ペイントで色を置き換える方法!一度にたくさん変更してみよう

ペイントで色を置き換える方法!一度でたくさん変更してみよう ペイントの使い方

ペイントで色を変更するときは、基本的には塗りつぶしを行います。

しかし、塗りつぶす箇所がたくさんある時は、ちょっと面倒ですよね。

そこでこの記事では『ペイントで色を置き換える方法』について解説していきます。

今回お伝えする方法を使えば、一度にたくさんの箇所の色を置き換えることができます。

図形の色違いなどを作成する際は非常に便利なやり方なので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ペイントで色を置き換える方法

今回解説する『ペイントで色を置き換える方法』は、「図形の色を透明にすることで、キャンバス色を図形の色にする」やり方です。

そのための手順がこちら。(今回は「黒」の図形を「青」に変えます)

  1. 置き換え前後の色(青と黒)の準備をする
  2. 画像を一旦切り取る
  3. キャンバス色を置き換え後の色(青)にする
  4. 画像を貼り付ける
  5. 図形の色(黒)を透明化する

手順だけ覚えようとしても理解しづらいと思いますので、この「図形の色を透明にすることで、キャンバス色を図形の色にする」という理屈を意識しながら解説を読んでみてください。

では、図を交えて解説していきます。

置き換え前後の色(青と黒)の準備をする

まず最初に置き換え前後の色を準備します。

置き換える前の色を「色2」(今回は黒)

置き換えた後の色を「色1」(今回は青)に設定してください。
置き換え前後の色の準備

 

ちなみに、今回は最後に透明化という操作を行いますが、ペイントではこの「色2」に設定した色が透明になります。

ですから、今回は透明にしたい図形の色を「色2」に設定しておく必要があるわけです。

 

また、WEBの色はカラーコードによって細分化されているため、ペイントのパレットにある色と、変更前の色が一緒ではない可能性があります。

ここで違う色に設定してしまうと、今回のやり方は上手くできません。

ですから、図形の色(置き換える前の色)は、必ずスポイト機能を使って右クリックで「色2」に設定しましょう。
スポイトで「色2」に設定

※ スポイト機能の詳細はこちら

ペイントのスポイトで色を抽出する方法!背景と同じ色にしてみよう
この記事では『ペイントのスポイトで色を抽出する方法』について解説します。このやり方を使えば、ネットからダウンロードしたイラストにも色を合わせられるようになります。今回は応用編としてイラストの背景と同じ色にする手順をお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。
スポンサーリンク

画像を一旦切り取る

次に、画像をキャンバス上から一旦切り取ります。

  1. 「選択」の「▼」をクリック
  2. 「すべて選択」をクリック
  3. 「切り取り」をクリック

画像を一旦切り取る1

↓↓↓

画像を一旦切り取る2

この切り取った画像はクリップボードに保存されており、あとでまた貼り付けることが可能です。

キャンバス色を置き換え後の色(青)にする

画像を切り取ったら、キャンバス色を置き換え後の色(青)に変更します。

  1. 「塗りつぶし」を選択
  2. キャンバス上で左クリック

キャンバス色を置き換え後の色にする1

↓↓↓

キャンバス色を置き換え後の色にする2

この上に図形を重ねて図形の色を透明にすると、図形の色がこのキャンバスの色(青)変わります。

画像を貼り付ける

キャンバス上に先ほど切り取った画像を貼り付けます。

「クリップボード」グループの「貼り付け」をクリック。

画像を貼り付ける1

↓↓↓

画像を貼り付ける2

図形の色(黒)を透明化する

最後に、図形の色(黒)を透明化します。

図形の色を透明化1

 

すると、このようにキャンバス色が図形の色に置き換わります。
図形の色を透明化2

これで、完了です。

様々な色に応用してみよう!

今回は黒の図形を青に置き換える方法の解説でしたが、もちろん様々な色に応用することが可能です。

【赤に置き換え】
赤に置き換え

 

【緑に置き換え】
緑に置き換え

 

【紫に置き換え】
紫に置き換え

慣れると簡単なので、ぜひ色々と応用してみてくださいね。

Windowsペイントの使い方!基礎から応用まで【総まとめ】
この記事では『Windowsペイントの使い方』をまとめて紹介していきます。ペイントの基礎的な使い方から応用編までお伝えしますので、きっと便利な機能も見つかるはずです。ペイントの使い方を知る目次代わりとしても、ぜひ参考にしてみてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました