職場の意地悪な人の対処法!効果があった7つの方法

職場の意地悪な人の対処法!効果があった7つの方法

どんな職場にも意地悪な人っていますよね。嫌だからと言って簡単に転職もできませんので、なんとか上手く対処したいものです。

そこで今回は職場の意地悪な人の対処法を7つご紹介します。

7つもあれば、きっとあなたにもできる方法があると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

職場の意地悪な人の対処法

できるだけ無視をした

40代女性「はりの」さん
職場の後輩で意地悪な人がいました。
その人はとにかく気分屋だったので、機嫌が悪いと陰で悪口を言ったりわざと仕事を妨害したりしてきました。
私はかなり腹が立ちましたが、相手にしているだけ無駄だと思い、できる限り無視したり静観したりしていました。
それに対し相手はかなり驚いて後々反省したのか、ご機嫌とりをしてきました。

逆に持ち上げた

30代女性「ひとみ」さん
上司です。その上司と仲がいい方といて私がちょっと離れた所でいる時に、遠回しに私の作業内容に関しての不満を聞こえよがしに話します。
私が仲のいい人と一緒に作業しようとするとわざと別の人と組ませようとして突き放したりとあからさまな嫌がらせもあります。
そういうことをされてもそれに反応せずに、逆にその上司のことを何かのことで凄い褒めたり優しく接します。
相手の毒を食べずに優しく接すると相手はちょっと戸惑って、次は相手もちょっと優しくなったりします。

なるべく近づかない

40代男性「くれま」さん
私の会社の上司なんですが、明日休みの日にこの仕事を明日までに仕上げろと意地悪をしてきます。
今のところ対処法はなるべく社内では近付かないようにしています。
余計なことは言わないようにしています。
こうした対処法に上司は反対に機嫌良く調子をとってきます。
これがまた、気持ち悪いです。このギャップはとても怖いくらいです。
スポンサーリンク

嫌な部分には目をつぶって接していた

30代女性「ぺこ」さん
職場の同性の同僚が私に対して、わざと聞こえるように悪口を言ってくるのです。
名前こそ出しませんが、明らかに私の事だと分かる内容です。
正直腹が立ちますが、こちらから相手に対しては敵意を全く見せないようにしています。
悪口もずっと聞こえないふりを貫いていたら、最近では何も言われなくなりました。
嫌な部分に目をつぶって接していたからか、向こうも優しく接してくれるようになってきています。

周りの同情を誘った

30代女性「はる」さん
私の直属の30代前半の先輩はとにかく気分屋で、仕事中であろうと話し掛けられたら相手をしないと悪口を言いふらす女性でした。
しかしあまりに忙しい時は私も話し相手が出来ず、結局彼女を敵に回す事になってしまいました。
そこで私はあえて彼女に嫌がらせをされたり悪口を言われたりしても誰にも愚痴らずに傷ついたような困惑しているような顔や仕草を匂わせて、あえて周りの同情に期待をする事にしてみました。
すると周りが勝手に「(私)ちゃんはあの先輩にいつもいじめられて可哀想」と噂をするようになり、その先輩は居心地が悪くなったのかある日突然会社を辞めたので、私は完全勝利を確信しました。

飲み会では飲ませて上機嫌にさせる

30代男性「おでんさん」さん
他部署の課長です。飲み会とかで酔うと、嫌味なことばかり言ってきます。
仕事で地方に転職したことに対して『都落ちは気にしなさんな』などと言ってきます。とにかく酒グセが悪く意地悪です。
対処法としては、ワザとお酒をついで、課長に飲ませます。
すると課長も上機嫌になり、どんどん飲みます。
最後は酔い潰れるので、みんなで放って帰ります。

ボイスレコーダーに録音している様子を見せた

30代男性「ヨッシー」さん
私に意地悪をしてくる人は、職場の上司です。
どんな方法で意地悪をしてくるのかというと、常にこちらのなすことに対して嫌味や悪態をつきひたすらパワハラに近い行為を繰り返してきます。
それに対しての対処法ですが、最近はレコーダーに録音している姿を相手にわざと見せるようにしました。
それによる相手の反応は劇的に変わりました。
ひとまずこれによって今の所解決しています。

まとめ(結論)

今回は『職場の意地悪な人の対処法』をご紹介しました。

  • できるだけ無視をした
  • 逆に持ち上げた
  • なるべく近づかない
  • 嫌な部分には目をつぶって接していた
  • 周りの同情を誘った
  • 飲み会では飲ませて上機嫌にさせる
  • ボイスレコーダーに録音している様子を見せた

中には「これは無理」というのもあったと思いますが、いくつかできそうな方法があったと思います。もし他にも困っている同僚がいたら、助け合うという方法もあります。

一人でやるよりもみんなで対処したほうが効果もありますので、可能なら周りも巻き込んで対抗してみるのも良いと思いますよ。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ