共働き夫婦の貯金の方法は?お金を管理するのはどっち?

共働き夫婦の貯金の方法は?お金を管理するのはどっち?

「将来のために夫婦で貯金をしよう!」と思っても、どんな方法がいいのか悩みますよね。お金のことで揉めないように、きっちりルール化したいと考えているご夫婦は多いと思います。

そこで今回は、共働き夫婦の方たちに『貯金の方法』について聞いてみました。

「お金の管理はどちらが行っているか?」も教えてもらいましたので、合わせて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

共働き夫婦の貯金の方法は?

旦那さんが管理

貯金用に別口座

20代女性「のん」さん
生活費は夫が主に管理しています。ただ、個人的に欲しい物は私のお金で購入しています。
夫婦の貯金のルールですが、共通の貯金として500円玉貯金をしています。お互い500円玉ができたらすかさず入れています。
あと、貯金用の口座は基本別口座にしています。最近、将来的に家を買いたいので共通の口座を作成しました。

お互い給料の3割を貯金

30代女性「ゆりっち」さん
お金の管理は夫がしています。とはいっても、給料をもらった時に、固定費や流動費その他の話をして、給与や残高はお互いともに把握しできるようにしています。
夫婦の貯金のルールは、主人と私の口座に月単位で交互に給与の3割を入れるようにしています。
万が一何かあった時の為に、1つにまとめるよりも、別にしておいたほう良いと結論にいたり、そのようにしました。
その口座には、貯金用に同じ銀行でお互いが別口座を利用して貯金しています。

奥さんが管理

お互い毎月最低2万は貯金に回す

30代女性「いのり」さん
お金の管理は夫の分まで、妻である私がまとめてしています。
貯金のルールとしては、お互いから最低二万円は毎月貯金するようにして、多めに出来そうな月はその都度貯金する金額を増やしたりしています。
夫と私の共同の、貯金の為の口座を用意していて、一年間でどの位貯まったかなどわかりやすいように、管理をしています。

給料が入ったらすぐに貯金用の口座へ

30代女性「みっく」さん
お金を管理しているのは、私です。
夫婦の貯金は、先取り貯金をすることです。毎月給与が入金されると、決まった金額を別口座へうつしかえています。
別口座を作り、この口座は貯金するための口座と決めました。
ですので、どんなことがあろうと貯金口座からは出金しないようにしました。
そして、貯金後の使い道を2人で話し合い、その目標に向けてコツコツと貯金しています。
スポンサーリンク

一定額を超えたら定期預金に

30代男性「りょう」さん
我が家は、基本的に妻が家計を管理しています。
私の給与から、ローン・保険料・公共料金・通信費等の固定費を支払い、妻の給与を食費や雑費などに回して、残りを貯金するスタイルです。
妻の口座の残高が一定以上になると、定期預金の口座に移すようにしています。
月々にいくら貯金できているのかは正確には把握していませんが、定期預金の口数は着実に増えているので、上手くやりくりしてくれているのだと思います。

管理は別々

貯金のルールは特になし

20代女性「AU88」さん
稼いだお金はそれぞれ自分たちで管理するようにしています。
そのため貯金用の別口座はなく、自分たちが今まで持っていた口座をそのまま利用しています。
光熱費や食費などのお金は 2人で折半しますが、大体私の方が先に立て替えて払うので、月末に相手が折半分を返金してくれる事になっています。
貯金のルールなどは特に決めていないのですが、それぞれ自分の貯金額をきちんと把握し、相手にお金を借りることが無いようにするのが暗黙のルールになっています。

まとめ(結論)

今回は『共働き夫婦の貯金の方法』をご紹介しました。全てをご紹介することはできませんでしたが、15組の夫婦に聞いた結果がこちらです。

  • 旦那さん:3名
  • 奥さん:9名
  • 管理は別々:3名

やはり奥さんがお金を管理しているという夫婦が多いようですね。また、別々に管理しているご夫婦では3組とも、生活費は奥さん、家賃などは旦那さんが負担し、貯金も別々というのが特徴的でした。

この辺に関しては特に正解というのはありませんので、ぜひ今回の内容を参考にして、二人に合った貯金の仕方を話し合ってみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ