一人だからこそ楽しめる!平日休みの過ごし方10選

一人だからこそ楽しめる!平日休みの過ごし方10選

サービス業や接客業で働いていると、どうしても平日の休みが多くなりますよね。しかし、土日休みの友人は仕事のため、必然的に一人で過ごすことになってしまう方が多いと思います。

そこで今回は、一人での平日休みの過ごし方を10個ご紹介します。

いずれも平日だからこそ、一人だからこそ楽しめる過ごし方になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

一人だからこそ楽しめる平日休みの過ごし方

カフェ

30代女性「りんご」さん
普段あまり行かないカフェでゆっくり少し豪華なランチを楽しみたいです。
いつもは友達や会社の人と一緒に行く事が多いく、味わって食べたり出来ないので一人で行って味わって食べたいです。
そしてゆっくり読書をしながらケーキやコーヒーを飲んで日常の忙しさや時間を忘れてのんびり過ごしたいです。
優雅な時間を過ごしたいです。

パン屋巡り

50代女性「tiko3」さん
パンが好きですので、パン屋を巡りたいです。地元のパン屋を探せばかなりの数があると思います。
例えば、メロンパンやコロッケパンなどパン屋によって味が多少は違うと思うので、いろいろなパン屋のメロンパンやコロッケパンを全部買ってきます。
テレビでも見ながら家で、パンの味比べをします。
たぶん、こういうことは一生に一度しかできないと思うので、うれしくて眠れないかもしれません。

ゆっくり存分に買い物

30代女性「しろ」さん
繁華街へ出て、ゆっくり存分に買い物をします。
平日なので、ラッシュを避けて朝10時ごろから電車に乗って、街へと出かけます。
そして、いつも気になっているお店を全て回ります。
道も、お店もすいているので歩きやすいですし、気になるお店や商品をゆっくり見て楽しみながらどれを買うかを決めることが出来ます。
もし、買いすぎてしまっても、夕方のラッシュの前に帰れば、ゆったり電車に乗って座ることができるので問題ありません。

映画

40代男性「吉男」さん
今現在は家内と子供がいますので中々ゆっくりと一人きりの休日を過ごす事が出来ないでいます。
もし一人きりで休日を過ごせるなら家から車で2時間弱ほど掛かる映画館まで行って映画を見たいです。
まずは映画館が入っているパーク内の飲食店で映画のチケット購入後の上映までの待ち時間をつまみを食べながらビールをちょっと飲んで待ち、その後に待ちに待った映画を見まして、終了後はパーク内の飲食店で大好物のラーメン食べながら映画の余韻に浸って、ゆっくりとした自分だけの時間を楽しんで帰宅出来れば嬉しいです。

ヒトカラ

20代女性「あーちゃん」さん
サービス業をしているので平日休みが比較的多いのですが、私が平日休みを利用して楽しんでいるのはヒトカラになります。
カラオケは休日と比べると料金が格段に安いのと、平日昼間の方が客層が落ち着いている印象があるので、以前から時間がある時には良く利用しています。
そして何よりヒトカラはストレス発散が出来るので、まだ経験していない人にもオススメしたいです!
スポンサーリンク

ちょっとした遠出

40代女性「ayamisa23」さん
平日お休みがあったら、1人でちょっとした遠出をしてみたいです。
例えば、子どもたちの興味のない神社やお寺めぐりや、はとバスに乗って知らない東京や東京近郊を旅してみるとかすごく憧れます。
ひとりなので、誰に気兼ねすることなく、自由に行動して、自分のリフレッシュのために(スイーツを食べる等)お金を使いたいとおもいます。

水族館

20代女性「まつり」さん
もし一人で平日を過ごすのなら、水族館に行きたいです。
休日の水族館はなかなか混んでいたりしてゆっくり見れなかったりしますし、一人だと自分のペースで見ることができると思うので。
誰かと一緒だとどうしてもその人とペースを合わせないといけないですもんね。
一人でのんびり過ごすのにも水族館はちょうどいいのかななんて思います。

サロン

40代女性「dragonet」さん
平日限定のクーポンを使ってリラクゼーションサロンに行きます。
普段はなかなか挑戦できない長時間のメニューも、平日限定クーポンだと安く試せるのが嬉しいです。
休日だとなかなか予約が取れなかったり、予約していても長時間待たされることがありますが、平日だと空いているので予約も取りやすく、サロンでもゆっくり過ごせるのでとても気に入っています。

道の駅巡り

30代男性「UTO01」さん
道の駅めぐりをします。道の駅のスタンプラリーが趣味です。
平日休みに道の駅めぐりをする理由は、道が混まないので移動時間を短縮することができます。
また、道の駅のお店にも人が少ないので、ゆっくりの商品を眺めることができます。
食事も待つことなくいただけますので、とても贅沢なひと時を過ごしている感じがします。

一人キャンプ

30代男性「たくや」さん
一人でのんびりと何もしない時間を作ります。具体的には一人キャンプです。
休日のキャンプ場は混むので、静けさを味わうには人が少ない平日がピッタリです。
テントを張り、火を起こし、ご飯を作り、食事をする。そのあとは気ままに読書をしたり、ラジオを聴いたり、昼寝をしたりと優雅な時間を過ごします。
静寂の中に聞こえる鳥のさえずりを楽しみながら人生について考える、これぞ至福の時間です。

まとめ(結論)

今回は、一人だからこそ楽しめる平日休みの過ごし方を10個ご紹介しました。

いずれも休日は混んでいるからこそ、平日にゆったりと楽しめるような場所や、一人だからこそ誰にも気兼ねなく楽しめるような過ごし方でした。

視点を変えれば、やれることはまだまだあると思いますので、ぜひあなただけの平日休みを存分に楽しんで過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ