早く寝るようになって感じたメリットは?早寝実践中の7人の体験談

早く寝るようになって感じたメリットは?早寝実践中の7人の体験談

「早く寝てみようかな」と思っても、いざ実践するのはちょっと悩みますよね。早く寝てしまうと、なんとなく自由な時間が減ってしまうような気がする方も多いと思います。

しかし、仮に自由な時間が減ったとしても、それを上回るメリットがあれば、早寝をする価値は十分あると言えるでしょう。

そこで今回は、早寝実践中の7名の方に「早く寝るようになって感じたメリット」について聞いてみました。

メリットがあると分かれば、早寝もしやすくなると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

早く寝るメリットは?

目覚めが良く、仕事の集中力も上がった

30代女性「みどり」さん
以前は深夜2~3時に寝ていて今は23~24時には寝ています。
やはり夜更かしは健康に良くないし睡眠はとても大事なことだからと意識し始めたのがきっかけです。
なかなか眠れないのですが私は音楽を聴きながらだと歌やメロディの心地で気持ちよくなりウトウトしてくるので音楽を聴いて早寝してました。
メリットは朝の目覚めが気持ちいいこと。仕事の作業の集中力が上がったことです。

朝スッと起きれるようになり、体も軽くなった

20代女性「MN」さん
以前は23時~0時の間に寝ていたのですが、朝起きる時に目覚ましがなっても中々起きる事が出来なく、早く寝るように心がけるようになりました。
今では21時には布団の中に入るようにしています。
早く寝るようになってからは目覚ましがなったらスッと起きる事ができるようになり、起きたときも嫌な気分ではなくスッキリとして体が軽くなったように感じます。

朝食が食べられるようになって、朝から活動的になった

30代女性「グリーン」さん
以前は深夜1時ころまで起きていましたが、体調不良を感じてから23時には寝るようにしています。
以前は朝9時に起きていましたが、今は朝7時頃には起きています。
前は朝全く起きれませんでしたが、早く寝るようになってから朝起きるのが苦ではなくなりました。
朝食がとれるようになったので、朝から活動的になれたのが一番良いことだと感じています。
スポンサーリンク

疲労の回復具合が格段に違う

30代女性「まる」さん
現在、11時に寝るようにしています。以前は1時から2時に寝ていました。
早寝をして良かったことは、まとまった睡眠時間が確保できることと、翌朝の疲労の回復具合が格段に違うことです。
早寝を始める以前は朝の食欲もなく、朝食を抜くこともしばしばありましたが、現在は朝食をおいしく食べることができ、頭の回転もよくなったように感じています。
良いことばかりなのでこれからも続けていきます。

日中に余裕のある時間を過ごせるようになった

30代女性「さきママ」さん
以前は深夜1時~2時に寝るのが当たり前だったのですが、子供の幼稚園が始まるのに早起きをしなければならないのをキッカケに、0時前(23時前後)には寝るようになりました。
早寝をすると、当たり前ですが、ある程度朝早くにスッキリ起きれるようになりました。
そして、子供を起こす前に既に洗濯等が早めに終えることができて、日中に余裕のある時間が過ごせるようになったので、良かったと思っています。

肌の調子が良くなって、仕事の効率も上がった

30代女性「みさと」さん
私は、家事や育児の合間に自宅でライターの仕事をしています。
以前は、子どもが寝た後、深夜の時間帯に仕事をすることが多くあり、寝るのはだいたい夜中の2時半くらいだったのですが、あるとき夜中に目を覚ました子どもが、布団に私がいないことに気付いて大泣きしてしまうことがありました。
そのときに「夜中に布団からいなくならないで」と泣いて懇願されたことがきっかけで夜中に仕事をするのをやめ、子どもと一緒に夜の9時には眠り、翌朝4時に起きて、仕事をするようになりました。
その結果、夜中に仕事をするよりも効率が格段に上がった他、早寝をすることで肌の調子も良くなり、一石二鳥の結果となりました。

子供の生活パターンも良くなった

30代女性「かなやん」さん
以前は12時から1時の間に寝ていましたが、子供が生まれてからだんだんと寝る時間が早くなりました。
今では早い時は9時半、遅くても11時には寝ています。
遅く寝ていた頃は、子供も一緒に遅くまで起きてしまっており、なおかつ夜泣きもひどいものでした。
今では子供は8時から9時の間には寝ています。
早寝をするようになって1番良かったのは、子供の生活パターンが整えられたことです。
寝る時間を早くしたことで自然と起きる時間が早くなり、こちらが起こさなくても毎朝6時頃に起きれるようになりました。
それに伴ってか、夜泣きもなくなりました。

まとめ(結論)

今回は、早寝実践中の方に聞いた「早く寝るようになって感じたメリット」をご紹介しました。

やはり朝の目覚めが良くなったという方が多いようでしたが、それに伴って、主にこのようなメリットが挙げられていました。

  • 疲労回復
  • 仕事の効率・集中力アップ
  • 朝食が食べられる
  • 日中に余裕のある時間が過ごせる
  • 子供の生活パターンの改善

ちなみに、このサイトの管理人自身も、2017年に入ってから早寝早起きを実践中です。

僕にとっては早く寝ることよりも「どうやって早く起きるか?」が課題でした。そんな僕でも早寝早起きが続けられるようになった方法をこちらで解説していますので、よろしければ参考にしてみてくださいね。
⇒ 早起きする方法!誰でもできる二度寝防止のコツとは?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ