Jリーグのオリジナル10でJ2に降格していないチームは?

都道府県魅力度ランキングの秋田県の順位は?随時更新!雑学・豆知識

Jリーグがシーズン終盤戦になると、毎年『オリジナル10のJ1返り咲き・J2降格』が話題になりますよね。(※ オリジナル10:Jリーグ開幕当初からJ1に所属している10クラブ)

そういったニュースを聞くと「オリジナル10でまだ降格していないチームはあるの?」と気になる方も多いと思います。

そこで今回は『Jリーグのオリジナル10のJ2降格経験有り無し』をご紹介していきます。

 

なお、Jリーグは1993年に開幕しましたが、J2リーグが始まったのは1999年からです。

オリジナル10のチームが最初にJ2リーグに降格したのは2000年が最初なので、今回は2000年以降の推移をまとめています。

スポンサーリンク

Jリーグのオリジナル10のJ2降格経験

鹿島アントラーズ

2000年2001年2002年2003年2004年
J1(優勝)J1(優勝)J1(4位)J1(5位)J1(6位)
2005年2006年2007年2008年2009年
J1(3位)J1(6位)J1(優勝)J1(優勝)J1(優勝)
2010年2011年2012年2013年2014年
J1(4位)J1(6位)J1(11位)J1(5位)J1(3位)
2015年2016年2017年2018年2019年
J1(5位)J1(優勝)J1(2位)J1(3位)J1

これまで通算7度の年間タイトルを獲得している強豪・鹿島アントラーズは、まだ1度もJ2に降格していません。

一番成績が悪かったのは2012年の11位(18チーム中)で、年間で2桁順位になったのも、唯一この年だけでした。

ジェフユナイテッド市原・千葉(旧:ジェフユナイテッド市原)

2000年2001年2002年2003年2004年
J1(14位)J1(3位)J1(7位)J1(3位)J1(4位)
2005年2006年2007年2008年2009年
J1(4位)J1(11位)J1(13位)J1(15位)J1(18位)
2010年2011年2012年2013年2014年
J2(4位)J2(6位)J2(5位)J2(5位)J2(3位)
2015年2016年2017年2018年2019年
J2(9位)J2(11位)J2(6位)J2(14位)J2

ジェフ市原は2009年まで16年連続でJ1の地位を守っていましたが、2009年にJ1最下位となりJ2に降格しています。

2010年からJ2所属になってからは、まだJ1に昇格できていません。

返り咲きに期待したいですね。

浦和レッドダイヤモンズ

2000年2001年2002年2003年2004年
J2(2位)J1(10位)J1(11位)J1(6位)J1(2位)
2005年2006年2007年2008年2009年
J1(2位)J1(優勝)J1(2位)J1(7位)J1(6位)
2010年2011年2012年2013年2014年
J1(10位)J1(15位)J1(3位)J1(6位)J1(2位)
2015年2016年2017年2018年2019年
J1(3位)J1(2位)J1(7位)J1(5位)J1

浦和レッズは1999年に年間順位が16チーム中15位となり、2000年はJ2に所属していました。

しかし、その2000年はJ2で11チーム中2位となって、わずか1年でJ1返り咲きを果たしています。

以降、レッズはJ1の地位を守り続けています。

東京ヴェルディ1969(旧:ヴェルディ川崎)

2000年2001年2002年2003年2004年
J1(10位)J1(14位)J1(10位)J1(8位)J1(9位)
2005年2006年2007年2008年2009年
J1(17位)J2(7位)J2(2位)J1(17位)J2(7位)
2010年2011年2012年2013年2014年
J2(5位)J2(5位)J2(7位)J2(13位)J2(20位)
2015年2016年2017年2018年2019年
J2(8位)J2(18位)J2(5位)J2(6位)J2

Jリーグ創世記に圧倒的な強さを誇ったヴェルディは、2005年に18チーム中17位となってJ2に降格しました。

2007年にはJ2で2位となってJ1返り咲きを果たしましたが、2008年もまた17位と振るわず、再びJ2に降格しています。

以降、ヴェルディは2019年現在もJ2に所属していますので、J1返り咲きに期待したいですね。

スポンサーリンク

横浜F・マリノス(旧:横浜マリノス、横浜フリューゲルス)

2000年2001年2002年2003年2004年
J1(2位)J1(13位)J1(2位)J1(優勝)J1(優勝)
2005年2006年2007年2008年2009年
J1(9位)J1(9位)J1(7位)J1(9位)J1(10位)
2010年2011年2012年2013年2014年
J1(8位)J1(5位)J1(4位)J1(2位)J1(7位)
2015年2016年2017年2018年2019年
J1(7位)J1(10位)J1(5位)J1(12位)J1

現在の横浜F・マリノスは、1999年にマリノスがフリューゲルスを吸収合併して誕生したチームです。

J2が発足したのが合併した1999年でしたので、合併前の両チームはJ2に降格したことはありません。

F・マリノスとなってからもJ2への降格経験はなく、最も成績が悪かった2001年でも16チーム中13位でした。

清水エスパルス

2000年2001年2002年2003年2004年
J1(8位)J1(4位)J1(8位)J1(11位)J1(14位)
2005年2006年2007年2008年2009年
J1(15位)J1(4位)J1(4位)J1(5位)J1(7位)
2010年2011年2012年2013年2014年
J1(6位)J1(10位)J1(9位)J1(9位)J1(15位)
2015年2016年2017年2018年2019年
J1(17位)J2(2位)J1(14位)J1(8位)J1

清水エスパルスは23年間J1の地位を守ってきましたが、2015年は年間17位という成績で、2016年は初のJ2所属となりました。

しかし、その年はJ2で2位となり、見事1年でJ1返り咲きを果たしています。

ガンバ大阪

2000年2001年2002年2003年2004年
J1(6位)J1(7位)J1(3位)J1(10位)J1(3位)
2005年2006年2007年2008年2009年
J1(優勝)J1(3位)J1(3位)J1(8位)J1(3位)
2010年2011年2012年2013年2014年
J1(2位)J1(3位)J1(17位)J2(優勝)J1(優勝)
2015年2016年2017年2018年2019年
J1(2位)J1(4位)J1(10位)J1(9位)J1

ガンバ大阪も2012年まで21年間J1の地位を守っていましたが、2012年に17位となってJ2に降格しています。

しかし、J2所属となった2013年は見事優勝してJ1へ返り咲き、翌2014年にはJ1での優勝も果たしています。

サンフレッチェ広島

2000年2001年2002年2003年2004年
J1(11位)J1(9位)J1(15位)J2(2位)J1(12位)
2005年2006年2007年2008年2009年
J1(7位)J1(10位)J1(16位)J2(優勝)J1(4位)
2010年2011年2012年2013年2014年
J1(7位)J1(7位)J1(優勝)J1(優勝)J1(8位)
2015年2016年2017年2018年2019年
J1(優勝)J1(6位)J1(15位)J1(2位)J1

サンフレッチェ広島も、2003年と2008年はJ2に所属していました。

しかし、2003年は2位、2008年は優勝しており、いずれも1年でJ1復帰を果たしています。

オリジナル10の中で、J2降格後1年でJ1復帰を果たしたチームはいくつかありますが、それを2度達成したのは、今のところサンフレッチェだけとなっています。

名古屋グランパスエイト

2000年2001年2002年2003年2004年
J1(9位)J1(5位)J1(6位)J1(7位)J1(7位)
2005年2006年2007年2008年2009年
J1(14位)J1(7位)J1(11位)J1(3位)J1(9位)
2010年2011年2012年2013年2014年
J1(優勝)J1(2位)J1(7位)J1(11位)J1(10位)
2015年2016年2017年2018年2019年
J1(9位)J1(16位)J2(3位)J1(15位)J1

名古屋グランパスエイトは2016年にJ1で16位となり、2017年はJ2所属となりました。

その年はJ2で3位となり、昇格プレーオフを制して、1年でJ1に返り咲いています。

まとめ

今回は『Jリーグのオリジナル10のJ2降格経験有り無し』をまとめてご紹介してきました。

オリジナル10の中でJ2への降格経験がないチームは、鹿島アントラーズ横浜F・マリノスの2チームだけです。

また、2019年シーズンをJ2で戦っているのは、ジェフとヴェルディの2チームとなっています。

これからも続くであろう長い歴史の中で、いずれまたオリジナル10の10チーム(現在は9チーム)が、再び揃ってJ1で戦う姿を見てみたいですね。

こちらではオリジナル10各チームの優勝経験についてまとめてみましたので、よろしければ合わせて参考にしてみてください。

オリジナル10でJ1優勝経験のないチームは?通算成績を調べてみた!
今回は『オリジナル10の通算成績』を調べてみましたので、優勝経験のあるなしを紹介していきます。J1の優勝だけでなく、天皇杯とJリーグカップも合わせた3冠すべてをまとめています。最後には各チームの優勝回数もまとめてみましたので、ぜひ楽しみながら読んでみてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました