ブログの導入文の書き方3つのポイント!当てはめるだけの鉄板パターン

ブログの導入文の書き方3つのポイント!当てはめるだけの鉄板パターンブログ運営

ブログ記事の導入文は、どのように書き出し始めたら良いのか悩みますよね?

僕も以前は記事の書き出し方で悩んでしましたが、今はパターン化して書いているので手が止まることはなくなりました。

そこで今回は『ブログの導入文に必要なパーツ』を3つご紹介していきます。

導入文は3つのパーツに当てはめるだけでスラスラ書けるようになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

実はこの記事の導入文もパターンに当てはめているだけなので、今回はこちらを具体例として解説していきます。

スポンサーリンク

ブログの導入文に必要な3つのパーツ

動画でも解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

共感

ブログの導入文の最初では、読者の悩みに共感する文章を入れるのがオススメです。

「~って、◯◯ですよね?」のパターンが最も簡単で使いやすいと思います。

読者はキーワードで検索をし、検索結果のタイトルを見てブログに訪れています。

その検索キーワードを使って読者の悩みに共感することで、「この記事なら悩みを解決できそう」と、続きを読んでもらいやすくなります。

 

今回の記事の『共感』はこちら。

ブログ記事の導入文は、どのように書き出し始めたら良いのか悩みますよね?

「ブログ 導入文」で検索をしてこの記事を読んでいる方なら、この書き出しで「そうそう、そうなんだよね~」と感じていただけたと思います。

ですから、ブログの導入文の最初では、読者の悩みに共感する文章を入れましょう。

宣言

共感の次に「この記事には何が書かれているのか?」を宣言すると良いです。

「今回は◯◯について解説していきます」のような感じです。

読者は導入文を読んで、本文を読むかどうかを決めています。

導入文で「本文に何が書かれているか」を宣言することで、続きを読んでもらいやすくなります。

 

今回の記事の『宣言』はこちら。

そこで今回は『ブログの導入文』に必要なパーツを3つご紹介していきます。

もちろんタイトルでも中身には触れていますが、このように念押しすることでより「知りたいことが書かれている」という安心感があるはずです。

ですから、ブログの導入文では、共感の次に「この記事には何が書かれているのか?」を宣言する文章を入れましょう。

ベネフィット

ブログの導入文には『ベネフィット』もぜひ入れてほしいパーツです。

ここで言うベネフィットというのは、悩みが解決したあとの具体的な未来を指します。

パターンとしては「~できれば、◯◯できるようになります」のような感じです。

読者に具体的な未来を想像してもらえば、より続きを読んでもらえる可能性は高まります。

 

今回の記事の『ベネフィット』はこちら。

導入文は3つのパーツに当てはめるだけでスラスラ書けるようになりますので、

導入文の書き出しに悩んでいた方が、スラスラ書けるようになったら嬉しいですよね。

ですから、ブログの導入文には、その記事を読んだ先に得られる未来『ベネフィット』も入れましょう。

スポンサーリンク

【応用編】入れるとさらに良い2つのパーツ

権威性

ブログの導入文には『権威性』も入れられると、さらに良いです。

権威性というのは、その分野の専門家である証拠のことを言います。

専門家と言うほどではない場合には、せめて読者に経験者であることをアピールしましょう。

 

今回の記事の『権威性』はこちら。

僕も以前は記事の書き出し方で悩んでしましたが、今はパターン化して書いているので手が止まることはなくなりました。

専門家と言えるほどのアピールではありませんが、少なくとも経験者であることは伝わっていると思います。

このように「自分も以前は~で悩んでいましたが、今は◯◯できています」のようなパターンが書きやすいです。

誰しも経験があるかどうか分からない人の記事より、経験者の記事のほうが読みたくなるはずです。

ですから、可能であればなるべく『権威性』や『経験者であること』を、導入文内でアピールしておきましょう。

容易性

ブログの導入文には『容易性』も入れられると、さらに良いです。

容易性というのは、内容が簡単であることを伝えることです。

読者の「難しくて自分にはできないんじゃないか?」という不安を払拭できれば、より続きを読んでもらいやすくなります。

 

今回の記事の『容易性』はこちら。

導入文は3つのパーツに当てはめるだけでスラスラ書けるようになりますので、

ベネフィット部分と一緒ですが、「当てはめるだけ」「スラスラ書けるようになる」の2つが、簡単であることのアピールになっています。

また、そもそも難しい内容をブログに書く場合は「詳しく解説します」のように、解説自体の分かりやすさを伝えると良いです。

誰しも難しそうな記事より、簡単そうな記事のほうが読みやすくなるはずです。

ですから、導入文の中ではなるべく『容易性』もアピールしておきましょう。

よくあるNGな導入文の例

季節の挨拶

ブログの導入文で、よく見るのが季節の挨拶的な内容。

例えば「最近寒くなってきましたね。」のような感じです。

SEOでの上位表示が目的じゃないなら構いませんが、上位表示させたいなら導入文に入れるのはNGです。

その理由は3つあります。

  • 関係ない内容だからSEO的に不利
  • 読者が求めていない内容だから離脱率が高まる
  • 違う季節に読んだ場合は違和感がある

季節の挨拶的な内容は一見親しみやすく柔らかい印象を与えるように見えますが、デメリットのほうが大きいです。

ですから、SEOで上位表示させたいなら、導入文で季節の挨拶的な内容を入れるのは辞めておきましょう。

文字数稼ぎの関係のない話

季節の挨拶的な内容に限らず、本文の中身と関係のない内容を入れるのもNGです。

例えば「昨日、子供の運動会で~だった」のような感じです。

もちろん運動会がテーマの記事なら構いませんが、それ以外のテーマの記事に入れる必要はありません。

一昔前は『文字数が多い記事のほうが上位表示しやすい』という時代もあったため、未だにこのような記事を見ることもあります。

しかし、先ほどの『季節の挨拶』と同様に、本文の中身と関係のない内容はSEO的に不利になってしまい、上位表示しにくくなってしまいます。

本文の中身と関係のない内容は、なるべく削るくらいの気持ちで導入文を考えていきましょう。

微妙な表現

導入文で、このような表現が使われることも多いです。

  1. ~をご存知ですか?
  2. ~の方は多いです。

どちらも実際の文章に当てはめてみると、違和感しかありません。

 

例えば「ブログ 導入文」をテーマにした記事の場合。

  1. ブログの導入文の書き方をご存知ですか?
  2. ブログの導入文の書き方で悩んでいる方は多いです。

1番は、読者はそれを知りたいからこそ検索しているので、「だから調べているんだけど…」と思わせてしまいます。

2番はそもそも根拠がありません。その後に「なぜなら~」と理由が続けば納得できますが、理由がないとイマイチ腑に落ちない導入文になってしまいます。

書くならせめて「~の方は多いと思います」のほうが無難です。

このように細かい部分ですが、微妙な表現は読者に違和感を与えてしまいますので、自分でもそのように感じないかどうか読み返して確認していきましょう。

まとめ

今回は『ブログの導入文』に必要なパーツをご紹介してきました。

  • 基本の3つ
    1. 共感:~って、◯◯ですよね?
    2. 宣言:今回は◯◯について解説します。
    3. ベネフィット:~できれば、◯◯できるようになります。
  • 応用編2つ
    1. 権威性:専門家・経験者であることをアピールする
    2. 容易性:簡単・分かりやすさをアピールする
  • NGな表現
    1. 季節の挨拶的な内容
    2. 文字数稼ぎの関係のない話
    3. 違和感を感じる微妙な表現

意識してもらいたいのが、本文でも繰り返しお伝えしてきた『続きを読んでもらいやすくすること』です。

今回お伝えした基本3つ+応用2つのパーツは、いずれも『続きを読んでもらいやすくする』ためのものになります。

つまり導入文の役割は、読者に本文を読んでもらう可能性を上げるためのものと考えれば、必要な文章と要らない文章の区別もしやすくなると思います。

ですから、「この文章入れようかな?」と悩んだら、「それを入れることで読者は続きを読みたくなるだろうか?」を考えてみましょう。

 

また、今回お伝えした導入文のパーツは、メタディスクリプションを作る時も役立ちます。

詳細は動画で解説していますので、よろしければ合わせて参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました