寝酒を辞める方法8選!やめて良かったことは?

寝酒を辞める方法8選!やめて良かったことは?

「寝酒をやめたい」と思っても、やめるのはなかなか難しいですよね。特別飲みたいわけじゃなくても、寝るために仕方なく飲んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は『寝酒をやめる方法』と題して、寝酒をやめた方にその体験談を聞いてみました。

「やめて良かったこと」も教えてもらいましたので、ぜひやめるためのモチベーションにしてみてください。

スポンサーリンク

寝酒をやめる方法

ココアを飲んだ

40代男性「モスラ」さん
私の寝酒の量はビール3缶。もう癖だったのでしょうか。やめたいのですが全く止められませんでした。
そんな時子供が出来ていつ陣痛が来るかわからない時に、いつでも車に乗れる様3週間程酒を絶ったんです。
飲めない代わりに、よく眠れると聞いたココアを毎晩飲んで寝酒代わりにしました。それが良かったのか寝酒は完全に止めれました。
寝酒し過ぎると翌日身体がキツかったのですが、それも無くなり、酒を家で飲む機会も極端に減ったせいか小遣いも残るようになりました。一石二鳥ですね!

ホットミルクを飲んだ

40代女性「tigrato」さん
寝る前に市販の缶チューハイを半分ほど飲んでいましたが、1本飲みきれないのがもったいないと思うようになり、寝酒の代わりにホットミルクを飲むようにしました。
寝る前に少しお腹が空いていると感じる時でも、ホットミルクだと空腹感が和らぐのもよかったです。
寝る前に缶チューハイを飲んでいた時も寝付きがよくなり、目覚めもすっきりと快適になりました。

ノンカフェインのハーブティーを飲んだ

30代男性「パルパル」さん
私は過去に仕事が忙しかった時期に毎日寝酒をしていました。ハイボールの350ミリリットル2缶です。
お酒を飲むことで気分転換にもなり寝つきは良いのですが夜中に目が覚める確率が高くなって、眠りの質が悪く疲れがとれませんでした。
そこで寝酒の代わりにノンカフェインのハーブティーを飲むことを試してみました。
しばらくは物足りない日々が続きましたが、慣れるものでハーブティーを飲むことで得られるホッとする感覚が定着して習慣にすることができました。
温かいハーブティーを飲むことで朝起きた時に胃がスッキリする感覚があり、朝食がしっかり食べれるようになったので、寝酒を頑張って止めてみて良かったです。

カフェイン系の飲み物もやめた

30代女性「ty」さん
以前は350ml缶のチューハイを毎日最低1本以上飲んでいました。
ですが、カフェオレ・紅茶を飲むのをやめてからは寝酒に頼らずとも自然に眠れるようになりました。
チューハイと同様カフェインにもやや依存していた事になかなか気づかなかったのですが、自分の生活を改めて見返してみると時間関係なくカフェインを摂取していたのです。
寝酒をやめてからは、毎朝の顔のむくみが無くなりシャープになった事が何よりも嬉しいです。
スポンサーリンク

早寝を心掛けた

40代男性「匿名さん。」さん
毎晩、飲んでいたお酒の量は、ビールで1L~2Lでした。
やめるために行ったことは、起きていると飲みたくなるので早く寝るようにしました。
なかなか寝付けない時は布団の中で本を読むようにしました。
結果良かったことは、お酒自体を止めることができました。
そのおかげで朝の目覚めがよくなり、体調も回復して以前よりも勢力的に活動できるようになりました。

早起きするようにした

20代女性「トマト」さん
以前の私は、寝酒に缶チューハイを毎日1本飲んでいました。
しかし、会社の同僚に「寝酒は体に悪い」と聞いたと同時に、「早起きすると調子いいよ」と聞いたので、寝酒をやめて早起きを始めてみました。
最初はなかなか寝付けない日もありましたが、徐々に慣れて早寝早起きの習慣が身についていきました。
それまでは出社時間ギリギリの7時過ぎまで寝ていたのですが、今は朝5時に起きています。
出社時間も早めて電車では座れるようになりましたし、以前よりもダルさやストレスを感じなくなった気がします。

寝る前にヨガ

30代女性「由紀子」さん
私は寝酒を少し飲もうとしても当時はグラスに5杯位飲んでいました。これでは駄目と思い私は辞める事を決めました。
寝酒を辞める為に行った事は必ず寝る前にヨガをする事です。
それを始めてから体の調子は良くなり段々寝酒を飲まなくても良くなって来たのです。
辞めて良かった事は勿論沢山有るのですが、少し体重が減り、胃のムカムカが無くなった事です。

寝る前にストレッチと筋トレ

30代女性「rinnnka」さん
毎晩寝る前に缶チューハイ1本を飲んでいましたが、体重が減らないのと朝むくむのでなんとかやめてみようと思いました。
もう少し疲れたらスルッと寝れるのかなと思い、寝酒の代わりにストレッチを10分程度と腹筋を中心とした筋トレを20分程度テレビを見ながらタラタラと行いました。
布団に入ってからは呼吸を深くする事を意識していたら自然と寝れるようになりました。
その効果か、目覚めが良くなり体が軽い感じがしました。体重も少し減ってきたのでよかったなと感じています。

まとめ(結論)

今回は『寝酒をやめる方法』をご紹介しました。色々とありましたが、ざっくり分けるとこのように分類できます。

  • 別の物を飲む:ココア・ホットミルク・ハーブティー
  • 生活習慣の改善:カフェインの摂取をやめる・早寝・早起き
  • 運動:ヨガ・ストレッチ・筋トレ

一つだけではなく、二つ三つ同時にやってみると、より寝つきが良くなって寝酒がやめられそうですね。

どれも寝酒より体に良いことばかりですので、まずは気軽にお試し感覚で始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ