早生まれと遅生まれの違い!4月1日生まれの学年はどうなる?

早生まれと遅生まれの違い!4月1日生まれの学年はどうなる?

僕は1月生まれなので早生まれなんですが、それを答えた時に「それって遅生まれなんじゃないの?」と言われることがよくあります。なので、早生まれと遅生まれがごっちゃになっている方は意外に多いようです。

今回は早生まれと遅生まれの違いと、4月1日生まれの学年について解説していききます。

スポンサーリンク

早生まれと遅生まれの違い

『早生まれ』は1月1日~4月1日に生まれた方で、『遅生まれ』は4月2日~12月31日に生まれた方です。

日本の学校は4月~3月が1年度なので、「逆なんじゃないの」と思ってしまう気持ちも分かります。

しかし、同じ年に生まれても、1月1日~4月1日に生まれた方は4月2日~12月31日に生まれた方に比べて1学年早く学校に入学するため、1月1日~4月1日が早生まれ、4月2日~12月31日が遅生まれとなるのです。

4月1日生まれが早生まれになる理由

早生まれと遅生まれの違いは理解できても、「なぜ4月1日生まれも早生まれになるのか?」が、ちょっと疑問ですよね?

これには日本の民法で定められている年齢の加算方法が関わっています。民法では、年齢が加算されるのは誕生日前日が終了する時、つまり誕生日前日の午後12時(24時)に一つ年を取るとされています。

つまり、考え方としては4月1日生まれの方は3月31日が終了する時に年を取るということです。しかし、3月31日の午後12時はまだ3月31日ですので、4月1日生まれは3月中に一つ年を取っていると考えられて早生まれになるのです。

例えば2015年4月2日~2016年4月1日に生まれた子は全員同じ学年になり、以降2016年4月2日~2017年4月1日生まれが同じ学年と続いていきます。

スポンサーリンク

4月1日生まれは不利?

僕が小学生くらいの頃は「早生まれは背が伸びるのが遅い」と言われていました。つまり発育が遅いということですね。当時はあまりよく理解できていませんでしたが、1月生まれの僕は小学生時代6年間ずっとクラスで一番背が低く、女の子よりも小さかったので「仕方がない」という意味で言われていたのでしょう。

確かに4月2日生まれと4月1日生まれの子では、ほぼ丸一年間生まれてからの期間が違いますので、幼少期の発育に差が出るのは仕方がないかもしれません。しかし、それにも個人差があります。

僕の小学生時代のクラスでは、女の子で一番背が低かった子は5月生まれでした。また、人間の発育は年を重ねていくにつれて止まっていきますので、この差は徐々に、そして確実に消えます。

大人になった今でも僕は背が低いほうで、小学校の同級生と会っても一番小さいままなので、僕が6年間一番小さかったのは早生まれのせいではなく、単にそれが僕の個性だったんだと理解できています。

むしろ今では年齢が増えるのが遅いので、周りが「今年でもう◯歳かよ~」なんて言っているのを聞くと、ちょっとだけ得した気分にもなりますし、羨ましがられることもあります。

なので、少なくとも僕は発育・運動・勉強の面から考えてみても、早生まれは特に不利ではないと思っています。

出生日を変えられるって本当?

ちなみに「4月1日生まれの人が出生届を4月2日生まれにした」というように、『出生日を変えた』という噂話を聞くことがあります。また、12月下旬に生まれた方が、おめでたいように「1月1日に生まれにした」なんて話も聞いたことがあります。

調べてみると、確かにある年代以上ではそのようなこともあったそうですが、現在ではその辺の管理がしっかりとされているため、出生日を変えるのは不可能のようです。また、そもそも出生日を変えるのは違法とも言われています。

自分の子が早生まれであった場合に、他の子に比べて発育が遅れるのが心配になる親の気持ちは分かります。

しかし、悩んだところでどうにかなる問題ではありません。一生遅れが続いていくわけではありませんので、悩むことよりもゆっくりと支えて見守ってあげることのほうが大事だと思いますよ。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ