照ノ富士の経歴と過去の成績をチェック!膝の怪我の具合はどうなの?

照ノ富士の経歴と過去の成績をチェック!膝の怪我の具合はどうなの?

照ノ富士(てるのふじ)は未来の横綱として期待されているものの、最近は膝の怪我の影響で苦しい場所が続いていますね。

今回はそんな照ノ富士の経歴や過去の成績を紹介していきます。

スポンサーリンク

照ノ富士の経歴

    【照ノ富士のプロフィール】

  • 本名:ガントルガ・ガンエルデネ
  • 出身:モンゴル・ウランバートル
  • 生年月日:1991年11月29日(25歳)
  • 身長:192cm
  • 体重:185kg
  • 所属:間垣部屋 ⇒ 伊勢ヶ濱部屋
  • 取り口:右四つ
    【経歴】

  • 2009年:相撲留学で高校3年次に鳥取城北高校に編入、高校総体団体戦優勝
  • 2010年:間垣部屋に入門
  • 2011年5月場所:初土俵(当時の四股名:若三勝)
  • 2013年5月場所:間垣部屋閉鎖に伴い伊勢ヶ濱部屋に移籍
  • 2013年9月場所:新十両優勝(四股名を照ノ富士に改名)
  • 2014年3月場所:新入幕
  • 2015年3月場所:新関脇
  • 2015年5月場所:幕内優勝
  • 2015年7月場所:新大関

照ノ富士と逸ノ城の関係

照ノ富士と逸ノ城はモンゴル時代から同じ柔道道場に通っていた仲で、共に鳥取城北高校に相撲留学し、同じ寮の同じ部屋に住んでいたそうです。

そんな二人は相撲界に入門後、2015年1月と3月に場所に対戦した際、2場所続けて水入りとなっており、これは記録の残っている1980年以降では史上初の出来事になっています。

ちなみに「水入り」というのは、取り組みが長時間となって、お互いの疲れなどで取り組みが進まなくなった時に、一旦取り組みをストップすることを言います。

時計係の審判から審判長に合図が行き、さらに審判長から行司に合図が送られて水入りとなりますが、あまり頻繁に起こることではありません。

この時の水入りも、2009年5月場所の「時天空-阿覧」戦以来でした。

照ノ富士と逸ノ城は互いに右四つの相四つで、いつも立ち合い直後から磁石がひっつくように組み合って力比べになるため、取り組み時間が長くなる傾向があります。

ですから、今後も二人の取り組みでは水入りになる可能性もありますので、ぜひ注目してみてください。

スポンサーリンク

照ノ富士の過去の成績

大関昇進前

照ノ富士は初土俵から所要23場所で新関脇となっており、これは1958年以降史上9位のスピード昇進の記録のようですが、それまではあまり注目を集める力士ではありませんでした。

序ノ口・序二段・三段目はそれぞれ1場所で通過しているものの、幕下時代には2度負け越しも経験しています。

しかし、伊勢ヶ濱部屋に移籍したことにより周りの環境がガラリと変わり、稽古相手にも恵まれるようになって一気に力を伸ばしてきたと言われています。

その後も十両は3場所で通過しており、幕内に上がってからは前頭筆頭で1度上位の壁に跳ね返されるも、関取となってから大関昇進前に負け越したのは、この時だけでした。

そして、照ノ富士が一気に世間の注目を集めたのが、新関脇となった2015年の3月場所。

この場所で照ノ富士は1横綱2大関から白星を挙げる大活躍を見せ、13勝2敗の好成績で敢闘賞と殊勲賞をダブルで受賞しています。

さらに、翌5月場所でも2大関から白星を挙げて、12勝3敗の成績で初優勝を飾りました。

この年の1月場所では前頭2枚目で8勝7敗という成績だったものの、3場所合計で33勝という大関昇進の条件を満たした照ノ富士は、この関脇で2場所連続での好成績が高く評価され、見事大関に昇進したのでした。

⇒ 大相撲の大関昇進の条件について解説!なぜあの大関は昇進できたのか?

大関昇進後

大関昇進直後の2015年7月場所は11勝4敗に終わりましたが、イベントなどへの出席による忙しさもあった中でのこの成績は、相撲関係者からは高い評価を受けています。

当時の照ノ富士は「もう横綱に上がるのは時間の問題」とまで言われていました。

しかし、翌9月場所。

11勝1敗で優勝争いトップで迎えた13日目の稀勢の里戦で照ノ富士は右膝を負傷してしまい、この場所は12勝3敗で鶴竜との優勝決定戦に進んだもの敗れ、自身二度目の優勝を惜しくも逃してしまいます。

そして、この時の怪我が原因で、照ノ富士の成績は一気に低迷していきます。

翌11月場所は9勝6敗で勝ち越したものの、その後は負け越しとカド番での8勝7敗を繰り返し、かろうじて大関の地位を守っているような状態です。

2016年5月場所では、大関で13連敗という歴代ワーストとなる不名誉な記録も残してしまったのでした。

照ノ富士の膝の怪我の具合は?

大相撲中継の解説を聞いていると、膝の怪我は徐々に良くなっているという話ですが、今の照ノ富士には関脇・大関昇進時に感じたほどの強さは、残念ながら感じられません。

右膝を怪我した後には、実は鎖骨も骨折しており、さらに古傷の左膝の怪我の状態も思わしくないようです。

ですから、右膝の怪我をかばうことで他の部分を痛めてしまうという悪循環になってしまったのでしょう。

また、新聞や雑誌などのインタビューを読んでみると、弱気な発言も多くなっていますので、結果に結びつかないのは精神的な部分も原因として考えられます。

休場していればまた変わっていたかもしれませんが、過ぎたことをタラレバで話しても仕方がありませんからね。

たとえ大関から陥落したとしても、怪我さえ治れば、照ノ富士なら大関に復帰できるはずなので、個人的には「今からでも休場しても良いのでは?」と思っています。

相撲ファンとしては照ノ富士の復活を楽しみにしていますので、ぜひ早く怪我が治ることを期待したいと思います。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ