「はっけよい のこった」の意味とは?行司の掛け声をまとめて解説!

「はっけよい のこった」の意味とは?行司の掛け声をまとめて解説!

相撲の行司の掛け声と言えば「はっけよい のこった」がありますが、実はこの言葉はセットではなく、それぞれ意味のある別々の掛け声です。

今回は「はっけよい」と「のこった」に加えて、行司の掛け声の意味やタイミングをまとめて解説していきます。

スポンサーリンク

「はっけよい のこった」の意味とは?

『はっけよい』の由来は諸説ありますが、「発気揚々が詰まった言葉で、力士に気を吐けと喝を入れている」という意味で解説されていることが多いです。

立ち合いで両力士が当たってからの行司の最初の掛け声が「はっけよい」で、力士が組み合って動かなくなった時も「はっけよい」と声をかけます。

対して「のこった」は、その言葉通り「まだ土俵に残っている」という意味で、押されている力士を応援する掛け声です。

ですから、両力士が動き回っている時に行司が掛ける言葉は「はっけよい」ではなく、「のこった、のこった」だけとなります。

行司の掛け声一覧

四股名を呼び上げる時

通常

大相撲では取組開始前に呼び出しが力士の四股名を呼び上げてから力士が土俵に上がりますが、力士が土俵に上がってから、今度は行司がもう一度四股名を呼び上げます。

呼び出しが四股名を呼び上げる時は「東 豪風、西 遠藤」ですが、行司は東西は言わずに「豪風(に)、遠藤」と呼び上げます。

十両最後の取組

十両最後の取組の時には「かたや臥牙丸、臥牙丸、こなた千代鳳、千代鳳」と、四股名の前に「かたや」と「こなた」が付き、さらに四股名を2回呼び上げます。

さらに四股名を呼び上げた後には「この相撲一番にて中入り(にございます)」と加えます。

三役以上

幕内でも平幕同士の取組の時は四股名を一回ずつ呼び上げますが、三役以上の取組では片方が平幕力士でも「かたや・こなた」を付けて、四股名を2回ずつ呼び上げます。

結びの一番

結びの一番の時は、四股名を呼び上げる前に「番数も取り進みましたるところ、」が加えられ、四股名を呼び上げたあとに「この相撲一番にて、本日の打ち止め」

千秋楽(15日目)は「この相撲一番にて千秋楽(にございます)」 。

天覧相撲(天皇が観戦)や台覧相撲(皇太子が観戦)では「この相撲一番にて、本日の結び」となります。

スポンサーリンク

制限時間前

相撲を見ていると、力士が何度も四股を踏んで立ち合いの動作を繰り返している(仕切り)のが気になると思いますが、それを行っている時が「制限時間前」です。

制限時間は時代によって徐々に変わってきましたが、現在は「幕内:4分、十両:3分、幕下以下:2分」となっています。

両力士の呼吸が合えば制限時間内でも取組を開始しても構わないとされていますが、制限時間前に取り組みが始まることは、ほぼありません。

そして、行司はこの制限時間前の力士の仕切りの時「かまえて」「見合うて」「油断なく」といった声をかけています。

制限時間後

行司の右後ろに座っている審判委員の親方が時計係として制限時間を計っていますが、制限時間が一杯になると、行司と呼び出しに合図が出されます。

呼び出しは力士に「時間です」と言ってタオルを渡し(十両以上)、行司も「時間です」と声をかけて、それまで半身で引いて構えていた軍配を、身体を正面にして軍配を自分の身体に寄せるようにして構えます。

これが『軍配を返す』という動作です。

立ち合い

行司が立ち合いの時に掛ける言葉は「待ったなし」「手をついて」「腰を下ろして」などがありますが、相撲の開始の合図は特になく、いつは始めるかは両力士の二人にゆだねられています。

これが「立ち合い(の呼吸)を合わせる」ということです。

つまり僕たち素人が相撲を取る時は「はっけよい のこった」が開始の合図となりますが、大相撲では全く異なるということですね。

立ち合い不十分

大相撲は、力士の両手が土俵に付いてから取組が開始されますが、二人の手が付くタイミングがズレた時は「立ち合い不十分」となります。

この時は行司が「まだまだ」と声をかけて取組をストップし、もう一度仕切り直しとなります。

廻しを直す時

取組中に力士の廻しが外れそうになった時は、行司が「まわし」「待った」と声をかけて取組を中断します。

行司は軍配を落とさないように房の部分を口にくわえて、力士の廻しを締め直します。

ですから、行司は廻しの締め方も覚えておかなければいけないということですね。

水入りの時

勝負が膠着状態となって力士の疲労が濃くなった時、取組が一時中断されることがありますが、これを「水入り」と言います。

水入りの目安は大体4~5分。時計係の審判委員から行司に合図が送られ、行司の判断で「待った」をかけます。

この時、両力士の足の位置、廻しを持っている手の位置などを取組再開時に再現するのも、行司の腕の見せ所です。

再開時には「いいか、いいか」と両力士に声をかけ、2人の廻しを行司が同時に叩いて勝負再開となります。

ちなみに水入りになるのは2度までで、それでも勝負が決まらない時には2番後に取り直しとなり、この時は再び仕切りから開始されます。

まとめ

今回は「はっけよい のこった」に加えて、行司の掛け声の意味やタイミングについて解説してきました。

一つ一つの掛け声には意味がありますが、それもしっかり使い分けながら判断力も要求されるため、やはり簡単ではないというのがお分かりいただけたかと思います。

特に「廻し待った」や「水入り」は行司の裁量に任せられる部分も大きいため、その責任も重大です。しかもこの2つはなかなか行う機会はありません。

それだけに観戦している僕たちにとっても非常に貴重な光景となりますので、もし「廻し待った」や「水入り」になった時には、いつも以上に行司の仕事に注目してみてください。

ちなみに行司の気になる給料などについては、こちらで解説しています。
⇒ 行司になるには?給料と階級や仕事内容について解説!

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ