昼食後の眠気対策8選!職場でもできる意外な方法とは?

昼食後の眠気対策8選!職場でもできる意外な方法とは?

昼食後に襲ってくる眠気はツラいですよね。普段から睡眠時間を十分に取っていても、食後に眠くなってしまうという方は多いと思います。

そこで今回は、職場でもできる『昼食後の眠気対策』を8つご紹介します。すぐにできる方法もありますので「まさに今眠い!」という方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

昼食後の眠気対策

いっぱい食べないこと

30代女性「しろ」さん
まずは、昼食をお腹いっぱいに食べないことです。
腹八分目にさえ届かないところで、食べることを控えておき、そして内容も野菜中心にして血糖値が上がり過ぎないようにします。
お腹いっぱいに食べると眠くなりますし、ごはんやうどんなどの炭水化物は糖分が多く、血糖値が上がり過ぎることが原因で眠くなると聞いたので、こういった対策を取るようになりました。
そして、効果は出ています。
しかし、たまにはお腹いっぱいに食べたいとかカレーを食べたいとかありますし、無理に我慢するとストレスになるので、その辺りのバランスを取ることが難しいのが、デメリットだと思います。

昼寝

20代女性「freesia1989」さん
お昼ご飯を食べた後はどうしても眠くなりがちですが、私の会社ではお昼時間には消灯し、食後のお昼寝時間があります。
私は食事後 15分くらい目を閉じているのですが、それだけでも頭がスッキリし眠気を我慢するよりよっぽど良いと思います。
目を瞑るだけでも寝るのと同じ効果があると聞いたことがあるのですが、お昼寝タイムを通じてこのことは本当だなと確信しました。
お昼寝があると午後からの作業も効率いい気がします。
食後の昼寝タイム、非常にお勧めです。

冷たいコーヒー

20代女性「冷たいくま」さん
眠くなったら立ち上がって軽く身体を伸ばして、氷の入った冷たいコーヒーを飲みます。
コーヒーの苦さと氷の冷たさがいい刺激になり、目が覚める気がします。
眠気が残る場合は、氷を口に含ませなめると、より効果が上がり気分がすっきりとします。
デメリットは、氷が必要という点です。そして、寒い冬には向きません。
暑い夏にぴったりな方法です。

ガムをかむ

20代男性「いるか」さん
私が職場で実践している眠気対策法は、ガムを噛むこととコーヒーを飲むことです。
まず、コーヒーにはカフェインが含まれていて眠気がなくなると言われています。実際にコーヒーを飲むことによって効果もありました。
次にガムを噛むことです。
食事中に寝る人がいないのと同様で常に口を動かし続けていれば眠気も吹っ飛びます。
逆にガムを噛んだまま寝れる人には効果はないと思いますが、そんな人はほぼいないと思います。
スポンサーリンク

顔を洗う

20代男性「のりお」さん
私は昼食後眠くなるのは気合が足りていないからだと思っているので、私は少し眠くなった時には席を立ちお手洗いで顔を洗うようにしています。
冷たい水で顔を洗うと一時的かも知れませんが気分がしゃきっとして眠気を覚ますことができるので、このようにしています。
おそらく、席から離れてお手洗いまで歩くという行為も体を動かす行為なのでこちらも眠気を覚ますのに有効なのかもしれません。

軽く運動をする

40代男性「O.T.」さん
眠気が起こるのは脳への血液循環が不十分なために起こると聞いたことがあるので、食事をとってある程度時間が経った後軽い運動をしたり散歩したりして血液循環を良くするようにしています。
それでもだめなら窓を開ける、ストレッチをする、ガムを噛むという方法を取りますが、眠気が襲ってくるときはひざ裏の薄皮をきゅーっとつねると目が覚めることもあります。
でも、昼食後に軽く運動をするのが一番効果があったと思います。

積極的に電話を取る

20代女性「piii」さん
コーヒーを飲みながら積極的に電話を取るのが、いつも行っている眠気対策です。
最初は、コーヒーを飲むだけしか行っていませんでしたが、率先して電話に出るようになり、「声に出して話す」という行為が目を覚ましてくれます。
しかし、昼休み明けの眠気の強さがピークの時は、電話口での言葉が、眠気の影響で聞き取れなかったりと、相手に迷惑をかけてしまうこともありました。
この眠気対策を始めてから、他の時間帯にも電話を取るようになったり、電話対応のスキル向上といった効果も出ているので、これからも続けていきたいです。

最終的には立って仕事をする

30代女性「チョコのりまき」さん
事務でパソコン入力が主な仕事なので、座って仕事をしていると眠気に襲われます。
その時は、まず姿勢を正してストレッチをします。
一瞬目は覚めますが少しするとまた戻ってしまうのでその時は、自分で頬をつねります。
かなり間抜けな見た目になりますが効果はあります。
それでもダメな時は最終的に立ちながらパソコンを打ちます。
仕事はしづらいですが確実に目は覚めます。

まとめ(結論)

今回は、職場でもできる『昼食後の眠気対策』をご紹介しました。

  • いっぱい食べないこと
  • 昼寝
  • 冷たいコーヒー
  • ガムをかむ
  • 顔を洗う
  • 軽く運動をする
  • 積極的に電話を取る
  • 最終的には立って仕事をする

昼寝やガムはどこの職場でもできることではありませんが、食べる量を減らしたり、顔を洗ったり、ちょっと体を動かしたりするのは、わりとどんな職場でもできるはずです。

また、一つだけでなく組み合わせて行えば、より眠気も抑えられると思いますので、ぜひ色々と試してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ