Jリーグのオリジナル10でJ2に降格していないチームは?

Jリーグのオリジナル10でJ2に降格していないチームは?

オリジナル10の一角、名古屋グランパスエイトが11/3の湘南ベルマーレ戦で敗退し、初のJ2降格が決まりました。
(※ オリジナル10:Jリーグ開幕当初からJ1に所属している10クラブ)

このニュースを知った時「オリジナル10でまだ降格していないチームはあるの?」と気になった方は多いと思います。

今回はJリーグのオリジナル10のJ2降格経験有り無しをご紹介していきます。

スポンサーリンク

Jリーグのオリジナル10のJ2降格経験

鹿島アントラーズ

これまで通算7度の年間タイトルを獲得している強豪・鹿島アントラーズは、まだ1度もJ2に降格していません。

一番成績が悪かったのは2012年の11位(18チーム中)で、年間で2桁順位になったのも、唯一この年だけでした。

ジェフユナイテッド市原・千葉(旧:ジェフユナイテッド市原)

ジェフ市原は2009年まで16年連続でJ1の地位を守っていましたが、2009年にJ1最下位となりJ2に降格しています。

2010年からJ2所属になってからは、まだJ1に昇格できていません。今年も現在11位と成績が振いませんが、来年以降の返り咲きに期待したいですね。

浦和レッドダイヤモンズ

浦和レッズは1999年に年間順位が16チーム中15位となり、2000年はJ2に所属していました。

しかし、その2000年はJ2で11チーム中2位となって、わずか1年でJ1返り咲きを果たし、以降J1の地位を守り続けています。

東京ヴェルディ1969(旧:ヴェルディ川崎)

Jリーグ創世記に圧倒的な強さを誇ったヴェルディは、2005年に18チーム中17位となってJ2に降格しました。

2007年にはJ2で2位となってJ1返り咲きを果たしましたが、2008年もまた17位と振るわず、再びJ2に降格しています。

以降、ヴェルディは2016年現在もJ2に所属していますが、今年も15位と厳しい状況が続いており、来年以降に期待です。

スポンサーリンク

横浜F・マリノス(旧:横浜マリノス、横浜フリューゲルス)

現在の横浜F・マリノスは、1999年にマリノスがフリューゲルスを吸収合併して誕生したチームです。J2が発足したのが合併した1999年でしたので、合併前の両チームはJ2に降格したことはありません。

F・マリノスとなってからもJ2への降格経験はなく、最も成績が悪かった2001年でも16チーム中13位でした。

清水エスパルス

清水エスパルスは昨年(2015年)まで23年間J1の地位を守ってきましたが、昨年は年間17位という成績で、今年は初のJ2所属となりました。

しかし、今年は現在プレーオフ圏内の3位で、自動昇格となる2位以上も射程圏内になっています(2016年11月3日現在)

※ J2は1位と2位がJ1自動昇格。3~6位はプレーオフで1チームのみ昇格

【2016年11月20日 追記】
清水エスパルスがJ2年間2位となり、2017年シーズンのJ1復帰が決まりました!

ガンバ大阪

ガンバ大阪も2012年まで21年間J1の地位を守っていましたが、2012年に17位となってJ2に降格しています。

しかし、J2所属となった2013年は見事優勝してJ1への昇格を果たし、返り咲いた2014年にはJ1での優勝も果たしています。

サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島も、2003年と2008年はJ2に所属していました。

しかし、2003年は2位、2008年は優勝しており、いずれも1年でJ1復帰を果たしています。

オリジナル10の中で、J2降格後1年でJ1復帰を果たしたチームはいくつかありますが、それを2度達成したのは、今のところサンフレッチェだけとなっています。

まとめ

ということで、オリジナル10の中でJ2への降格経験がないチームは、鹿島アントラーズ横浜F・マリノスの2チームだけとなっています。

また、今年J2で戦っているのは、ジェフ・エスパルス・ヴェルディの3チームですが、エスパルスは今のところ昇格に期待ができそうです。

【2016年11月20日 追記】
エスパルスの復帰が決まりましたので、2017シーズンはオリジナル10の中で、7チームがJ1所属となります。

これからも続くであろう長い歴史の中で、いずれまたオリジナル10の10チーム(現在は9チーム)が、再び揃ってJ1で戦う姿を見てみたいですね。

こちらではオリジナル10各チームの優勝経験についてまとめてみましたので、よろしければ合わせて参考にしてみてください。
⇒ オリジナル10でJ1優勝経験のないチームは?通算成績を調べてみた!

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ