行司になるには?給料と階級や仕事内容について解説!

行司になるには?給料と階級や仕事内容について解説!

行司の仕事と言えば、華やかな衣装を身にまとって、土俵上で取組の進行を行うこと。これは誰しも分かることですが、取組を裁く以外にどんな仕事をしているのかは、ちょっと謎ですよね?

今回はそんな行司の仕事内容に加えて、行司になる方法や、気になる給料・階級について解説していきます。

スポンサーリンク

行司になるには?

行司になるには特に資格等は必要ありません。決められているのは「義務教育を修了した満19歳以下の男子であること」という条件のみです。

なので、20歳以上になってしまうと、残念ながら行司になることはできませんが、19歳以下の男子が希望すれば、必ずなれるというわけでもありません。

行司は規定で45名と定員が決められているので、定員に空きがでないことには、新しく採用することができないのです。

また、公募をされることもなく、実際は相撲関係者の知り合いのツテによることが多いようです。

ですから、もしあなたの息子さんが「行司になりたい」と言っているなら、まずは行司に空きができそうかどうかを調べておく必要があります。相撲関係者とのツテが必要なので、地元出身力士の後援会などに、まずは相談してみるのも良いでしょう。

もしくは相撲部屋の見学に行って、その時に相談してみるのが一番の近道かもしれませんね。行司が所属している相撲部屋に行けば、直接相談できるチャンスもあると思います。

行司の所属部屋一覧は相撲協会のホームページで紹介されていますので、参考にしてみてください。
⇒ 相撲協会の「行司一覧」ページ

行司の階級と給料について

相撲界には力士に番付があるのと同じで行司にも階級がありますが、その階級と給料一覧がこちらです。

階級 給料
立行司 40万~50万円未満
三役格行司 36万~40万円未満
幕内格行司 20万~36万円未満
十両格行司 10万~20万円未満
幕下格行司 4万2千~10万円未満
三段目格行司 2万9千~4万2千円未満
序二段格行司 2万~2万9千円未満
序ノ口格行司 1万4千~2万円未満

いかがでしょうか?幕下格以下のうちは、金銭的には非常に厳しい感じがしますよね。

しかし、実はこれとは別に行司には毎月手当が支払われており、序ノ口格行司の初任給でも12万6千円がプラスされます。

手当は行司の能力や成績、物価などの社会情勢に合わせて理事長が決めるので、どのように上がっていくのかは不明ですが、少なくとも先ほど紹介した「給料+12万6千円」は貰えるということです。

そこであくまでも推測ですが、毎月の手当を含めた行司の給料は、このようになると考えられます。

階級 給料(手当含む)
立行司 52万6千円~
三役格行司 48万6千円~
幕内格行司 32万6千円~
十両格行司 22万6千円~
幕下格行司 16万8千円~
三段目格行司 15万5千円~
序二段格行司 14万6千円~
序ノ口格行司 14万円~

また、さらに行司には一場所ごとに装束補助費が支給されています。

階級 装束補助費
立行司 5万円
三役格行司 4万円
幕内格行司 3万円
十両格行司 2万5千円
幕下格以下 2万円

行司の最高格である立行司になっても、力士の十両以上の給料を貰うことはできなさそうですが、幕下以下の給料よりは安定していると言えるでしょう。
⇒ 大相撲の力士の人数って何人位いるの?気になる給料は?

行司もそれぞれ所属している部屋はありますが、身分はあくまでも日本相撲協会の職員ですので、待遇面は保証されているようですね。

スポンサーリンク

行司の昇進と年齢について

行司の昇進については、毎年9月場所後に行われる番付編成会議で審議された後、理事会で決定し、翌年1月から適用されます。

土俵上の判定・態度・声などに加え、指導力や普段の勤務態度などを総合的に見て、昇進が判断されているようです。

また、幕下格と十両格は年9回以上、幕内格と三役格は年6回以上差し違えをすると一枚降格になると規定されており、先輩行司を追い越しての昇進もありえます。

ですから、行司の階級は年功序列にはなっていませんが、一応それぞれの階級と平均年齢などをまとめてみましたので、一応目安として参考にしてみてください。
(※2017年3月場所時点でのデータを基にしています)

人数 年少 平均年齢 年長
立行司 1名 57歳 57歳 57歳
三役格行司 4名 53歳 55歳 57歳
幕内格行司 8名 42歳 46歳 51歳
十両格行司 10名 38歳 40歳 44歳
幕下格行司 7名 25歳 28歳 33歳
三段目格行司 3名 23歳 24歳 25歳
序二段格行司 3名 19歳 20歳 21歳
序ノ口格行司 5名 16歳 16歳 17歳

こうして見てみると、年功序列ではないとは言っても、昇進は経験によるところが大きいので、大体年齢順になっているように見えますね。

また、行司になる条件として「19歳以下」というのがありますが、序ノ口格行司の年齢を見ると、中学卒業後に入門している方が多いと予想されます。

ちなみに、幕内の取組を裁いている行司だけを見ていると分かりづらいですが、幕下以下の土俵に上がっている行司を見ると、階級の違いは一目瞭然です。

軍配や衣装の房(紐の部分)の色や、衣装の素材、身に付けているものなどにも違いがありますが、一番分かりやすいのが足元です。

十両格以上は白足袋、三役格以上は白足袋に草履を履いているのに対して、幕下格以下の行司は素足で土俵に上がっています。

普段はなかなか幕下以下の取組を見る機会はないと思いますが、千秋楽の日には、十両の取組後に幕下以下の優勝決定戦が行われることが多いので、ぜひその時にでも注目してみてくださいね。

行司の仕事

本場所中の仕事

本場所中の行司の仕事は土俵上で取組を裁くだけではありません。

大きく分けると二つの仕事がありますが、まず一つが場内放送です。

テレビで中継を見ていても、マイクを使って力士の紹介や決まり手の発表をしているのが聞こえる時がありますが、その声の主が実は行司だったのです。

そしてもう一つが審判部の書記としての仕事で、番付編成会議や取組編成会議に出席して、決まった番付や取組を書きます。

つまり、あのお馴染みの番付表を書くのも行司の仕事ということです。

また、こちらは一般的にはなじみがありませんが、「顔ぶれ」と呼ばれる幕内以上の翌日の取組を西ノ内という和紙に、勝負結果は「巻き」と呼ばれる西ノ内の巻物に記すのも、行司の仕事です。

ちなみに行事の土俵の上での仕事はこちらで解説していますので、合わせて参考にしてみてください。
⇒ 「はっけよい のこった」の意味とは?行司の掛け声をまとめて解説!

普段の仕事

本場所中は取組と会場を進行し、審判部の書記としての仕事がある行司ですが、場所がお休みになっている普段も、もちろん仕事はあります。

行司も部屋に所属していますので、部屋の掃除や番付を発送するための宛名書きなど、部屋の総務的な仕事を行っています。

また、まだ若い行司はゆくゆくは番付表を書けるようになるために相撲文字の稽古に励み、先輩行司はその指導にあたっています。

さらには自分の自由な時間を削って、過去の取組などを見ながら土俵上の所作も覚えていかなければいけません。

力士は普段から壮絶な稽古に励んでいますが、それと同じように、行司も相撲界を支えるために、裏方として普段から大忙しなのがよく分かりますね。

まとめ

今回は相撲の行司の給料や階級、仕事内容について解説してきました。

本場所中は力士と一緒に土俵に上がり、華やかな世界で活躍している行司ですが、その裏側では厳しい修行があってこそです。

しかし、給料も安定して待遇面も保証されていますので、相撲好きな若者にとっては魅力的な仕事の一つと言えるでしょう。

ちなみに、呼び出しと床山についてもまとめていますので、合わせて参考にしてみてくださいね。
⇒ 相撲の呼び出しの給料について!意外に多いその仕事内容とは?
⇒ 床山になるには資格が必要?給料や階級について解説!

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ