【Conoha Wing】ワードプレスを複数インストールする方法

【Conoha Wing】ワードプレスを複数インストールする方法ドメイン・サーバー

「Conoha Wingでワードプレスを複数インストールするにはどうしたらいいの?」

すでにConoha Wingでワードプレスを利用しているのに、インストール方法が分からないという方も多いと思います。

Conoha Wingには『WordPressかんたんセットアップ』機能があるため、サーバーの申し込みと同時にWordPressのインストールが可能です。
参考:ConoHa WINGでWordPressをインストールする手順を詳細解説

しかし、WordPressを2個以上使う場合、この機能は使えないので、別の手順でインストールする必要があります。

そこで今回は『Conoha Wingでワードプレスを複数インストールする方法』を画像付きで詳しく解説していきます。

3個目・4個目をインストールする場合も同じなので、ブログを複数作りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【Conoha Wing】ワードプレスを複数インストールする方法

動画でも解説していますので、合わせて参考にしてください。

①ドメインの取得について

ワードプレスをインストールする前に、まずはドメインを取得しておきましょう。

Conoha Wingでもドメインの取得は可能ですが、価格が高いためオススメできません。

オススメのドメイン取得先は、こちらの2社です。

Conoha Wingと上記2社のドメイン価格の比較表がこちらです。

.com.net.jp
Conoha Wing1408円1408円3058円
1408円(更新)1408円(更新)3058円(更新)
エックスサーバードメイン40円(1個目)40円(1個目)530円(1個目)
825円(2個目~)517円(2個目~)1584円(2個目~)
1298円(更新)1518円(更新)3102円(更新)
お名前.com35円(1個目)35円(1個目)510円(1個目)
1160円(2個目~)1480円(2個目~)2980円(2個目~)
1408円(更新)1628円(更新)3124円(更新)

※ 2021年5月3日現在

 

Conoha Wingは取得費用が割高ですが、このあと解説する手順②③が不要になるというメリットがあります。

Xserverドメインは取得費用がお名前.comよりやや高いものの、更新費用はお名前.comより安いです。

お名前.comは取得費用は最安ですが、更新費用はXserverドメインより高いです。

各社それぞれメリット・デメリットがありますので、どこで取得するか比較して判断してみてください。

 

なお、僕は以前からずっとXserverドメイン(旧:エックスドメイン)を利用しています。

Xserverドメインは価格のバランスが良く、管理画面も使いやすいので、ドメインの取得先としてはイチオシです。

エックスドメインで独自ドメインを取得する手順【画像付き解説】
今回は『エックスドメインで独自ドメインを取得する手順』について解説していきます。分かりやすく画像付きで解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

②ネームサーバーの設定

Conoha Wing以外でドメインを取得した場合は、ネームサーバーを変更します。

ネームサーバーには、取得したドメインをどのサーバーで使うか?を設定します。

例えば、Xserverドメインでドメインを取得した場合、ネームサーバーの初期設定はエックスサーバーになっていますので、それをConoha Wingに変更します。

 

以下、手順を解説していきます。

エックスサーバーの管理画面にログインしたら、該当ドメインの右端にある設定(?)から『ネームサーバー設定』を選択します。

『ネームサーバー設定』を選択

 

ネームサーバー設定画面で『その他のサービスで利用する』を選択し、ネームサーバー1・2にConoha Wingのネームサーバーを入力します。

『その他のサービスで利用する』を選択

 

Conoha Wingのネームサーバーは、Conohaの管理画面から『サーバー管理 ⇒ 契約情報 ⇒ メール/FTP/ネームサーバー情報』と進んだ先にありますので、こちらをコピーしてください。

Conoha Wingのネームサーバー

 

エックスサーバーのネームサーバー設定画面にConohaのネームサーバーをコピペで貼り付けたら、『確認画面へ進む』をクリックします。

エックスサーバーのネームサーバー設定画面にConohaのネームサーバーをコピペで貼り付け

 

確認画面に移りますので、間違いがないか確認して『設定を変更する』をクリックします。

『設定を変更する』をクリック

 

これでネームサーバーの設定(変更)は完了となります。

ネームサーバーの設定完了

③ドメインの追加&SSL化

続いて、他社(Xserverドメイン)で取得したドメインをConoha Wingに登録し、合わせてSSL化(http://~ ⇒ https://~)の設定も行います。

なお、Conoha Wingでドメインを取得した場合は、この手順も不要です。

 

Conoha Wingの管理画面で『サーバー管理 ⇒ ドメイン ⇒ +ドメイン』と進みます。

『サーバー管理 ⇒ ドメイン ⇒ +ドメイン』と進む

 

  1. 『新規ドメインを追加』を選択
  2. ドメインを入力
  3. 『利用する』を選択
  4. 『保存』をクリック

ドメインの追加&SSL化

なお、Conoha WingのSSL化はこちらで『利用する』を選択するだけです。(リダイレクトも自動で設定されます)

 

これでドメインの登録は完了ですが、ステータスが『作成中』、独自SSLが『設定中』となっている間は、まだWordPressをインストールしないでください。

ドメインの登録完了

 

1時間ほど待つと、ステータスが『稼働中』、独自SSLが『利用中』に変わりますので、変更を確認してから次の『WordPressのインストール』の手順に進んでください。

ドメインの登録完了②

④WordPressのインストール

続いて、WordPressをインストールしていきます。

①Conohaのロゴをクリックしてトップページに戻り、②WordPressをインストールするドメインを選択し、③『サイト管理』をクリックします。

ドメインを選択し『サイト管理』をクリック

 

『+WordPress』をクリックします。

『+WordPress』をクリック

 

以下の4つを入力して『保存』をクリックします。

  • サイト名
  • メールアドレス
  • ユーザー名
  • パスワード

WordPressのインストール

なお、他は特に変更する必要はありませんが、以下の3つはお好みで設定してください。

  • コントロールプラグイン
  • 自動キャッシュクリアプラグイン
  • WordPressテーマインストール

 

これでWordPressのインストールは完了です。

『>』をクリックしてください。

『>』をクリック

 

こちらに管理画面のURLがありますので、クリックしてみましょう。

管理画面URLをクリック

 

ログイン画面が開きますので、インストール時に設定した『ユーザー名(メールアドレス)』と『パスワード』でログインを確認しておきましょう。

ログイン画面

 

解説は以上となります。お疲れさまでした。

スポンサーリンク

まとめ

今回は『Conoha Wingでワードプレスを複数インストールする方法』を解説してきました。

  1. ドメインの取得
  2. ネームサーバーの設定
  3. ドメインの追加&SSL化
  4. WordPressのインストール

Conoha Wingでドメインを取得した場合は②③の手順が不要なので楽です。

しかし、他社でドメインを取得してこの手順でWordPressをインストールすることで、スキルが身に付きます。

この手順はConoha Wing以外でも応用できますので、ぜひ他社でドメインを取得してWordPressをインストールする方法に挑戦してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました