イバン・ラベネルの経歴とプレースタイル!bjリーグMVPの実力は?

イバン・ラベネルの経歴とプレースタイル!bjリーグMVPの実力は?

今回は秋田ノーザンハピネッツのイバン・ラベネル選手の経歴やプレースタイルを紹介していきます。

今シーズン(2016-17)途中から秋田に加入したラベネル選手ですが、今回はそのプレーの魅力に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

イバン・ラベネルの経歴

    【プロフィール】

  • 生年月日:1989年11月24日(27歳)
  • 出身地:アメリカ
  • 身長:203cm
  • 体重:113kg
  • 愛称:ラベネル
  • 背番号:30
  • ポジション:パワーフォワード(PF)/センター(C)
    【プレイヤーとしての経歴】

  • 2008年:ボストンカレッジ
  • 2010年:オハイオ州立大学に編入
  • 2013年:アメリカ独立リーグ ⇒ リルスキ・スポルティスト(ブルガリア)
  • 2014年:ポルファーマ・スタロガルド・グダニスキ(ポーランド)
  • 2015年:琉球ゴールデンキングス
  • 2016年:マッカビ・ハイファ(イスラエル) ⇒ リエージュ(ベルギー)
  • 2017年:秋田ノーザンハピネッツ

2015-16ファイナルのMVP!

イバン・ラベネル選手は昨シーズン琉球(沖縄)でプレーしており、1試合平均17.3得点、10.8リバウンドと非常に高い記録を残しています。

また、琉球は昨シーズン最後のbjリーグで優勝していますが、そのファイナルでラベネル選手は22得点、12リバウンドと活躍し、MVPに選ばれています。

秋田に移籍してからの初試合となった1/18の北海道戦では、22分の出場で18得点と、早くもその存在感を見せてくれました。

スポンサーリンク

イバン・ラベネルのここに注目!

得点力

ラベネル選手に期待したいのは、まずはやはり高い得点力です。

今季からBリーグとなって、所属チーム全体のレベルが上がったこともあり、秋田は昨シーズンよりも明らかに点が取れなくなっています。

しかし、栃木やアルバルク東京などの強豪相手でも、勝った試合では70点台後半~80点以上のスコアも取っていますので、Bリーグでも十分戦えることは十分証明できています。

ラベネル選手には、秋田がコンスタントに本来の力を発揮するための、きっかけになってくれることを期待しています。

状況判断力

ラベネル選手は得点力があるだけでなく、パスも非常に上手く、その時の状況に応じてベストなプレーを選択する判断力にも優れています。

Bリーグになって相手チームのディフェンスのレベルも上がっていますので、ラベネル選手には、ぜひ相手を揺さぶるような攻撃の起点となってほしいですね。

リバウンド

今シーズンの秋田はリバウンドが強い選手、リバウンドへの意識が高い選手が揃っていますが、負けた試合ではやはりリバウンドがあまり取れていない試合も多いように思います。

負けた試合は接戦も多く、あと1本でも2本でも多くリバウンドを取っていたら、勝てていた試合もあったでしょう。

ラベネル選手には琉球時代のように、1試合の平均2桁のリバウンドで、チームに流れを引き寄せてくれることも期待しています。

まとめ

イバン・ラベネル選手はシュート・リバウンド・アシスト、どれをとっても非常に優れたパフォーマンスを発揮してくれる選手です。

その上、状況判断力にも優れていますので、その時のベストなプレーを選択することもできます。

今シーズンの秋田はチームの状況が低迷していますが、ぜひラベネル選手の加入をきっかけに調子を上げてくれることを期待したいですね。

⇒ 秋田ノーザンハピネッツの選手一覧とチームの特徴
⇒ 徒歩0分!遠い会場に行かずに、ラクにBリーグ観戦を楽しむ方法とは?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ