大学生時代に一人暮らしだった方に聞いた!物件選びの失敗談7選

大学生時代に一人暮らしだった方に聞いた!物件選びの失敗談7選

大学に入ってからの初めての一人暮らし、楽しみですよね。今からどんな部屋に住もうか、ワクワクしている方も多いと思います。

今回は、大学生時代に一人暮らしをしていたという方たちに、物件選びの失敗談を教えてもらいました。大学生ならではの失敗、初めての一人暮らしならではの失敗が満載なので、ぜひ部屋を決める前に一度チェックしておいてください。

スポンサーリンク

大学生の一人暮らしの物件選び【失敗談7選】

大学まで遠かった

30代男性「森の林」さん
大学の学生支援課で紹介してもらったアパートでしたが、大学から遠すぎて「失敗したな」と思ったことがあります。
私は、関東にはどこにでも駅があると思っていたほどの田舎者で、その物件から大学までは、バスと電車を乗り継いで1時間以上かかりました。
交通費もバカにならないので、すぐに自転車を買いましたが、大学までは山を2つ超えるくらい坂道も多く、毎日ヘトヘトになりながら通学していました。
夏休みに原付を買ってマシにはなりましたが、大家さんも勝手に部屋に入ってくるほど非常識な人だったので、1年の冬休みに兄貴にお金を借りて引っ越しました。
以来、物件選びではとにかく場所を重要視しています。

大学まで近すぎて溜り場になってしまった

20代女性「るな」さん
地方から出てきた私は徒歩で通学できるようにと大学のすぐ近くのアパートを借りました。
最初は通学も楽だし近くに借りて良かったと思っていたが、だんだん友人達の溜まり場となり片付けても片付けても常に部屋はグチャグチャ。
もう来ないでとは言えず、グチャグチャの部屋で4年間過ごしました。
それ以来集まる時は外で集まるよう提案しています。

隣の音がうるさかった

30代女性「やぎ」さん
外観がオシャレで、部屋も割と綺麗だったのでその部屋に決めました。
しかし実際住んでみると、隣の部屋の声がすごく漏れてきて…防音に弱いマンションでした。
隣の部屋の住人は、毎日のように友達らしき人を部屋に入れて、夜中まで騒ぐような方で、本当に困りました。
次は外観や見た目だけでなく、防音についてや、どんな人が隣に住んでいるかなどもしっかり聞いて部屋選びをしています。
スポンサーリンク

洗濯機置き場がなかった

20代女性「まの」さん
学生時代に借りていた部屋は、エリア内の相場より結構安く駅まで近い事が借りる決め手になりました。
ただ、急な坂の頂上の物件で、部屋に洗濯機を置く設備がなく、備え付けの収納スペースもなく、女性は私しか住んでいない物件で、失敗ばかりの部屋選びでした。
内覧の時には坂の上でも大丈夫かと思いましたが、毎日坂を上り下りするのは大変で、かなり急な坂だったので大好きなヒールも履けませんでした。
洗濯機が部屋になかったのはそれ以上に大変で、コインランドリーの料金もバカにならないし行き帰りも大変だったので、以降の部屋選びでは部屋の立地条件は必ず確認し、洗濯機を部屋にきちんと置ける物件を選んでいます。

4階でエレベーターがなかった

20代女性「ゆずき」さん
何件か見せてもらった中で一番きれいだったデザイナーズアパートを借りました。
立地的にはコンビニも近く住みやすかったのですが、欠点としてエレベーターがありませんでした。
4階建ての4階に住んでいたのですが、バイト後疲れて帰宅すると4階まで上がることがしんどかったです。
他にいい物件がなかったということと綺麗さだけで選んだアパートでしたが自分の体力までは考えておらず失敗したなと思いました。
それからはしっかり体力を見据えて物件を探すようにしています。

1階で洗濯物を盗まれた

20代女性「トマト」さん
大学進学が決まった時に選んだのは1階の部屋でした。
1階なので、さすがに下着などは外に干したりしていませんでしたが、ある日、学校へ行く前に毛布を外に干していたのに、帰ってきたら無くなっていたことがあります。
しっかり洗濯ばさみで固定していましたし、あんなに重いものが風で飛ぶとは思えませんので、おそらく盗まれたんだろうと思います。
それ以来、何があるか分からないと怖くなってしまい、その2ヵ月後くらいには引越しました。
もちろん、あの時から1階の部屋は選ばないようにしています。

西日が強かった

30代女性「メルヘン」さん
大通りから外れた二階建てのアパートの二階の部屋を借りていました。
前面道路は車通りも少なく静かだったのでこの物件に決めました。
キッチンが西側にあり、さらに大きな窓もあった為、夏場の西日がとても暑かったです。
窓と対面するようにカップボードを設置し、そこに調味料なども収納していたのですが、西日の暑さで砂糖が溶けたり醤油が蒸発してしまいました。
家事をするのも大変だったので、西側に窓のある部屋は借りないように気を付けています。

まとめ(結論)

今回は、大学生時代に一人暮らしだった方たちに聞いた、物件選びの失敗談をご紹介しました。

  • 大学まで遠かった
  • 大学まで近すぎて溜り場になってしまった
  • 隣の音がうるさかった
  • 洗濯機置き場がなかった
  • 4階でエレベーターがなかった
  • 1階で洗濯物を盗まれた
  • 西日が強かった

中には実際に住んでみないと分からない部分もありますが、大体はよく確認しておけば防げた失敗です。

全てが満足できるような部屋はなかなか見つからないとは思いますが、あとで後悔しないためにも、物件選びではなるべく妥協しないでくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ