会社員のバイト掛け持ち体験談15選!どのくらい稼げたの?

会社員のバイト掛け持ち体験談15選!どのくらい稼げたの?

最近は副業が推奨されることも多いので、会社員をしながらバイトをしてみようかなと考えている方は多いと思います。

しかし、バイトと言っても色々とあるので、悩みますよね。どんな時間帯で働くのか?会社バレはしないのか?気になることは多いと思います。

そこで今回は、会社員をしながら掛け持ちでバイトをしていた経験のある方たち15名に、その時の体験談を聞いてみました。

もちろん気になる給料についても教えてもらいましたので、バイト選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

会社員のバイト掛け持ち体験談

コンビニ店員

30代男性「さばなん」さん
【働いていた時間帯:週二回 金曜土曜のや夜から深夜で5時間程】
【バイトだけの収入:月に3万強から4万くらい】
アルバイトをしていた理由は、独立のための資金つくりと投資のためのお金が欲しかったからです。
その当時はダブルで仕事をやってたのがちょっとつらかったですけどどうしても欲しかったので頑張れました。
会社には特に何も言われずばれなかったです。

レストランのレジ

60代男性「ロンロン」さん
【働いていた時間帯:毎週土日に8時間】
【バイトだけの収入:月に5万円くらい】
学生時代からそのお店でバイトをしているのを会社は知っていて、自分が卒業した後は新しいバイトがなかなか定着しませんでした。
そのため週末だけ『手伝いに行く』ということで会社側も知っていましたが何も言われませんでした。

喫茶店のホール係

30代女性「ポン太郎」さん
【働いていた時間帯:週2~4日、3時間~8時間】
【バイトだけの収入:月3万~5万】
とにかく給料が安くて、ギリギリ生活はできるけれど趣味や貯金に回せるお金がほとんどなかったので、少しでも足しにしたいと思い、その喫茶店の正社員だった友人の紹介でバイトに入れてもらいました。
通勤時に必ず経由する大きな駅の地下街にある店だったので、平日の会社帰りでも通いやすいのがポイントでした。
いつか会社の人や知り合いが来店してバレるかも…とビクビクしてましたが、幸い誰も来ることはなく、なんだかんだで3年くらい続けてました。
体力的には少しきつかったですが、若さもあったし人間関係も良かったので、辛さはなく少しずつお金が貯まったり欲しいものを買えるようになったのが嬉しかったです。

焼き鳥屋

30代女性「MM」さん
【働いていた時間帯:毎週金曜日土曜日に5時間】
【バイトだけの収入:月にだいたい4万円ほど】
給料だけでは足りない分と貯金をしたいのと2つの理由のためにバイトしていました。
会社はそんなに厳しくなかったのでバレても問題ありませんでしたので両立できたのだと思います。
祝日などは仕事が終わってからバイトへ行っていたのですごくキツかったです。

登録制の単発アルバイト

20代女性「AU88」さん
【働いていた時間帯:用事のない土日終日】
【バイトだけの収入:月に3万円程度】
給料とは別にお小遣いが欲しかったので登録制のアルバイトをしていました。
毎回一回きりのアルバイトで好きな時間にシフトを入れることができ、本職の邪魔をすることなく気軽に出来るバイトでした。
会社がない日に行っていたので、バレる事は無かったです。

倉庫での荷分け、検品

30代男性「バイト大変」さん
【働いていた時間帯:毎週一回八時間】
【バイトだけの収入:月4万円】
当時200万円ぐらいの借金があって半年ぐらいやっていました。
本業が小さな会社なので税金など引っ掛かることなく過ごせました。
休みの前に就業する場合には汗をかく職場なので臭いや睡眠不足に注意してました。それでも眠かったですけど(笑)

倉庫の棚卸し

40代女性「やすこ」さん
【働いていた時間帯:土曜の18時から22時】
【バイトだけの収入:月に2万】
本業は電機メーカーの事務員でした。
きっかけは職場の先輩に誘われて始めましたが、不景気で給料が減額になり単純に収入が欲しかったこともあり、週末で休みの日ならいいかなと思って働いていました。
職場にバレても恐らくおとがめはないと思われる、ゆるい会社だったので、びくびくはしませんでした。
ただ、職場同士がすごく近かったので、念のため眼鏡とか変装して通ったり少し気を遣いました。
スポンサーリンク

警備員

30代男性「キタガワ」さん
【働いていた時間帯:週末に1回 月4回】
【バイトだけの収入:3万2千円】
理由は給料が安いのが一番です。手取り15万円位で一人暮らしなので、3万円は大きいです。
一応兼業禁止のルールがあるので会社には内緒でしていました。
バイト代は日払いでもらっていたので確定申告はしていませんでした。
マイナンバー制が始まり、バレそうなので辞めました。

新聞配達

30代男性「かぴさん」さん
【働いていた時間帯:毎週月曜日~土曜日に1時間程度】
【バイトだけの収入:月に3万円ほど】
会社の給料に不満があるわけではなかったのですが、マイホームを買いたくお金が必要で副業しました。
妻が新聞配達をしてることにしたので、会社にはバレませんでした。
でも実際には私が配達をしていました。もし見つかっても妻が体調悪くて代わりにやっているという感じでうまく嘘もつけることができ大丈夫でした。
毎朝の配達なので早起きしないといけなく、そのあと会社に行くためとても大変でしたが、お金はたくさん貯まりました。

弁当工場のライン作業

30代女性「ひろ」さん
【働いていた時間帯:週に3、4日位】
【バイトだけの収入:月六万円程】
本業がしっかり定時で終わり残業も無かったため、家に居ても暇を持て余してたのでバイトをしていました。
会社も副業は容認では無かったですが、禁止もされておらず、業務に支障がなければしても良かったので、会社バレも気にせずバイトに行ってました。

デパート閉店後の夜間清掃

30代男性「シュークリーム」さん
【働いていた時間帯:毎週平日4時間を2日間と日曜日4時間】
【バイトだけの収入:月に6万円ほど】
バイトをしていた理由は本業の会社の給与が減ったからです。
残業がほぼなくなってしまい、基本給が安いので生活が苦しくなり始めました。
バイトの分は確定申告で行い自分で納付する普通徴収にしたので会社にはバレませんでした。
やはり2つ仕事をするのは体力的にきつかったです。
しかも深夜帯に作業していたので翌朝は睡眠不足になりながら本業の仕事をしていました。
幸い本業の方には影響なく出来たのは良い経験になりました。

女性専用のシューズショップで販売のバイト

30代女性「シュー子」さん
【働いていた時間帯:毎週土曜日に6~8時間】
【バイトだけの収入:月に約3万円】
靴が好きで靴の勉強がしたかった私は、学生時代から顧客になっていた、女性専門のシューズショップでバイトをする事にしました。
主にヒールの高い綺麗なパンプスを扱っていた店で、どのようにして足に合う靴を探すか足の構造と靴の構造などと接客の仕方を教わりました。
本業が忙しくなって辞めましたが会社にバレる事もなく楽しく働けました。
時々ショップのオーナーからまたバイトをしないかと連絡もあるので暇が出来たらやりたいと思っています。

塾講師

20代男性「うぼう」さん
【働いていた時間帯:金曜日に2時間程度】
【バイトだけの収入:月1万6千円ほど】
バイトをしていた理由はその塾の塾長に頼まれたからです。
その塾の塾長と私は知り合いだったので急に塾の講師がやめてしまったので、その穴埋めとして短期間だけのつなぎとしてそこで働きました。
バイトは会社にバレませんでした。

家庭教師

60代男性「にっしゃん」さん
【働いていた時間帯:週に二回で各1.5時間ほど】
【バイトだけの収入:月に24,000円ほど】
会社で残業がなくなり生活費が減ったから、手っ取り早い家庭教師を始めました。
電柱に張り紙をしたら早速反応があったのを覚えています。
会社にはバレませんでした。ただ家庭教師の日は、どんなに忙しくても決まってすぐに帰っていました。

水泳のインストラクター

20代男性「わとそん」さん
【働いていた時間帯:土日で計4時間】
【バイトだけの収入:月に2万円ほど】
会社での給料が低く、生活が苦しかったためアルバイトをしていました。
学生時代からしていた個人的に謝礼をもらうと言う形でしていましたので、それの継続と言う形でした。
会社には伝えずにしていました。

まとめ(結論)

今回は、会社員をしながら掛け持ちでバイトをしていた方たちの体験談をご紹介しました。

少ない方で月に1万6千円。多い方では月に6万円稼いでいた方もいました。多かったのは月に3~4万円くらいでしたが、これくらい稼げるようになれば、だいぶ助かりますよね。

ただし、中には「寝不足で辛かった」という方もいましたので、もしやるなら本業に支障が出ない程度に、体には気を使ってくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ