エックスサーバーにWordPressブログを移行する手順を5ステップで解説!

エックスサーバーにWordPressブログを移行する手順を5ステップで解説! ドメイン・サーバー

WordPressのブログをエックスサーバーに変更したいと思っても、やり方が難しそうですよね。

僕も以前はそんなイメージでしたが、実際にやってみたところ、予想以上に簡単で早くできました。

そこで今回は『エックスサーバーにWordPressブログを移行する手順』を、実際の画面キャプチャを使いながら詳しく解説していきます。

僕がつまづいた部分もお伝えしますので、合わせて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

エックスサーバーにWordPressブログを移行する手順

動画でも解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

【ステップ①】エックスサーバーにドメインを追加

まず最初に、移行するWordPressのドメインをエックスサーバーに追加します。

エックスサーバーにログインしたら『サーバー管理』をクリック。

エックスサーバーの『サーバー管理』をクリック

※ まだエックスサーバーを利用していない方は、先に申し込んでから作業を進めてください。
⇒ エックスサーバー

 

サーバーパネルに移動しますので、ドメインメニュー内の『ドメイン設定』をクリック。

『ドメイン設定』をクリック

 

『ドメイン設定追加』をクリック。

『ドメイン設定追加』をクリック

 

移行するWordPressのドメインを入力して『確認へ進む』をクリック。

移行するWordPressのドメインを入力して『確認へ進む』をクリック

なお、元々SSL化していないブログを移行する場合は「無料独自SSLを利用する」のチェックを外してください。

移行と同時にSSL化すると想定外の不具合が起こる可能性がありますので、移行完了後にSSL化を行ったほうが無難です。

 

次に確認画面に移りますので、間違いがなければ『追加する』をクリック。

確認画面で『追加する』をクリック

なお、「ネームサーバーがエックスサーバー指定のものになっていません」と書かれていますが、これは気にしなくても大丈夫です。

そもそもまだWordPressを移行していないので、ネームサーバーが変更されていないのは当然です。

 

これでエックスサーバーにドメインの追加が完了しました。

エックスサーバーにドメインの追加が完了

ちなみに、この画像のように、ドメイン追加時にSSL化が失敗することもありますので、続いてドメインのSSL化設定について解説していきます。

SSL化設定が上手くいった場合も、『反映待ち』の間は待つようにしましょう。

なお、移行するWordPressが元々SSL化していない場合は、次の手順【ステップ2】は飛ばしてください。

【ステップ②】ドメインのSSL化設定

続いて、先ほど追加したドメインのSSL化設定を行っていきます。

サーバーパネルのTOPに戻り、ドメインメニュー内の『SSL設定』をクリック。

ドメインメニュー内の『SSL設定』

 

『独自SSL設定追加』をクリック。

『独自SSL設定追加』をクリック

 

この画面では特に何も変更せずに、『確認画面へ進む』をクリック。

『確認画面へ進む』をクリック

 

『追加する』をクリック。

『追加する』をクリック

 

「SSL新規取得申請中です」という画面に変わりますが、『SSL設定一覧』をクリックします。

『SSL設定一覧』をクリック

 

『反映待ち』というアイコンが出ている間は、まだSSL化設定が終わっていませんので、待ってください。

『反映待ち』のアイコン

 

1時間ほどで完了しますので、それまでしばらく待ちましょう。

画面を更新して、このように『反映待ち』というアイコンがなくなればSSL化設定が完了となります。

SSL化設定完了

スポンサーリンク

【ステップ③】WordPress簡単移行

続いて、WordPressの移行作業を行っていきます。

エックスサーバーのサーバーパネルの左サイドバー内から『WordPress簡単移行』をクリック。

『WordPress簡単移行』をクリック

 

『WordPress移行情報入力』をクリック。

『WordPress移行情報入力』をクリック

 

ここで移行するWordPressの「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、『確認画面へ進む』をクリック。

移行するWordPressの「ユーザー名」と「パスワード」

 

※ 参考:WordPresの管理画面にログインするときに入力する「ユーザー名」と「パスワード」です。

WordPressの管理画面

 

『移行を開始する』をクリック。

『移行を開始する』をクリック

 

このように移行が始まりますので、

WordPressの移行開始

データ移行が完了するまで、そのまま待ちましょう。

ちなみに、僕のサイトは10分ほどで完了しました。

データの移行完了

↓↓↓

データの移行完了-2

 

なお、WordPressのログインに失敗して、データの移行ができない場合があります。

WordPressのログインに失敗

  • Basic認証
  • セキュリティ系プラグイン(Invisible reCaptcha、SiteGuard WP Plugin、など)

この辺がログイン失敗の原因なので、失敗した場合はこれらを一旦解除してから試してみてください。

 

また、移行したデータが問題ないか確認したい場合は、動作確認という方法があります。

PCの設定を変更するため難易度がやや高いので、今回は解説を省略しますが、事前に確認したい方は、こちらのページを参考にしてみてください。
⇒ エックスサーバーの動作確認のヘルプページ

【ステップ④】ネームサーバーの変更

次にネームサーバーの変更を行います。

動作確認をしなくても、ネームサーバー変更後に何かおかしければ、元のネームサーバーに戻せば問題はないと思います。

なお、今回はエックスドメインの管理画面で解説を行っていきます。

エックスサーバーの管理画面トップに戻り、ドメイン一覧から移行するドメインの『ドメインパネル』をクリックします。

『ドメインパネル』をクリック

 

『設定変更』をクリック。

『設定変更』をクリック

 

『XSERVERで利用する』にチェックを入れ、『ネームサーバーの変更』をクリック。

『XSERVERで利用する』にチェックを入れ、『ネームサーバーの変更』をクリック

 

もう一度、『ネームサーバーの変更』をクリック。

もう一度、『ネームサーバーの変更』をクリック

 

これでネームサーバーの変更は完了で、WordPressの移行も完了となります。

ネームサーバーの変更完了

 

大丈夫だとは思いますが、一応変更されたネームサーバーに間違いがないか確認をしておいてください。

ネームサーバーの確認

【ステップ⑤】移転完了後の作業

「Xserver Migrator」の削除

エックスサーバーのWordPress簡単移行機能を使うと「Xserver Migrator」というプラグインが自動的にインストールされています。

もう移行は完了していますので、この「Xserver Migrator」は削除しても大丈夫です。

削除のやり方は、まず『無効化』をクリックし、

「Xserver Migrator」の無効化

 

『削除』をクリックすれば完了です。

「Xserver Migrator」の削除

移行元サーバーからWordPressを削除

WordPressの移行が完了したら、元々使っていた移行元サーバーからWordPressを削除しても大丈夫です。

しかし、移行作業直後だと、まだネームサーバーの反映が終わっていない可能性があります。

ネームサーバーが反映されたかどうかは、SEOチェキを使えば、簡単に確認できます。

SEOチェキでネームサーバーの確認

 

また、削除する前に実際に使ってみて、本当に大丈夫かどうかをしっかり確認しておきましょう。

実際に移行元サーバーからWordPressを削除するのは、1週間くらい時間が経ってからでも構いません。

ちなみに、このブログsattoga.comを移行した時は、10日後に移行元サーバーからWordPressを削除しました。

まとめ

今回は『エックスサーバーにWordPressブログを移行する手順』について解説してきました。

最後に手順のおさらいと合わせて、僕が作業にかかった時間を紹介しておきます。

  1. Xサーバーにドメイン追加(数分)
  2. ドメインのSSL化設定(設定完了に1時間)
  3. WordPress簡単移行(10分)
  4. ネームサーバーの変更(数分)
  5. 移行完了後の作業(数分)

非常に長い解説になりましたが、1~4までは1時間半ほどで完了します。

実際にやってみると意外に早く簡単にできますので、悩んでいる方はぜひ挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました