大相撲のイス席の値段について!イス席だけのメリットとは?

大相撲のイス席の値段について!イス席だけのメリットとは?

大相撲は4つの会場で開催されていますが、いずれの会場でも2階にあるのがイス席です。しかし、一口にイス席とは言っても、会場ごとに値段やランクが異なります。

そこで今回は大相撲のイス席の値段や、イス席だけのメリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

大相撲のイス席の値段について

大相撲のイス席はA・B・Cとランクが分かれていますが、それぞれの値段はこのようになっています。(いずれも一人用)

東京 大阪 名古屋 福岡
A 8500円 6900円 4900円 4900円
B 5100円 5600円 3300円 3200円
C 3800円 3800円 なし 2300円

また、東京場所の両国国技館では、ファミリー/シニア向けのお得な割引セットも用意されています。いずれも4人用1セットです。

  • A席:20800円
  • B席:15600円

さらに大阪場所ではマス席Cよりも値段が高いイス席SSを含め、他にもたくさんの種類があります。

  • SS席:9800円
  • S席:8800円
  • D席:3100円
  • 車椅子席:3100円(介助者1名分を含む2枚1組)

特に大阪場所のイスSS席は非常に見やすいようで、大相撲中継の解説でおなじみの舞の海さんも、一度このイス席で観戦してみたいとおっしゃっていました。

スポンサーリンク

大相撲の自由席について

大相撲には前売りから発売されているイス席以外に、当日だけ発売されている自由席(イス)もあります。

  • 東京:2200円
  • 大阪:2100円
  • 名古屋:2900円
  • 福岡:2100円

なお、4~15歳の子供は全ての会場で自由席が200円となっています。

また、東京場所のみ50セット限定で15日間の通し券(自由席)が発売されており、こちらは20600円となっています。

自由席は当日8時から各会場の切符売り場で発売されていますが、最近の相撲人気で朝から長蛇の列ができ、特に土日は売り切れになることも珍しくはないようです。

なので、相撲観戦に行く際は「自由席だからいつでも買えるだろう」とは思わずに、なるべくあらかじめ他の座席のチケットを取ってから行くほうが無難でしょう。

イス席だけのメリット

イス席は1階の溜席やマス席よりも遠いので、見づらいというデメリットがあります。

ただし、いずれの会場も土俵を中心に角度のあるすり鉢状になっていますので、思ったよりは見やすいようです。

また、溜席やマス席は靴を脱いで座布団に座らなければいけないので、疲れやすいですし、長時間座っているとお尻が痛くなることもあるでしょう。

その点で考えると、イス席のほうが背もたれも付いていますので、どちらかと言えば疲れにくいはずです。ずっと膝を曲げて座っていることもありませんからね。

特に高齢者の方にとっては、狭い場所で座布団に座り続けているよりも、イス席のほうが楽かもしれませんよ。

まとめ

今回は大相撲のイス席の値段や種類などについて解説してきました。

イス席はどの会場も2階にありますが、会場の作りのおかげで、イメージよりは見やすいと言われています。

1階の溜席・マス席には疲れやすいというデメリットもありますので、座席を選ぶ際にはその辺も考慮しながら、イス席も候補の一つとして検討してみてくださいね。

ちなみに、他の座席やチケットの取り方はこちらで解説しています。
⇒ 大相撲の溜席とは?値段やチケットの取り方を解説!
⇒ 大相撲のマス席とは?気になる値段や3つの予約方法について解説!
⇒ 大相撲のチケットの取り方!知らなきゃ損する3つの方法

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ