大相撲

大相撲のイス席の値段について!イス席だけのメリットとは?

大相撲は4つの会場で開催されていますが、いずれの会場でも2階にあるのがイス席です。しかし、一口にイス席とは言っても、会場ごとに値段やランクが異なります。そこで今回は大相撲のイス席の値段や、イス席だけのメリットについて解説していきます。
大相撲

大相撲のマス席とは?気になる値段や3つの予約方法について解説!

大相撲観戦で人気なのがマス席(枡席)です。桟敷席(さじきせき)とも呼ばれていますが、座布団を敷いた1~6人用の座席が鉄パイプで仕切られているのが特徴です。今回はそんなマス席での観戦の楽しみ方に加えて、値段や予約方法について解説していきます。
大相撲

大相撲の溜席とは?値段やチケットの取り方を解説!

大相撲を一番間近で観戦できるのが溜席(たまりせき)です。溜席は審判委員の真後ろから6列目までとなっており、通称「砂かぶり(砂かむり)」とも呼ばれています。今回はそんな溜席での観戦時の注意点に加えて、値段やチケットの取り方について詳しく解説していきます。
言葉

「現れる」と「表れる」の違いや使い分け!病気の症状はどっち?

「現れる」と「表れる」。どちらも小学校で習う漢字ですが、その使い分けは大人になってからも悩んでしまう方は多いと思います。そこで今回は「現れる」と「表れる」の違いや、使い分けの具体例について解説していきます。
大相撲

相撲の親方になる条件について!気になる給料はどのくらい?

舞の海、曙、把瑠都。実力があった人気力士でも、引退後に親方にならなかった元力士は意外に多いものです。相撲の親方になるには条件があり、力士であれば誰でもなれるわけではありません。今回は親方になる条件や、気になる親方の給料について解説していきます。
大相撲

相撲部屋の数や収入源について!相撲部屋は儲かるの?

相撲部屋はたくさんあるイメージがありますが、その数を正確に把握している方は、ほぼいないでしょう。また、力士は関取になると一流企業の役員並みの給料を貰えるようになりますが、力士が所属する部屋の収入も気になるところです。そこで今回は相撲部屋の数や収入源について解説していきます。
大相撲

「はっけよい のこった」の意味とは?行司の掛け声をまとめて解説!

相撲の行司の掛け声と言えば「はっけよい のこった」がありますが、実はこの言葉はセットではなく、それぞれ意味のある別々の掛け声です。今回は「はっけよい」と「のこった」に加えて、行司の掛け声の意味やタイミングをまとめて解説していきます。
大相撲

太刀持ちと露払いの意味や決め方について!横綱と対戦する場合は?

横綱土俵入りの際、横綱と共に土俵に上がっているのが太刀持ちと露払いです。しかし、その役割はイマイチよく分かりませんし、たまに別の力士に代わっていることもありますよね?そこで今回は、太刀持ちと露払いの意味や決め方について解説していきます。
大相撲

雲龍型と不知火型の違いについて!どっちを選んだ横綱が多いの?

横綱の土俵入りには雲龍型(うんりゅうがた)と不知火型(しらぬいがた)の2つがありますが、両方を見てもその違いはなかなか分かりづらいですよね?今回は雲龍型と不知火型の違いについて解説しています。過去にはどっちを選んだ横綱が多かったのか?についても解説していますので、合わせて参考にしてください。
大相撲

床山になるには資格が必要?給料や階級について解説!

力士の髷(マゲ)を結っているのが床山(とこやま)です。相撲界には様々な職種がありますが、床山はほぼ毎日力士の髷を結いながら会話もしますので、特に力士との信頼関係が生まれやすいと言われています。今回はそんな床山の気になる給料や階級について解説していきます。
大相撲

相撲の呼び出しの給料について!意外に多いその仕事内容とは?

「ひがぁ~しぃ~」場内に美声を響かせて、控え力士の四股名を呼び上げるのが『呼び出し』の仕事です。しかし、相撲を見ていると、似たような衣装を着た人たちがあっちにもこっちにもいて、それぞれ色んな仕事をしていますよね。今回はそんな呼び出しの仕事内容や、気になる給料などについて解説していきます。
大相撲

行司になるには?給料と階級や仕事内容について解説!

行司の仕事と言えば、華やかな衣装を身にまとって、土俵上で取組の進行を行うこと。これは誰しも分かることですが、取組を裁く以外にどんな仕事をしているのかは、ちょっと謎ですよね?今回はそんな行司の仕事内容に加えて、行司になる方法や、気になる給料・階級について解説していきます。