栁下浩三(角上魚類)の魚屋革命!カンブリア宮殿の感想

栁下浩三(角上魚類)の魚屋革命!カンブリア宮殿の感想

今回は角上魚類(かくじょうぎょるい)株式会社の栁下浩三(やぎした こうぞう)社長が出演したカンブリア宮殿の放送内容や感想を書いていきます。(2012年12月20日放送)

魚離れが進み、魚介類の商品量は年々減っていますが、角上魚類は右肩上がりに成長を続けているようです。番組では、その成長の背景にある3つの強みが紹介されていました。

スポンサーリンク

角上魚類の3つの強み

鮮度が良い

角上魚類は関東を中心に展開していますが、扱っている魚介類の鮮度の良さが一番の強みのようです。

関東のスーパーでは、地方の市場から出荷された魚介類が築地市場を経由して販売されているため、獲ってから1~2日経過しているのが普通です。

しかし角上魚類では、バイヤーが直接新潟の市場で仕入れたものを販売しているため、その日の朝捕った魚介類が販売されているのです。

安い

直接仕入れて販売していることで輸送にかかるコストも抑えられているので、角上魚類で販売されている魚介類は、スーパーなどよりも安くなっています。

また、そもそも高いものは仕入れないのがルールになっており、安く仕入れられるものだけを市場から大量に仕入れるのが、角上魚類の戦略です。

どんなに旬のものや定番のものであっても、仕入れ値が高ければ一切扱わない、と徹底しているようです。

スポンサーリンク

販売力

いくら安くて鮮度が良くても、客がほしいと思わなければ売れませんが、角上魚類にはそう思わせる販売力があります。

従業員はみな商品知識が豊富で珍しい魚でも客に食べ方を提案することができ、また、三枚おろしなどの下処理も無料で行ってくれます。

さらに、その日売れ残った魚介類は翌日調理して惣菜として販売するため、角上魚類の廃棄率はわずか0.05%。一般のスーパーなどでは平均が6.6%なので、この廃棄率の低さは驚異的と言えます。

そして、このように廃棄率が低いのも、角上魚類が安く販売できている理由になっているようです。

角上魚類が成功できた理由

栁下浩三社長は「ウチに買いに来る客は定番商品を求めていない」と言っていましたが、おそらくこれは逆だと思います。

つまり、客が定番商品を求めていないのではなく、角上魚類のほうが「定番商品が欲しいお客さんは来なくていいですよ」というスタンスで営業しているのです。

その代わり、鮮度が良い商品を安く揃えていてサービスも抜群に良いため、角上魚類で買い物をする楽しさを知った客が、お店に殺到しています。

そしてこれが、角上魚類が成功できた理由なのです。

まとめ

角上魚類には「鮮度・安さ・販売力」という3つの強みがありますが、この3つが揃っていたから成功できたわけではありません。

鮮度が悪ければ加工して販売することができますし、価格が高くても売れている商品は、世の中にはたくさんあります。

また、営業マンや販売員がいなくても、置いてあるだけで売れる商品や、勝手に申し込みが集まっているサービスもあります。

だからこそ「鮮度・安さ・販売力」の3つが揃っていなくても成功することはできますし、この3つが成功するための条件(理由)にはならないのです。

角上魚類が成功できた本当の理由は、この3つの強みを活かして、ファン(客)を増やしていったことにあると言えるでしょう。

⇒ カンブリア宮殿 出演者の記事一覧

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ