被らないブログ名
  3. 存在しない言葉を作る
  4. ニックネームを使う
  5. ドメインを取得できる
  6. 【+α】後半で「どんなブログか?」伝えよう!

ブログのファンやリピーターとなる読者さんを獲得するためにも、ぜひ今回の内容を参考にブログ名を考えてみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました