高野誠鮮(羽咋市役所職員)の突破力!カンブリア宮殿の感想

今回は羽咋市役所職員の高野誠鮮(たかの じょうせん)さんが出演した「カンブリア宮殿」の放送内容や感想を書いていきます。(2012年11月15日放送)

なお、高野さんは2016年3月に市役所を定年退職し、現在は富山県氷見市の地方創生アドバイザーを務めています。

スポンサーリンク

高野誠鮮のカンブリア宮殿放送内容

神子原米が大人気になった理由

高野誠鮮さんと言えば、ローマ法王に米を献上したとして知られていますが、その献上した神子原米は今や日本でも大人気のブランド米になっています。

おそらくこのエピソードを聞くと、神子原米がローマ法王に献上できたのは、たまたまだったと思う方がいるかもしれません。

しかし高野さんは、実はローマ法王に送る前に天皇家に送ることを試みるも失敗しており、さらに当時のブッシュ大統領(米国)にも送るために交渉中だったと言います。

ですから、たとえローマ法王に献上できていなかったとしても、きっと高野さんなら成功するまで有名な方に交渉を続けていたと思います。

ローマ法王に献上できたのはたまたまかもしれませんが、神子原米を注目を集めて人気になったのは、偶然ではなく必然だったと言えるでしょう。

ちなみに、この神子原米の成功によって神子原集落に興味を持った若者が移住するようになり、神子原は限界集落を脱出することができたのでした。

高野誠鮮の意外な経歴

高野さんは高校卒業後に上京してテレビの放送作家を務めており、放送作家時代には、大橋巨泉さんの司会で人気となった11PMなども担当していたようです。

また、実は実家がお寺で、その寺を継ぐために実家に戻って羽咋市の臨時職員になっており、「住職との2足のわらじを履いた公務員」という意外な一面も持っています。

さらに神子原米をローマ法王に献上する前には、羽咋市を「UFOのまち」とした、街おこしも仕掛けていたようです。

こちらも本格的な宇宙博物館「コスモアイル羽咋」を開館させて、人口25000人の羽咋市に、年間10万人以上の観光客を呼ぶことに成功しています。

このUFOによる街おこしと、神子原米による限界集落脱出の実績によって、高野さんはスーパー公務員と称され、全国的にも知られるようになりました。

スポンサーリンク

自然栽培を武器に羽咋市の農業全体の底上げ

番組の後半では、高野誠鮮さんが次に打ち出している戦略として、農作物の自然栽培が紹介されていました。

今度は羽咋市全体の農業の底上げを目指して、JAとタッグを組んで新たな羽咋ブランドの構築に挑戦しているとのことです。

そして、その後どうなったのか調べてみると、番組では自然栽培米100%の米粉を使ったパンが紹介されていましたが、現在JAはくいでは、玄米粉を使ったパンを発売しているようです。
⇒ 玄米粉パン専門店|ファーマーズベーカリーはくい

また、2016年3月には東京都杉並区に、自然栽培の作物を販売するアンテナショップ「能登みらい農業はくい放送局」をオープンさせています。
⇒ 能登みらい農業はくい放送局

高野さんが蒔いた種は、徐々に形になってきているようですね。

高野誠鮮の武器

高野さんの最大の武器として番組では「突破力」が挙げられており、役所の壁を突破するために稟議を通さなかったエピソードや、村人の心の壁を突破するために烏帽子制度によって学生の宿泊体験を受け入れさせたエピソードも紹介されていました。

しかし、高野さんの本当の武器は「突破力」ではなく「人を動かす事の上手さ」にあるのではないかと思います。

直売所をオープンさせる時は市長に、特区申請の際には農水省に直談判したと言いますし、新たなブランド野菜を生み出すために、他の自治体の市長に直接会いに行く様子も番組内では紹介されていました。

また、実は神子原米がローマ法王に献上されたと話題になった時も、問い合わせの電話には「在庫切れです。でもデパートには在庫があるかもしれませんよ。」と答え、客から問い合わせを受けたデパートのほうから『米を卸してほしい』と言わせたこともあったようです。

だからこそ、限られた資源で結果を出すために、「どのようにして人に動いてもらうか?周りを巻き込んでいくか?」を考える事こそが、高野さんから学べる部分ではないかと思ったのです。

とは言え、保守的な組織である役所の中で、高野さんにはたった一人だけ味方になってくれる上司がいたようです。

そしてその方の「犯罪以外なら全部俺が責任をとってやる」という言葉が原動力になっていた、と高野さんはおっしゃっていました。

ですから、最も人を動かすのが上手かったのは、実はその高野さんの上司の方だったのかもしれませんけどね。

最後に

高野さんは「ローマ法王に米を食べさせた男」という本も出版していますが、2015年にはこの本を原作とした「ナポレオンの村」というドラマが放送されていましたね。

このドラマは今でもU-NEXTで見ることができます。
⇒ U-NEXTはこちら

僕は本もドラマも両方見ましたが、やはり同じように田舎に住む人間としては、どちらも心がアツくなる内容でした。

地元の活性化に貢献したいという方なら、きっとモチベーションが上がりますよ。

⇒ カンブリア宮殿 出演者の記事一覧

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ