ポジティブな人の特徴7つ!マイナスをプラスに変える発想法

ポジティブな人の特徴7つ!マイナスをプラスに変える発想法

嫌なことがあると、落ち込んだり、イライラしたりするのが人間の性(さが)です。しかし、そんなマイナスもプラスに変えて、常に前向きな気持ちで生きている方が世の中にはいます。

そういう考え方ができる方は、やはり羨ましいですよね?「自分もそんな人間になりたい」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ポジティブな人の特徴を7つご紹介します。

スポンサーリンク

ポジティブな人の特徴

切り替えが早い

30代女性「シャンプー」さん
職場の後輩で、失敗してもすぐに切り替えて何事もなかったかのように仕事をする人がいます。
レジの業務が遅くて、もっと早くできないのかお客さんに注意をされていました。
言われた当初は落ち込んでいたので、大丈夫かと心配になり、声をかけたら、今日は日曜で忙しいから仕方ないよねっと明るく返されました。
そのあとも特に気にした様子もなく、あせる様子もなく自分のペースで仕事をしている姿に、少しうらやましく思いました。

失敗しても諦めない

40代男性「蒼天に舞う魚」さん
私の父はある意味ポジティブな考え方の人だと思います。
計画とも呼べない大雑把な考えを実行に移しては失敗しますが、全く懲りずに次々と失敗します。
成功するまで失敗しますが、最終的には仕事として成立させます。
失敗しようが都合が悪くなろうが、「しようがなかった」で済ませてしまいます。
実際にその仕事に付き合わされる方からすれば迷惑極まりないのですが、それなりの実績があるので文句が言えないようです。

興味のあることに挑戦し続ける

30代女性「りんご」さん
私の義母の話です。今は定年退職をしていますが、以前は看護師の仕事をしていました。
そのせいか何に対しても前向きで難でも興味のあることには挑戦しています。
コーヒーが大好きなのでサイフォンの道具を買ってきて毎朝コーヒー豆からひいて入れたり、コーヒーの入れ方を習いたくて教室に通ったり、コーヒーに合うお菓子作りをしたりと挑戦し続けています。
どうしてかと聞くと「やりたいことはしないと後で後悔するから」と言っていました。
私はどちらかと言うとネガティブなので見習いたいと思っています。
スポンサーリンク

素直でメンタルが強い

20代女性「きゃりー」さん
私の同僚の話なのですが、ある時彼女がミスをしてしまい上司にとてつもない剣幕で叱られてしまいました。
あまりの上司の迫力に聞いているこちらが泣きそうだったのですが、彼女はあっけらかんと「叱られちゃった!でもそれも気にかけてくれてるからだよね!」と言っていて、その心の強さとポジティブさにびっくりしてしまいました。

アクシデントを楽しめる

40代男性「海大好き」さん
市バスに乗った時にたまたまそばに居合わせた他のお客さんの言葉です。
運転手がたまたまルートを間違えて遠回りしてしまって余計に時間が掛かってしまい、私は「あ~あ、余計に時間が掛かって面倒だな」と思ったのですが、そのお客さんは「少し余計にドライブできたと思えばね」と笑顔で話していたのです。
「なるほどな、そういう捉え方、考え方もあるのだよな」と私は自分の考えを恥じました。
マイナスな事が起こった時でもこういう捉え方をできる人間になりたいと思いました。
そうする事でストレスと思える事がストレスではなくなりますからね。

悩んでも仕方がないことを悩まない

30代女性「トマト」さん
私の元彼がすごくポジティブな人でした。
彼のアパートに遊びに行った時、その日は外がドシャ降りで雷の音がすごく、私は怖くて泣きそうになっていました。
そんな時、彼は私の肩を抱いて「大丈夫」と一言。「怖くないの?」と聞くと「怖くないというより、怖がっても仕方がないからね」と言っていました。
他にも、一緒に買い物に行ってレジが混んでいると私はイライラしてしまうんですが、彼は毎回「仕方ないよ」と私をなだめてくれました。
ある意味ちょっと冷めているような部分もありましたが、余計なストレスを感じないようにするところが「ポジティブだな」と思いました。

ピンチをチャンスと捉える

40代女性「まきほ」さん
その当時つきあっていた彼の話です。
就職しなくてはいけないというのに就職氷河期がやってきてしまって、誰もが就活が難航していました。
なのに、その彼は「これはある意味チャンスだと思うんだ。こんな最悪な時期に何処かへ就職できたとしたら、その後のどんな困難も乗り越えられるって思うんだよ。」と就活を楽しんでいたんです。
そして楽しむだけでなく、某有名企業に就職していきました。

まとめ(結論)

今回は『ポジティブな人の特徴』をご紹介しました。

  • 切り替えが早い
  • 失敗しても諦めない
  • 興味のあることに挑戦し続ける
  • 素直でメンタルが強い
  • アクシデントを楽しめる
  • 悩んでも仕方がないことを悩まない
  • ピンチをチャンスと捉える

ポジティブな方たちには、マイナスをプラスに変える考え方が共通しています。つまり、同じようなことが起こっても「どう捉えるか?」で気持ちの持ちようが変わってくるということです。

いきなりポジティブになろうとしてもできないのは仕方がありません。しかし、何か起こった時に「どうすればプラスになるか?」を考え続ければ、自然にポジティブな考え方ができるようになっていくでしょう。

「自分もポジティブな人間になりたい!」という方は、ぜひその思考で取り組んでみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ