大相撲

横綱の土俵入りには雲龍型(うんりゅうがた)と不知火型(しらぬいがた)の2つがありますが、両方を見てもその違いはなかなか分かりづらいですよね?今回は雲龍型と不知火型の違いについて解説しています。過去にはどっちを選んだ横綱が多かったのか? ...

大相撲

力士の髷(マゲ)を結っているのが床山(とこやま)です。相撲界には様々な職種がありますが、床山はほぼ毎日力士の髷を結いながら会話もしますので、特に力士との信頼関係が生まれやすいと言われています。今回はそんな床山の気になる給料や階級につい ...

大相撲

「ひがぁ~しぃ~」場内に美声を響かせて、控え力士の四股名を呼び上げるのが『呼び出し』の仕事です。しかし、相撲を見ていると、似たような衣装を着た人たちがあっちにもこっちにもいて、それぞれ色んな仕事をしていますよね。今回はそんな呼び出しの ...

大相撲

行司の仕事と言えば、華やかな衣装を身にまとって、土俵上で取組の進行を行うこと。これは誰しも分かることですが、取組を裁く以外にどんな仕事をしているのかは、ちょっと謎ですよね?今回はそんな行司の仕事内容に加えて、行司になる方法や、気になる ...

大相撲

最近の大相撲では、マゲに手が入ったとして反則負けになることがたまにありますが、実は相撲には禁じ手(反則技)が8つあります。また、反則負けと言えば廻しが外れるモロ出しが気になる方も多いでしょう。今回はモロ出しも含めて、反則負けになる相撲 ...

大相撲

相撲の幕内は横綱・大関・関脇・小結・前頭と地位が分かれていますが、前頭には役がないことから「平幕」とも呼ばれています。むしろ番付を紹介する時以外は、前頭という言葉が使われることのほうが少ないくらいです。今回は平幕力士の気になる給料や、 ...

大相撲

相撲の十両という番付は、給料が10両だったことがその名称の由来です。では、現在の十両の給料の金額はいくらぐらいになっているのでしょうか?今回は十両への昇進条件についても詳しく解説していきます。

大相撲

大相撲の幕下は、幕内・十両に次ぐ3番目の地位です。しかし、かつては十両の地位がなく、幕内のすぐ下の地位だったことから「幕下」と呼ばれています。今回はそんな幕下の給料と昇進や、将来有望な力士の多い幕下付け出しの条件などについて解説してい ...

大相撲

相撲の三段目は上から4番目、下から3番目の地位です。しかし、番付表では上から三段目に四股名が載ることから、「三段目」と呼ばれるようになったと言われています。今回はそんな三段目の給料や昇進に加えて、最近ひそかに話題の三段目付け出しの条件 ...

大相撲

相撲の一番下の番付は序ノ口ですが、その上の地位が序二段です。下から2番目の番付であることが序二段の由来ですが、番付表では上から4段目に四股名が載ることから、江戸時代には四段目と呼ばれていたようです。今回はそんな序二段の給料や取組時間、 ...