ペイントで画像を丸く切り取る方法!トリミング後の透過まで解説

ペイントで画像を丸く切り取る方法!トリミング後の透過まで解説 ペイントの使い方

この記事では『ペイントで画像を丸く切り取る方法』について解説します。

実際は丸く囲むだけですが、トリミング後の透過すれば他の画像に合成することも可能です。

今回はその手順を詳しくお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ペイントで画像を丸く切り取る方法

今回はこちらの犬の画像を丸く切り取っていきます。
ペイントで画像を丸く切り取る方法1

キャンバスを広げて作業スペースを作る

まずはキャンバスのサイズを広げて、作業スペースを作ります。

  1. 「ファイル」をクリック
  2. 「プロパティ」をクリック

キャンバスを広げて作業スペースを作る1

 

  1. 「幅のサイズ」を変更(元の画像の1.5~2倍くらい)
  2. 「OK」をクリック

キャンバスを広げて作業スペースを作る2

 

今回は「430 ⇒ 700」と変更して、このようになりました。
キャンバスを広げて作業スペースを作る3

円を描いて周りを塗りつぶす

「図形」グループ内の「楕円形」を選択し、広げたスペースに円を描いていきます。
円を描いて周りを塗りつぶす1

 

この時は、キーボードの「Shift」を押しながら操作すると、真ん丸が描けます。

ただし、先に「Shift」を離すと円の形がズレるので、先に左クリックの指を離すのがコツです。
円を描いて周りを塗りつぶす2

 

そして、この円の周りを同じ色で塗りつぶします。

  1. 「ツール」グループ内の「塗りつぶし」をクリック
  2. 円の周りをクリック

円を描いて周りを塗りつぶす3

補足:円の中を塗りつぶすと失敗するかも…

ペイントで画像を丸く切り取る方法として、このように円の中を塗りつぶすやり方が解説されていることもあります。
円の中を塗りつぶすと失敗するかも1

 

しかし、僕がこの方法で試したときは、このように円の縁が残ってしまい、思うように加工できませんでした。
円の中を塗りつぶすと失敗するかも2

もしかするとPCのパージョンの違いで異なるのかもしれませんが、気になる方は両方のやり方を試してみてください。

ちなみに僕のPCは、Windows8.1です。

スポンサーリンク

画像を円で囲む

では、手順に戻りましょう。

今度は犬の顔を、作った円で囲みます。

  1. 「選択」の「▼」をクリック
  2. 「四角形選択」をクリック
  3. 「透明の選択」にチェックを入れる

画像を円で囲む1

 

円を大きめの四角形で囲って、これを犬の画像の上に移動させます。
画像を円で囲む2

↓↓↓

画像を円で囲む3

切り抜きたい箇所が中心になるように、移動させてください。

 

このとき、透明化が上手くできない場合は、「透明の選択」にチェックが入っているか?

また、「色2」が元の円の色と一緒になっているか確認してみましょう。(ほとんどは『白』のはずです)
画像を円で囲む4

ペイントでは「色2」と同じ色が透明になります。

詳細はこちら。

ペイントで画像の背景を透明にして合成する方法!できない時の対処法も解説
この記事では『ペイントで画像の背景を透明にして合成する方法』について解説します。背景を透明にするのは難しくありませんが、上手くいかない時もあります。そこで今回は、ペイントで透明化できなかった時の対処法についてもお伝えしていきますので、合わせて参考にしてみてください。

四角形にトリミング

次に、画像を四角形にトリミングしていきます。

  1. 「選択」のアイコンをクリック
  2. 移動した円の周りを四角形で囲む(塗りつぶしより小さく)
  3. 「トリミング」をクリック

四角形にトリミング1

↓↓↓

四角形にトリミング2

円形にトリミングした画像を透過して合成する方法

合成するもう一枚のメイン画像を、ペイントで起動させましょう。
もう一枚のメイン画像をペイントで起動

ここからは2つのペイントを起動させた状態で作業を行っていきます。

メイン画像に貼り付ける

今まで加工してきた画像を、メイン画像に貼り付けます。

  1. 「選択」の「▼」をクリック
  2. 「すべて選択」をクリック
  3. 「コピー」をクリック

メイン画像に貼り付ける1

 

今度はメイン画像のペイントのほうで、

  1. 「色2」を「黒」にする
  2. 「貼り付け」をクリック

メイン画像に貼り付ける2

↓↓↓

メイン画像に貼り付ける3

貼り付けた画像の周りを透過させる

いま貼り付けた画像の周りを透過させます。

  1. 「選択」の「▼」をクリック
  2. 「透明の選択」をクリック

メイン画像に貼り付けて合成する4

↓↓↓

メイン画像に貼り付けて合成する5

サイズと位置の調整

最後に、サイズと位置を調整して完了となります。

サイズの調整は「サイズ変更」から行いましょう。(マウスのドラッグでサイズ調整も可能ですが、縦横の比率がズレやすいので、あまりオススメしません)

サイズ変更1

↓↓↓

サイズ変更2

 

画像の位置は、そのまま選択した状態でマウスで移動させることができます。

位置の調整1

↓↓↓

位置の調整2

これで完成です。

お疲れさまでした。

まとめ

今回は『ペイントで丸く切り取って、他の画像に貼り付ける方法』について解説してきました。

今回は丸く切り取る方法でしたが、ペイントで選択できる図形なら、どれでも応用することが可能です。

ペイントの図形

ぜひ今回の解説を参考に、色んな画像で試していただければと思います。

 

ちなみに、画像を丸く切り取る作業は、ペイントよりもエクセルで行ったほうが簡単ですので、よろしければこちらのやり方も参考にしてみてくださいね。

エクセルで画像をトリミングする方法【正方形・丸型・斜め】
この記事では『エクセルで画像をトリミングする方法』について解説します。エクセルでは画像を様々な形にトリミングできますが、今回はよく使う『正方形・丸型・斜め』に切り取る方法の3つです。この3つのやり方を覚えれば、あとは応用次第で、あらゆる形に対応できるようになります。
Windowsペイントの使い方!基礎から応用まで【総まとめ】
この記事では『Windowsペイントの使い方』をまとめて紹介していきます。ペイントの基礎的な使い方から応用編までお伝えしますので、きっと便利な機能も見つかるはずです。ペイントの使い方を知る目次代わりとしても、ぜひ参考にしてみてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました