シフト作成の6つのコツ!不満を出さないためには?

シフト作成の6つのコツ!不満を出さないためには?

毎月のシフト作成には頭を悩ませますよね。「なるべく希望通りに」「なるべく平等に」が理想ですが、仕事を回すことを第一に考えると、理想通りにできない部分も出てきてしまいます。

そこで今回は、シフト作成の経験がある方たちに、そのコツを聞いてみました。

スタッフからの不満を出さないために、どのような工夫をしていたのでしょうか?

スポンサーリンク

シフト作成のコツ

仮版で一度公表してから調整する

40代女性「サラダ大好き」さん
57名のシフトを作成していました。
希望休や働ける時間帯を把握する事の他、出勤日によって、仕事の能力に偏りが出ない様に、能力を均等に配置する事を心がけました。
人数が多い場合は、特に相性の悪いスタッフが連日の同じシフトで重ならないような配慮もしました。
仮版でシフト表を公表し、スタッフからの意見も反映する時間をとりました。
スタッフから希望がある際は、交代や微調整を行っていた為、融通が利いて長く働きやすい職場と言われていました。

わざとギリギリで完成させる

20代女性「けいこ」さん
私が担当している部門には八人のメンバーがいます。
その中には持病の通院やお子さんの対応などで急きょシフトに穴をあけてしまうことが多い人がいるので、そういった人のシフトを組む時は常時対応可能なメンバーと組ませるように気を付けています。
シフトは事前に休み希望をだしてもらいますが、完全に組み終えるのはいつもわざとギリギリにします。急用で休む人のためです。
このようにシフトを作っていて、休みたいときに休みが取れてありがたいと言われました。

自分が無理をしていると文句は言われない

40代女性「ナゴミナリ」さん
10人のシフトを組んでました。
まず1ヶ月に2日間まで休みの希望を全員に聞きます。
家庭の事情等それ以上の希望があれば個別で聞いてチームと共有します。
あと早番遅番があったので、基本休みの前日を早番にし作成いたします。
その時連勤は3日までで抑えるようにします。どうしても人数が足らない日は私が犠牲となり調整しました。
シフトは勤務者にとってとても大切ですし、不平不満が出やすいので、作成者である私が無理をしているとあまり文句はでませんでした。
スポンサーリンク

一人で作らずみんなの前で作る

40代女性「ゆうまま」さん
毎月5人のシフトを作成しています。
まずはそれぞれの希望の休みを聞き、優先的にその日は休みにします。
希望の休みが重なった時は本人同士で話し合いをしてもらい、誰かが出勤してもらいます。
なるべく一人でシフト作りはせず、みんながいるところで考えます。
みんなの希望や話し合いの場を多く持って、お互い助け合いのシフト作りをする為、今のところ不満の声を聞く事はありません。

不満が爆発しない程度を目指す

20代男性「konnro」さん
基本的に朝・夜入れ替わりで10~15人ぐらいで、入れ替わりが激しかったから、平均では13人程度でした。
コツとしては世間一般で平日か休日かを気にしつつ、過去その曜日にどの程度お客さんが来たかを確認し、どの程度店員がいれば店が回るかを想定し最低限必要人員を確保してから休日を割り振っていきます。
この時自分の働くところだけでなく、周辺店舗や周囲でイベントなどがないか等も考慮に入れます。
連休等が取りたいとの希望が出されるとできるだけお客さんがこなそうな日にとってもらうようにしてました。
周辺の反応はたまに不満そうでしたが、不満が爆発しない程度にというのを目指していたので、ちょうどいいと思ってました。

アルバイトと仲良くしておく

20代女性「ゆうこ」さん
職場は社員10人・アルバイト50人以上の大きな飲食店でした。
アルバイトは学生やフリーターばかりで、シフト提出の時点で期限を守ってくれる人も少なくとても苦労しました。
シフト作成のコツとしては、自分がアルバイトと仲良くするということです。
入りたい日に入れなかったり入ってほしい日に人が足りなかったりということはよくある事なので、アルバイトとの関係を良くしておくことが大切です。
そうすることにより少し不満があったとしても、しょうがないかというように周りも納得してくれるのだと思います。

まとめ(結論)

今回は『シフト作成のコツ』をご紹介しました。

  • 仮版で一度公表してから調整する
  • わざとギリギリで完成させる
  • 自分が無理をしていると文句は言われない
  • 一人で作らずみんなの前で作る
  • 不満が爆発しない程度を目指す
  • アルバイトと仲良くしておく

職種や人数に違いはありますが「なるほどな」と思えた部分もあったのではないでしょうか。

来月のシフトを作成する際の参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ