中山拓哉の経歴とプレースタイル!注目したいプレーは?

中山拓哉の経歴とプレースタイル!注目したいプレーは?

今回は秋田ノーザンハピネッツの中山拓哉(なかやま たくや)選手の経歴やプレースタイルを紹介していきます。

今季(2016-17)途中から特別指定選手としてハピネッツに加入した中山選手ですが、今回はそのプレーの魅力に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

中山拓哉の経歴

    【プロフィール】

  • 生年月日:1994年7月24日(22歳)
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 身長:182cm
  • 体重:82kg
  • 足のサイズ:28cm
  • 背番号:17
  • ポジション:ポイントガード(PG)/シューティングガード(SG)
    【プレイヤーとしての経歴】

  • 小学校1年:バスケットを始める
  • 2014年:東海大学2年次、新人戦で優秀選手賞
  • 2016年:大学4年次、インカレでアシスト王、優秀選手賞
  • 2017年:秋田ノーザンハピネッツに入団

⇒ 中山選手のツイッター

初出場で初得点!

中山選手はBリーグ初出場となった、2/4の滋賀戦で出場早々積極的にリバウンド奪い、そのまま自らボールを運び、見事シュートを決めました。

記念すべき初得点です!

この時のことを中山選手は「道ができていてイケると思った」と、地元テレビのインタービューで答えています。

また、スポナビライブの解説の方は「初出場とは思えないほど落ち着いている」と評価していましたが、中山選手も試合中は特に緊張していなかったそうです。

ただし、インタービューを受けたテレビ出演はかなり緊張していましたけどね(^^;)

スポンサーリンク

中山拓哉のここに注目!

パスセンス

中山選手は11月に行われた全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)で21個のアシストを決めてアシスト王に輝いており、長谷川HCもそのパスセンスを非常に高く評価していました。

先日出場した試合は、出場時間が短かったこともあってアシストを決めることはできませんでしたが、秋田は元々得点力の高い選手が揃っていますので、中山選手にはぜひ周りの選手を活かすプレーを期待しています。

フレッシュさ

中山選手が加入したことで、秋田では控え選手にとっても良い刺激になっているようです。

今シーズンもすでに折り返しを過ぎており、メンバーの役割もほぼ固まってきたように感じますが、これはマンネリ化と捉えることもできます。

チーム状態が悪い中でマンネリ化してしまっては、良い方向には進まないでしょうからね。

ですから、中山選手には若い選手らしいフレッシュさを発揮して、良い意味でチーム内をかき乱してほしいと思います。

そして、そんな中でハピネッツが、チームとして本来の力を出せるきっかけを掴んでくれることを期待しています。

まとめ

1月に特別指定選手としてハピネッツと契約を結んだ中山拓哉選手は、まだ東海大学在学中の4年生ですが、すでに試合に出場して初得点も挙げました。

新人とは思えないほどの落ち着きを見せてくれた中山選手でしたが、大学の試合ではアシスト王にも輝いており、そのパスセンスは長谷川HCも高く評価しています。

練習中はその能力も発揮しているようですので、ぜひそれを試合でも見せてくれることを、今後は期待したいですね。

⇒ 秋田ノーザンハピネッツの選手一覧とチームの特徴
⇒ 徒歩0分!遠い会場に行かずに、ラクにBリーグ観戦を楽しむ方法とは?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ