会社の飲み会で気を付けたいマナー8選!押さえておくべきポイントは?

会社の飲み会で気を付けたいマナー8選!押さえておくべきポイントは?

会社の飲み会ではマナーが気になりますよね。気を付けているつもりでも、知らず知らずのうちにやらかしていないか、心配になってしまう方も多いと思います。

そこで今回は『会社の飲み会で気を付けたいマナー』を8個ご紹介します。

多いなと思われるかもしれませんが、最後にはマナーのポイントもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

会社の飲み会で気を付けたいマナー

飲み過ぎないこと

30代女性「ナミエ」さん
一番は、飲みすぎない事です。
いつもは飲みすぎないんですが、上司の勧めで断らずに飲みすぎてしまい、記憶もなくなりました。
自分ではまったく覚えてないんですが、上司に向かって散々文句を言っていたみたいで、次の日皆んなに心配されました。
慌てて上司に「すいませんでした。」と、謝りましたが、今でも気まずいまんまなんです。
なので、次からは必ず気を付けたいと思います。

吐かない!意識をなくさない!

20代女性「souso」さん
酔っ払ってしまっても、吐かない!意識をなくさない!は必ず気をつけています。
楽しく飲むことはコミュニケーションにもなっていいのですが、誰かが吐いて具合が悪くなってしまうと一気に場が白けてしまいます。
意識をなくすことも、軽い女性と思われて職場に居づらくなることも…。
一番は、きちんと自分の限界を知り、限界を超えないようにすることです。

ネガティブな発言をしない

30代女性「ミーナ」さん
泣いたり怒ったりというネガティブな感じには絶対ならないように気を付けています。
改善したい悩みや不満があるのなら、飲みの席ではない場所できちんと解決しなければならないと思います。
飲んでネガティブなことを言うと、どんなに本気で話していても「酔った勢いで言っているだけ」と誤解されてしまうこともあるし、やっぱりネガティブな話は場をしらけさせてしまうと思うので、どんなに酔っても明るく機嫌よく振る舞うように心がけています。

うかつな話はしない

30代男性「森の林」さん
私が飲み会で気を付けているのは「宗教と政治の話はしない」ということです。
これは兄から教わったことですが、「周りに誰がいるか分からないような場では、うかつな話はするな」ということのようです。
実際、前の職場の飲み会で、上司が特定の宗教をけなすような発言をした時には、その場が凍り付いたこともあります。
その出来事が起きるまで兄の話は半信半疑でしたが、それ以来より一層気を付けるようにしています。
スポンサーリンク

人に絡まないこと

20代女性「freesia1989」さん
飲み会でどんなに酔っていても必ず気を付けるマナーについてですが、絶対に人に絡まないということです。
酔って上機嫌になっている時は、饒舌になっていますし、誰かと親しく話をしたいと思いますが、上司を含めての飲み会は職場の延長線上だと思っているので、上司に馴れ馴れしくするのはもってのほかだと心に留めています。
お酒で酔うことは少ないのですが、これだけは気をつけています。

笑顔を絶やさないこと

20代女性「まい」さん
笑顔を絶やさず、どんな話でもニコニコすることです。
理由としてはそれだけで仮に飲めなくても、飲んでいる上司などは気分が良くなってくれるので勝手にいい子というイメージを持ってもらえるからです。
そこにさらにお酒が飲めたら、上司ウケはこのうえありません。
お酒を飲んで、ニコニコしているだけで仕事が円滑になるならいくらでも頑張る!と思って、飲み会に参加しています。

親しき仲にも礼儀あり

30代男性「ポン」さん
乾杯する時は、必ず自分の方がグラスを低くするようにしています。
社会人に入って最初に教えてもらった礼儀を、お酒が好きな為飲み会や会食に誘ってもらうことが多いので必ず行うようにしています。
他にも瓶ビールの時はラベルを必ず上にして注ぎ、置く時は相手側にラベルを見せるように心がけています。
親しき仲にも礼儀ありで必ず行っています。

先輩・上司の飲み物に気を配る

30代男性「morida」さん
自分よりも歳上であったり、立場が上の人の飲み物が空いた時には次の飲み物を頼みやすく声をかくたり、ついだりすることは意識しています。
その方々に対する敬意の意味もあるが、一緒に飲んでいる後輩に見せるためにも自分から率先して行うようにしています。
皆さん大丈夫だよとは言うが、実際にそそがれたり、自分の飲み物を気にしてもらって気分が悪くなる人はいないと思いますので。

まとめ(結論)

今回は『会社の飲み会で気を付けたいマナー』をご紹介しました。

  1. 飲み過ぎないこと
  2. 吐かない!意識をなくさない!
  3. ネガティブな発言をしない
  4. うかつな話はしない
  5. 人に絡まないこと
  6. 笑顔を絶やさないこと
  7. 親しき仲にも礼儀あり
  8. 先輩・上司の飲み物に気を配る

ざっくり分けると、1~5番が『他人の迷惑になること・白けるようなことをしない』6~8番は『楽しく飲んでもらうための他人への気遣い』この2つがマナーのポイントです。

「ちょっと難しいな」と思われるかもしれませんが、基本的に『自分がしてほしくないことは人にもしない』『自分がしてもらって嬉しいことは人にもしてあげる』この2つを意識するだけでもできるようになりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ