木村庄之助が空位なのはなぜ?式守伊之助の昇進はいつ?

木村庄之助が空位なのはなぜ?式守伊之助の昇進はいつ?

大相撲の行司の最高峰は木村庄之助(きむらしょうのすけ)ですが、2015年3月場所に37代目が引退して以降、庄之助が空位となって2年が経とうとしています。

庄之助の引退後は、数場所は空位になることはありますが、2年間も空位のままというのは、これまで例がありません。

木村庄之助には式守伊之助(しきもりいのすけ)を経て昇進するとされていますが、今の40代伊之助が昇進できるのはいつになるのでしょうか?

今回はまず、木村庄之助と式守伊之助という行司が「大相撲の中でどんな存在なのか?」についての解説から書いていきます。

スポンサーリンク

木村庄之助と式守伊之助の階級は?

力士に番付があるのと同様に、行司にも番付(階級)があります。

序ノ口格から8つの階級に分かれており、一番上である立行司(たてぎょうじ)は木村庄之助と式守伊之助の2名だけです。

幕下格以上の行司には「年に◯回以上差し違えをすると降格」という規定がありますが、立行司は『成績評価の対象より除外』とされています。(※差し違え:勝敗の判定を間違うこと)

つまり、立行司には「降格がない」ということです。

大相撲では横綱にも降格がなく、「負け越したら引退」とも言われていますが、立行司も「差し違えをしたら腹を切る」という覚悟で行司を務めており、左の腰には脇差しを差しています。

もちろん差し違えをしても実際に切ることはありませんが、進退伺いを協会に提出するようです。

ですから、降格のない立行司は、力士では横綱とも言える存在です。

しかし、庄之助のほうが伊之助よりも格上とされているため、木村庄之助だけが行司の横綱と言われることもあります。

では、そんな2人の立行司にはどんな違いがあるのでしょうか?

木村庄之助と式守伊之助の違い

行司は階級によって衣装や身につけるものが変わっていきますが、木村庄之助と式守伊之助は、房や菊綴の色が違います。庄之助は「総紫」で、伊之助は「紫白」となっています。

そして、一番の違いは裁く取組です。庄之助は結びの一番のみなのに対し、伊之助はその前の二番を裁きます。

ちなみに横綱にも東・西と番付がありますが、場所ごとに成績によって変わることもありますし、結びの一番を取るのは順番で毎日変わっていきます。

ですから、裁く取組が毎回決まっている庄之助と伊之助の違いというのは、それだけ絶対的であり、これが庄之助のほうが格上とされている理由と言えるでしょう。

ただし、2017年3月現在は木村庄之助が空位となっているため、式守伊之助が結びの一番と、その直前の取組を裁いています。

では、なぜ現在は、木村庄之助の地位が空位になっているのでしょうか?

スポンサーリンク

木村庄之助が空位になっているのはなぜ?

40代式守伊之助は、2013年の11月場所より立行司を務めています。

しかし、立行司となってから2度の土俵下への落下と、3場所連続4度の軍配差し違えをしており、これが庄之助に昇進できない理由と言われています。

差し違えに関しては先に解説した通りですが、行司は邪魔にならない場所でしっかり勝負を見届けて判定するのが仕事ですから、土俵下への落下というのも評価の対象となってしまうのです。

また、現在三役格行司は4名いますが、この4名も差し違えや土俵進行の面で審判委員からたびたび注意を受けていることから、この中から次期41代伊之助の候補を選ぶことに慎重になっているとも言われています。

次の伊之助がいなければ、今の伊之助が木村庄之助に昇進できないというわけではありませんが、庄之助は結びの一番しか裁きません。

つまり、40代伊之助が38代庄之助に昇進すれば、結び前の取組は三役格行司4名の中の誰かが裁くことになりますので、協会理事はその辺を不安視しているということなのでしょう。

式守伊之助が木村庄之助に昇進するのはいつ?

40代式守伊之助は、37代木村庄之助が2015年3月場所に定年で引退してから、一人で立行司を務めてきました。(※行司は65歳で定年となります)

伊之助と庄之助の、両方の仕事と役割、プレッシャーを一人で背負い続けてきました。

3場所連続で差し違えをしてしまったのも、立行司が一人だけとなってから「2015年9月場所~2016年1月場所」のことです。

ですから、相撲協会としても、このままで良いとは思っていないでしょう。

ちなみに、行司の昇進は毎年9月場所後に開催される理事会で決定し、1月場所より適用されることが多いようです。

伊之助が差し違えをしてから1年以上経過しましたので、今年(2017年)は「そろそろ昇進するのでは?」とも言われています。

相撲界は今、19年ぶりに日本出身横綱が誕生して盛り上がっていますが、今年はもう一つの不在が続いている『木村庄之助への昇進』にも期待したいですね。

【関連記事】
行司になるには?給料と階級や仕事内容について解説!
「はっけよい のこった」の意味とは?行司の掛け声をまとめて解説!

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ