朝シャワーの7つのデメリット!「やめて良かったな」と思ったことは?

朝シャワーの7つのデメリット!「やめて良かったな」と思ったことは?

なんとなく「朝シャワーを浴びるより、夜にお風呂に入ったほうが良いのかな」と思っていても、いざ生活習慣を変えるのは面倒ですよね。特に仕事で疲れて帰ってきた後は「お風呂に入る時間があるなら、早く寝たい」と思ってしまう方も多いでしょう。

そこで今回は『朝シャワーのデメリット』と題して、「以前は朝シャワー派だった」という方たちの体験談を紹介します。

朝のシャワーをやめた理由や、やめて良かったことなども教えてもらいましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

朝シャワーの7つのデメリット!

髪がパサつく

30代女性「ケイ」さん
高校を卒業し一人暮らしを始めてから約10年間、ほぼ朝シャワーを浴びる派でした。
やめた理由は、結婚に伴い一人暮らしではなくなったからです。
結婚後は毎朝のお弁当作りや家事等で、朝シャワーを浴びる時間は全くなくなりました。
また、主人が夜お風呂に入る派だったことも理由の一つです。
やめて良かったことは、髪の毛がしっとりさらさらになったことです。
朝のシャワーだった頃は髪がパサついてしまったり、半乾きのまま仕事へ向かったりしていました。
夜お風呂へ入って寝る方が髪のケアのためには良いのではないかと思います。

脂質を落とし過ぎる

40代男性「まさる」さん
朝のシャワーをやめた理由は、頭皮や身体全体の皮膚にある、脂質を落とし過ぎる可能性を感じたからです。
例えば、身体や頭が痒くなる事が増え、乾燥肌気味になっていた為、これは朝シャワーの影響かもと思い、それ以降夜1回の入浴のみです。
やめて良かったのは、身体や頭の痒みが減った点です。
頭も洗い過ぎると、抜け毛の原因にもなるので、頭皮の環境を整える為にも良かったと思います。

朝の時間は貴重

40代女性「招き猫」さん
朝のシャワーをやめたのは朝の時間をもっと他のことに使うことにしたからです。
出勤前の朝の時間は貴重ですがシャワーを浴びるより食事をしっかりしてトイレに行くことを優先するようにしました。
朝のシャワーの時間を食事とトイレに使うようにしたことで便秘が改善され体調が良くなりました。
便秘改善のためには朝、ゆっくりトイレに行く時間が必要不可欠だと実感しました。
スポンサーリンク

ダルくなった

30代男性「森の林」さん
一人暮らしを始めてからは、夜にお風呂に入るのが面倒で、朝シャワー派になりました。
しかし、会社に行くと、なぜかいつもダルさを感じるように。
仲の良かった上司に話したら「たぶん疲れが抜けてないんじゃない?夜のほうがいいよ」と言われ、夜にシャワーを浴びるようにしました。
すると、徐々に朝感じていたダルさも、あまり感じなくなっていきました。
今思うと、疲れていたから早く寝ていたのに、それが疲れの抜けない原因だったんですね。

寒い冬は危険

20代女性「ごりぺち」さん
冬の寒い朝にシャワーを浴びたとき、血圧の関係で倒れてしまいそれ以来朝のシャワーをやめました。
調べてみるとヒートショック現象という症状らしいです。
私の場合、すごい動機を感じたあとクラクラしてしまい立っていられない状態でした。
もう2度と同じ経験はしたくないためやめました。
やめてよかったことは、時間に余裕ができたことです。

お金がもったいない

50代男性「シャワーの如くお金が流れてく」さん
夏の朝は、起きた時に、朝シャワーをやっていました。
暑い夏には、最高の目ざめであり、気分も一新して、さあ今日も一日頑張ろうと思いました。
それを5月~9月にかけてやっていたのですが、気が付いたのは、そのときの水道のお値段の高さです。
気持ちがいいものだから、20分くらい浸っていたのですが、これだと毎日、風呂ガマ一杯分の水をドブに捨てているので、お金がもったいないと思うようになりました。
とにかく、お金です。それしかありません。

電車でまた寝るから目覚める意味がない

30代男性「ガチャピン」さん
朝シャワーだと目がさめる感じだったのですが、朝の時間やバスタオルを洗濯機に朝かける時間が惜しくて、シャワーは夜にしました。
まず狙い通り朝の時間にゆとりが出来るようになったのはとても大きいです。
考えてみれば目が覚めても覚めなくてもすぐに電車に乗るので座れれば寝てしまうし、あまり朝浴びる事のメリットもなかったなと、今になって思います。

まとめ(結論)

今回は『朝シャワーのデメリット』をご紹介しました。

やめてからは、やはり「時間に余裕ができた」という方が多いようです。また『疲れていたから早く寝ていたのに、それが疲れの抜けない原因だった』という方もいらっしゃいました。

ですから、同じように「実は朝のシャワーって良くないかも」と思っている方は、試しに一度やめてみてもいいかもしれませんよ。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ