バイキングの語源と由来やビュッフェとの違い!食べ放題以外の意味は?

バイキングの語源と由来やビュッフェとの違い!食べ放題以外の意味は?

「食べ放題=バイキング」というのは、実は和製英語で海外では通じません。また、ビュッフェも似ていますが、違いがよく分からないですよね?

今回はバイキングの語源と由来ビュッフェとの違い、さらに食べ放題以外のバイキングの意味を紹介していきます。

スポンサーリンク

バイキングの語源と由来

日本で食べ放題のことをバイキングと呼ぶようになったのは、1957年に帝国ホテルで「インペリアルバイキング」がオープンしたのが始まりです。

当時、帝国ホテルの支配人だった犬丸徹三氏が、旅行先のデンマークで目にした「スモーガスボード」というスウェーデン料理が、バイキング形式を始めたきっかけになっています。

スモーガスボードはビュッフェ形式のお祝い料理で、これを帝国ホテルのレストランで提供しようとしましたが、名前が難しいので違う名前にしようと考えました。そして、当時上映されていた「バイキング」という映画の食事シーンが豪快で印象的だったことから「バイキング」に決定したと言われています。

そして、帝国ホテルのバイキングレストランは大変好評となり、日本ではビュッフェレストランの代名詞となったため、日本では食べ放題のことを『バイキング』と呼ぶようになったそうです。

バイキングとビュッフェの違い

日本では「ビュッフェ」という言葉も食べ放題という意味で使われていますが、これは海外で通用します。ただし、ビュッフェの語源はフランス語で、本来は「立食の食事」「セルフ方式の食事」という意味なので、必ずしも食べ放題であるとは限りません。

ビュッフェはバイキングとは違って、食べる分だけお金を取られる、もしくは食べた分だけお金を取られる、または食べていい量が決まっている場合もあります。

なので、ビュッフェはその形式がお店によって変わりますので、お店の方に形式を聞いてみるか、周りに合わせてみるのが無難でしょう。

スポンサーリンク

食べ放題以外のバイキング

海賊

やはりバイキングと言うと、海賊をイメージしますよね?しかし、本来はヴァイキング(Viking)と言い、最近は海賊ではなく8世紀から12世紀にスカンジナビア地方に住んでいた民族のことを言うようです。

そして、僕たちがイメージしてしまう略奪行為を行うヴァイキングは、ほんの一部だけだったのではないかと言われています。

フジテレビの情報番組

最近はバイキングと言うと、「笑っていいとも」が終わった後に始まった、フジテレビの『バイキング』もありますよね。

この番組タイトルには「笑いも情報もとりホーダイ!」という意味が込められ、食べ放題のバイキングに由来しているようです。

お笑いコンビ

2012年のキングオブコントで優勝した、小峠英二さんと西村瑞樹さんのコンビ名は「バイきんぐ」で、「きんぐ」だけを平仮名で書きます。

以前は言葉の響きで「バイキング」というコンビ名にしていたそうですが、ネットで検索するとレストランしかヒットしないため変えたようです。

まとめ

食べ放題の「バイキング」は帝国ホテルのレストランが由来ですが、和製英語で海外では通じませんので気を付けましょう。

また「ビュッフェ」は海外では通じますが、必ずしも食べ放題とは限りませんので、こちらも気を付けてください。

さらにお笑いコンビの場合は「バイきんぐ」と書いて、「きんぐ」だけが平仮名ですので、これも気を付けましょう(笑)

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ