羽後町の観光情報【西馬音内盆踊りの街】

羽後町の観光情報【西馬音内盆踊りの街】

羽後町(うごまち)は秋田県の南部に位置しています。

今回は羽後町の観光・特産品・イベント・お祭り情報などをまとめていきます。

スポンサーリンク

羽後町出身の有名人

岩本公水

1997年の第48回NHK紅白歌合戦に出場した演歌歌手の岩本公水さんは羽後町出身で、羽後町観光大使にも任命されています。岩本さんは羽後高校を卒業後に歌手を目指して上京し、1995年にデビュー、1997年の紅白には第7回NHK新人歌謡コンテストでグランプリを受賞したことがきっかけで出場しました。

2005年には突然声が出なくなって長期休養を余儀なくされましたが、2年半の休養生活を経て2007年に復帰し、現在も精力的に活動しています。

おおひなたごう

「犬のジュース屋さん」や「フェイスガード虜」の作者である漫画家のおおひなたごうさんも羽後町出身です。

現在も「コミックビーム」で『目玉焼きの黄身いつつぶす?』、「テレビブロス」で『特殊能力アビル』の連載を続けており、2013年からは京都精華大学ギャグマンガコースの講師も務めています。

羽後町の特産品

羽後牛

『羽後牛』は年間7割が格付A4以上の出荷実績を誇る最高級黒毛和牛で、格付A4以上のものには『うご牛』という名称で販売しています。

例年9月第1日曜日には「うご牛まつり」も開催されており、バーベキュー・じゃんけん大会・スリッパ飛ばし大会などのイベントも行われています。

光センサー夢あきた

羽後町は夏場の昼と夜の寒暖差が大きい気候のため、県内でも美味しいスイカができると評判です。

JAうごから出荷される『夢あきた』は光センサーによって内部品質の検査判定を行っているため、確実に甘くハズレがありません。
⇒ 秋田のスイカは全国第何位?おすすめの品種は?

西馬音内そば

『西馬音内そば』はつなぎに「フノリ」を使用しているのが特徴で、海苔の豊かな風味を感じるコシの強い手打ち麺です。

町内には複数の西馬音内そばを提供しているお店があり、今でもこのそばを目当てに西馬音内を訪れる方が多いようです。

スポンサーリンク

羽後町の観光スポット

西馬音内朝市

『西馬音内朝市』は約300年の伝統をもっており、新鮮な野菜・果物・海産物のほか、衣料・日用品などの数多くの出店で賑わいます。

毎月日付の末尾に2・5・8のつく日の朝6時頃から昼近くまで、かがり火広場西側で開催されています。

五輪坂温泉としとらんど

『としとらんど』は小高い丘の上にある眺めも良い温泉施設で、レストランや宴会でも地元羽後牛を素材にしたメニュー等を楽しめます。

源泉は40.2度、ナトリウム・カルシウム一硫酸塩・塩化物泉、無色透明でちょっと塩辛く、とても暖まると評判です。

五輪坂アルカディア公園

『五輪坂アルカディア公園』は温泉保養施設と自然に囲まれており、ピクニックやアスレチック遊具など家族で気軽に楽しむ事のできる公園です。

春・夏はピクニックやハイキング、秋にはいも煮会、年間を通してヘラブナ・野ごい等の釣りを楽しむ事ができます。

羽後町の祭り・イベント

ゆきとぴあ七曲・花嫁道中

『ゆきとぴあ七曲』は例年1月の最終土曜日に行われており、雪国に伝わる先人たちの生活を再現したお祭りです。

メインイベントの「花嫁道中」では、花嫁・花婿がろうそくの灯りに照らされた雪の回廊を馬そりに揺られて行きます。

西馬音内盆踊り

『西馬音内盆踊り』は例年8月16日~18日に行われています。日本三大盆踊り・秋田三大盆踊りに数えられており、国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統ある盆踊りです。

最近はマスコミで紹介されたことがきっかけで人気に火がつき、全国各地から訪れる多くの観光客で賑わっています。

五輪坂花火大会

「五輪坂花火大会」は、地元の老人ホームの入所者に楽しんでもらおうと1980年から開催されていたものが、1997年より周辺公共施設の開設記念行事として本格的に開催されるようになりました。

五輪坂アルカディア公園の芝生に腰を据えて、間近で楽しむ事のできる、昔ながらのどこか懐かしい思いの感じられる花火大会になっています。

【羽後町のその他の詳細情報はこちら】
⇒ 羽後町のホームページ
⇒ 羽後町観光物産協会のホームページ

【羽後町の近隣市町村はこちら】
⇒ 横手市の観光・イベント情報【かまくらとやきそばの街】
⇒ 由利本荘市の観光・イベント情報【本荘ハムフライが人気】
⇒ 湯沢市の観光・イベント情報【小野小町生誕の地】

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ