秋田ノーザンハピネッツの選手一覧とチームの特徴【2016-17】

秋田ノーザンハピネッツの選手一覧とチームの特徴【2016-17】

今回は秋田ノーザンハピネッツの選手一覧とチームの特徴を紹介していきます。

チームカラーはピンクで、『クレイジーピンク』と呼ばれるほどブースターの応援が熱狂的で知られているハピネッツですが、今回はそのチームの魅力に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

秋田ノーザンハピネッツの選手一覧【2016-17】

No.2:水町亮介

水町亮介選手はハピネッツ発足時からチームに在籍しており、昨シーズンまではチームのキャプテンを務めていました。

今季は控えでの出場が多くなっていますが、今なおチームを精神的に支えてくれているベテランプレイヤーです。

⇒ 水町亮介の経歴とプレースタイル!ベテランのここに注目!

No.3:安藤誓哉

安藤誓哉選手は今シーズンから秋田に移籍してきましたが、今や秋田の司令塔としてチームには欠かせない存在になりました。

24歳とまだ若く、普段は大人しい性格のようですが、コートの上では別人のようなアグレッシブなプレーが魅力的です。

⇒ 安藤誓哉の経歴とプレースタイル!秋田の司令塔のここに注目!

No.5:田口成浩

田口成浩選手はハピネッツのエースであるとともに、今シーズンからはキャプテンも務めています。

特にスリーポイント(3P)シュートの精度の高さは日本でもトップレベルで、オールスターの3Pコンテストでは、bjリーグ時代から合わせて3連覇を果たしました。

⇒ 田口成浩のここが凄い!人気日本一のプロバスケ選手の意外な経歴とは?

No.9:白濱僚祐

白濱僚祐選手は今シーズン加入したばかりですが、その甘いマスクから、ハピネッツの中では最も女性ファンが多いです。

プレーのほうは意外に地味なことをコツコツとこなすタイプですが、その堅実なプレーで、今では秋田のスターターとして活躍中です。

⇒ 白濱僚祐の経歴とプレースタイル!抜群の身体能力に注目!

No.11:菅澤紀行

菅澤紀行選手は今シーズンで秋田は4年目となりますが、チームのムードメーカーとして、ベンチもブースターも盛り上げてくれる存在です。

試合には途中出場が多くなっていますが、3Pや積極的なディフェンスで、チームに流れを引き寄せてくれるプレーに期待です。

⇒ 菅澤紀行の経歴とプレースタイル!ハードワークに注目!

No.13:スコット・モリソン

スコット・モリソン選手はチーム一のビッグマンで、好守ともにハピネッツのインサイドでは欠かせない存在となっています。

コートの上ではたまに熱くなっている姿もありますが、試合後のインタービューではいつも謙虚に笑顔で答えてくれており、テレビの画面を通してでも優しい人柄なのが伝わってくる選手です。

⇒ スコット・モリソンの経歴とプレースタイル!色々気になるビッグマン!

No.16:高橋憲一

高橋憲一選手はハピネッツでは最年長の36歳ですが、どんな時でも冷静に試合をコントロールし、シュートもパスも非常に精度の高いプレイヤーです。

ドリブルも上手く自分できり込んでいくこともありますが、広い視野を活かしたパスセンスが抜群ですので、高橋選手がボールを持ったら、どこにパスを出すのか注目してみてください。

⇒ 高橋憲一の経歴とプレースタイル!チーム最年長のここに注目!

No.17:中山拓哉

中山拓哉選手はまだ大学生(2017年2月現在:東海大4年生)ですが、特別指定選手として1月からチームに加入し、デビュー戦では早くも初得点を挙げています。

長谷川HCも「大学生の中では抜群に上手い」と評価しており、将来が期待されている選手です。

⇒ 中山拓哉の経歴とプレースタイル!注目したいプレーは?

No.18:藤江建典

藤江建典選手は、富山や岩手の主力として活躍しており、 bjリーグ時代にはハピネッツも非常に苦しめられた存在でした。

積極的なプレーが特徴で得点力が非常に高く、今度は秋田でそれを発揮してくれることを期待しています。

⇒ 藤江建典の経歴とプレースタイル!高い得点力に期待!

No.23:ディショーン・スティーブンス

ディショーン・スティーブンス選手は2シーズン秋田でプレーした後に欧州へ渡り、今シーズンまた秋田に戻ってきてくれました。

抜群の身体能力を活かした豪快なダンクとキレのあるドライブが魅力的で、爆発的な得点力に期待できる選手です。

⇒ ディショーン・スティーブンスの経歴とプレースタイル!

No.30:イバン・ラベネル

イバン・ラベネル選手は、昨シーズンは琉球(沖縄)でプレーしており、今シーズン途中から秋田に加入しました。

得点力もパスセンスもあり、その時々に応じたベストなプレーを選択できる状況判断力に期待できる選手です。

⇒ イバン・ラベネルの経歴とプレースタイル!bjリーグMVPの実力は?

No.55:谷口大智

谷口大智選手は、ハピネッツの日本人選手の中では最も身長の高い日本人ビッグマンです。

高校卒業後にスラムダンク奨学生として渡米しており、アメリカで磨き上げたスリーポイントシュートにも注目の選手です。

⇒ 谷口大智の経歴とプレースタイル!日本人ビッグマンのここに注目!

スポンサーリンク

秋田ノーザンハピネッツの特徴

HCはバスケ界のレジェンド!

秋田ノーザンハピネッツのヘッドコーチ(HC)は、日本のバスケ界のレジェンドとも言われている長谷川誠さんです。

長谷川HCは秋田県横手市出身で、日本初のプロバスケットボ-ルプレイヤーとしても知られています。

社長は東京都出身

秋田ノーザンハピネッツの水野勇気社長は、実は秋田県出身ではなく、東京都出身です。

水野社長は国際教養大学卒業後に「秋田県をバスケで盛り上げたい」という想いで、ゼロから起業して、今や日本のバスケ界屈指の人気を誇る球団を作り上げました。

秋田県民としては、水野社長の想いが非常に嬉しいですね。

ちなみに「あきた舞妓」を復活させたとして知られている水野千夏さんは水野社長の奥さんで、お二人は夫婦で秋田を盛り上げてくれています。

マスコットはカエル!

秋田ノーザンハピネッツの「ビッキー」はカエルをモチーフにしたマスコットで、秋田弁ではカエルのことを「びっき」と言うことから名付けられました。

「ビッキー」はダンクもできるマスコットで、ハーフタイム中やタイムアウト中にはパフォーマンスで観客席を盛り上げてくれます。

試合開始前には県民歌

ハピネッツのホームゲーム開始前には、選手やブースターが揃って秋田県民歌を歌って士気を上げるのが恒例となっています。

会場に行った時にはパンフレットに歌詞が書かれていますので、「覚えていない」という方でも安心してください。

ちなみにハピネッツのホームページでも歌詞が紹介されていますよ。
⇒ 秋田県民歌の歌詞

スターター

Bリーグには、試合に出場できる外国人選手の人数が決められている「オンザコートルール」というのがあります。
⇒ Bリーグの外国人枠「オンザコートルール」について解説!

2016-17シーズンの秋田は、「オンザコート1」と「オンザコート2」の時で、大体このメンバーでスターターがほぼ決まっています。

  • オンザコート1 ⇒ 安藤・田口・白濱・モリソン・谷口
  • オンザコート2 ⇒ 安藤・田口・白濱・モリソン・スティーブンス

交代する場合は、大体このような感じです。

  • 安藤 ⇒ 水町・高橋・中山
  • 田口 ⇒ 高橋・藤江・中山
  • 白濱 ⇒ 菅澤・高橋・藤江
  • 谷口 ⇒ 菅澤
  • モリソン ⇒ スティーブンス・ラベネル

まとめ

今回は秋田ノーザンハピネッツの選手一覧とチームの特徴を紹介してきましたが、こういう予備知識があると、より楽しんで観戦できるようになるでしょう。

熱狂的なブースターと、それに応えて懸命にプレーする選手の姿を見ると、きっとハピネッツにハマりますよ。

観戦前の参考にしていただけると幸いです。

⇒ 徒歩0分!遠い会場に行かずに、ラクにBリーグ観戦を楽しむ方法とは?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ