六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の意味と冠婚葬祭との関係

六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の意味と冠婚葬祭との関係

何かあれば「大安が良い」とか「仏滅はダメ」と言われることが多いですよね?大安と仏滅以外にも「先勝・友引・先負・赤口」がありますので、そもそもこの六曜がよく分からないという方も多いと思います。

今回は六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の読み方と意味、六曜と冠婚葬祭との関係について解説していきます。

スポンサーリンク

六曜(ろくよう・りくよう)とは?

六曜は「暦注(れきちゅう)」という陰陽五行説や十干十二支(干支)に基づいた暦に記載され、日時・方位などの吉凶や運勢などを表す事項の一つです。

六曜は中国が発祥で、14世紀頃に日本に伝わったとされていますが、徐々に順番や名称・解釈が変わっていきました。

明治時代には政府が「迷信」だとして禁止された事もありましたが、必要とする要望を完全に押し切ることができず、現在に至っています。

今でも冠婚葬祭の日程を決める際には六曜が意識されることが多いですが、若い世代を中心に徐々に関心が薄れていっているのが現状です。

六曜の意味・読み方・冠婚葬祭との関係

先勝

先勝は「せんしょう」「せんかち」と読み、「先んずればすなわち勝つ」という意味があります。

これは何事も急いで早く行うと幸運が舞い込むということですが、午前中が吉で、午後は凶とされています。

結婚式などの祝い事を行うのであれば午後よりも午前中が良く、葬儀や法事などは普通に行っても構わないとされています。

友引

友引は「ともびき」と読みますが、元々は「共引」と書いて「物事に勝敗無し」という意味で、何事も勝敗のつかない日とされていました。

しかし、時代の変化とともに現在の「友引」という漢字が書かれるようになり、「友を引く」という意味に変わってきました。

大安の次に良い日とされており、「友を引く」という意味で結婚式などには適していますが、朝晩は吉、昼は凶ともされているので、昼には避ける方もいるようです。

また、「友を引く」という意味は葬儀に関しては良くないとされているため、以前は火葬場がお休みになっているところが多かったようです。しかし、最近は気にしない方も多く、「友引」でも火葬を行う方が増えてきています。

先負

先負は「せんぶ」「せんぷ」「せんまけ」「さきまけ」と読み、「先んずればすなわち負け」という意味があります。

これは何事も急がず控え目にして、急ぎ事があっても午後に用を足したほうが良いと言われ、午前中が凶、午後が吉とされています。

結婚式などの祝い事は午前中よりも午後が良く、葬儀や法事などは普通に行っても構わないとされています。

スポンサーリンク

仏滅

仏滅は「ぶつめつ」と読みますが、元々は「全て空しい」という意味から「物滅」と書かれていました。

しかし、時代の変化とともに現在の「仏滅」という字が書かれるようになり、「仏も滅亡するような最悪の日」という意味に変わっていきました。

結婚式などの祝い事は行わないほうが良いとされていますが、葬儀や法事は仏滅に行うのが良いとされています。

大安

大安は「たいあん」と読みますが、元々は「泰安」と書かれていたそうです。

大安は「大いに安し」という意味で六曜の中では最も良い日で、結婚式などの祝い事には最適な日と言われています。また、葬儀や法事などを行うのも構わないとされています。

ちなみに内閣の組閣も大安を選ぶ事が多いようです。

赤口

赤口は「しゃっく」「しゃっこう」「せきぐち」と読み、元は中国の凶日でした。鬼が人々を悩ますことから厄日とされ、朝夕は凶で、昼11時~13時は吉と言われているようです。

そのため、実は結婚式などは仏滅よりも避けるべきとも言われており、葬儀や法事なども行わないほうが良いとされています。

まとめ

やはり「仏滅」は良くない日というイメージが強いですが、こうしてみると実は「赤口」が冠婚葬祭には一番向いていないんですね。

また、やはり「大安」が最も良い日で、「友引」も葬儀以外なら良い日ということになります。

ただし、これは全て風習・迷信であり、葬儀は仏滅が良くて友引は良くないとは書きましたが、そもそも仏教と六曜は全く関係が無いとも言われています。

最近の若い世代は六曜に関心が薄くなってきており、仏滅に結婚式をお得に割引で挙げたり、友引に火葬を行うこともあります。

しかし、結婚式や葬儀は個人だけの問題ではないので、本人が良くても、合わない日に行ってしまうと「常識が無い」など言われる可能性がありますので、なかなか難しいところですよね。

なので、そういう面倒事が嫌な方や気になってしまう方は、周りと相談してから日程を決めたほうが良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ