「探す」と「捜す」の違いや使い分け!「人をさがす」はどっち?

「探す」と「捜す」の違いや使い分け!「人をさがす」はどっち?

『捜す(さがす)』は、読めても書くことが少ない漢字ですよね?

ですから、普段は何にでも『探す』を使っている方が多いと思いますが、意外に『捜す』も、日常の場面に関係している言葉だったりします。

今回は『探す』と『捜す』の違いや使い分けについて解説していきます。

スポンサーリンク

『探す』と『捜す』の意味の違い

『探す』と『捜す』の意味を調べてみると、このように書かれていました。

  • 「探す」は“手に入れたいものを見つけ出す”の意。「下宿を探す」「仕事を探す」
  • 「捜す」は“失ったものなどを見つけ出す”の意。「落とした財布を捜す」「犯人を捜す」

出典:weblio辞書

補足として、このようにも分けられます。

  • 探す:欲しいもの、必要なもの
  • 捜す:なくしたもの、見えなくなったもの

この違いが分かれば、辞書で解説されている「下宿」と「仕事」は『探す』ですし、「落とした財布」と「犯人」は『捜す』というのも理解しやすいでしょう。

しかし、「落とした財布」ではなく、単に「財布をさがす」と書く場合には『探す』とも『捜す』とも書きます。

また、同様に「人をさがす」「家さがし」の場合も、両方の漢字を使うことがあります。

では、この場合はどのように使い分ければ良いのでしょうか?

スポンサーリンク

「探す」と「捜す」の使い分け

財布を”さがす”

「財布を捜す」と書くのは、先ほど解説したように、すでに持っている財布を落としてしまった場合や、無くしてしまった場合などです。

しかし、「財布を探す」と書けば、自分用やプレゼント用に新しい財布を探す、という意味が当てはまります。

ですから、友人や恋人に「今度の休日、財布さがすのに付き合って」とラインで送る時は『探す』が適切です。

『捜す』と書いてしまえば、相手には「何のん気なこと言ってるのっ!」と思われてしまいますからね。

人を”さがす”

「人を探す」には求人の意味があります。

求人広告などで「◯◯の経験者を探しています」という文言を見たことがある方も多いでしょう。

対して「人を捜す」には捜査捜索という意味があります。

先ほどの「犯人」以外にも「行方不明者」や「遭難者」をさがす場合も捜索と言いますので、『捜す』を使います。

家”さがし”

新しく住む家をさがす場合には「家を探す」と書きますが、「家探し(いえさがし)」と書くこともあります。

対して、家が消える・隠れる・見えなくなるというのは一般的ではありませんので、「家を捜す」という言葉が使うことは、ほぼないでしょう。

しかし「家捜し」という言葉はあります。これは、家の中をくまなく捜すという意味で『やさがし』と読みます。

あまり使う機会はないかもしれませんが、小説などでは使われていることもありますので、 意味と読み方は今回をきっかけに覚えておいてくださいね。

まとめ

今回は『探す』と『捜す』の違いや使い分けについて解説してきました。

基本的には「何をさがしているのか?」という目的で、『探す』と『捜す』は使い分けられています。

  • 探す:下宿、家、仕事
  • 捜す:犯人、行方不明者、遭難者

ただし、財布のようにどちらの漢字も当てはまり、「どんな◯◯なのか?」によって使い分けるものもあります。

  • 探す:新しい財布
  • 捜す:落とした財布

ですから、どちらが適切なのか?悩んだ際には、『探す』と『捜す』の意味の違いを理解して使い分けられるようになりましょう。

  • 探す:欲しいもの、必要なもの
  • 捜す:なくしたもの、見えなくなったもの
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ