帖と畳の違いについて!畳の種類や寸法の違いは?

帖と畳の違いについて!畳の種類や寸法の違いは?

畳は部屋の広さを表す単位として畳(じょう)とも読まれますが、不動産屋の広告には帖(じょう)と書かれていることも多いですよね?なので、この二つの漢字に違いはあるのかが気になる方も多いと思います。

今回は畳の種類や寸法の違いから、帖と畳の違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

畳の種類と寸法の違い

京間(本間・関西間)

京間(本間・関西間)は主に京都府を中心とした関西地方や中国・四国・九州などの西日本で使用されています。

寸法は955mm×1910mm(3尺1寸5分×6尺3寸)です。

中京間(三六間)

中京間(三六間)は主に愛知県を中心とした中京地方東北・北陸の一部で使用されています。

寸法は、910mmx1820mm(3尺×6尺)です。

江戸間(関東間・田舎間・五八間)

江戸間(関東間・田舎間・五八間)は主に関東地方や東北地方・北海道などの東日本で使用されています。

寸法は880mm×1760mm(2尺9寸×5尺8寸)です。

団地間(公団サイズ・五六間)

団地間(公団サイズ・五六間)はその名が示すように、主に公団住宅・アパート・マンションなどの共同住宅で使用されています。

寸法は850mm×1700mm(2尺8寸×5尺6寸)です。

スポンサーリンク

帖と畳の違い

部屋の間取りの基本は帖

このように畳の大きさは各地域によって違いますので、不動産屋の広告のルールでは「1帖=1.62㎡以上」と決められています。

先ほど紹介した畳の寸法では「京間の1畳≒1.82㎡」「中京間の1畳≒1.66㎡」「江戸間の1畳≒1.55㎡」「団地間の1畳≒1.45㎡」でしたので、中京間が一番近いサイズとなります。

しかし、アパートやマンションの部屋に入ってみると「本当にそんなに広いのかな?」と思うことが多いですよね?

実はマンションなどでは壁の内側からの平米数ではなく、「壁心」という壁の中心から計測された値で平米数が算出されています。思ったよりも狭いと感じてしまうのは当然なのです。

そして、実際にマンションなどに畳を敷くと、だいたい団地間の寸法くらいに収まるようになっています。

なので、部屋探しをする時に荷物が収まるか不安な場合は、記載されている帖数だけをあてにするのではなく、実際にメジャーなどで測ってみたほうが良さそうですね。

和室は畳

最近のアパートやマンションは洋室が多いので、単位は大体「帖」で書かれていますが、和室の場合は「畳」で書かれていることもあります。

ただし、その「畳」も団地間の畳サイズになっていると考えられますので、実際には「帖」も「畳」もあまり違いはないでしょう。不安な場合は、やはり現地で測っておくことが重要です。

また、初めて一人暮らしをする時は、実家の和室の部屋の広さを参考にして「畳」と「帖」を混同してしまうと、思いのほか狭く感じてしまいますので、その点だけは気を付けておいてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ