Bリーグのチャンピオンシップについて!ワイドカードって何?

Bリーグのチャンピオンシップについて!ワイドカードって何? スポーツ

今回はBリーグの年間優勝を決めるチャンピオンシップについて解説していきます。

チャンピオンシップに出場できれば、レギュラーシーズンで優勝できなくても年間優勝の可能性があります。

ワイルドカードは特に分かりにくいので、しっかり押さえておきましょう。

スポンサーリンク

Bリーグのチャンピオンシップについて

チャンピオンシップに出場するには?

Bリーグのチャンピオンシップは、レギュラーシーズンで東・中・西の各地区上位となった全8チームによるトーナメント戦で行われます。

Bリーグ チャンピオンシップトーナメント

  • ①地区1位(各地区1位3チームの中での勝率1位)
  • ②地区1位(勝率2位)
  • ③地区1位(勝率3位)
  • ④地区2位(勝率1位)
  • ⑤地区2位(勝率2位)
  • ⑥地区2位(勝率3位)
  • ⑦ワイルドカード上位
  • ⑧ワイルドカード下位

このようにレギュラーシーズンで地区2位以上になったチームは、必ずチャンピオンシップに出場できます。

ただし、なるべく上位で勝率が高いほうが、対戦相手は下位のチームになりますので、チャンピオンシップで優勝するには地区内の1位・2位争いや勝率も非常に重要です。

また、決勝戦は中立地で開催されますが、準々決勝と準決勝は上位チームのホームで行われます。

ですから、チャンピオンシップを有利に戦うためには、レギュラーシーズンでなるべく上位に入っておくことが必要です。

スポンサーリンク

ワイルドカードって何?

各地区3位以下となった全12チームの中で勝率1位のチームがワイルドカード上位、2位のチームがワイルドカード下位としてチャンピオンシップに出場できます。

つまり、地区3位になったからと言って、必ずしもチャンピオンシップに出場できるわけではありませんし、逆に地区4位でも他地区の3位のチームよりも勝率が良ければ、チャンピオンシップに出場できる可能性があります。

たとえば、このような感じです。

【東地区】

順位 チーム 勝率
1 A 45 15 0.750
2 B 44 16 0.733
3 C 43 17 0.717
4 D 42 18 0.700
5 E 4 56 0.067
6 F 2 58 0.033

 

【中地区】

順位 チーム 勝率
1 G 55 5 0.917
2 H 50 10 0.833
3 I 30 30 0.500
4 J 25 35 0.417
5 K 12 48 0.200
6 L 8 52 0.133

 

【西地区】

順位 チーム 勝率
1 M 50 10 0.833
2 N 45 15 0.750
3 O 38 22 0.633
4 P 22 38 0.367
5 Q 15 45 0.250
6 R 10 50 0.167

この場合は東地区4位のDチームの勝率が、他地区の3位のチーム(IとO)より上回っているので、Dチームはワイルドカード下位としてチャンピオンシップに出場できます。

このように考えると、レギュラーシーズンの優勝争いだけでなく、3位・4位争いや、他地区の順位・勝率も気になって、より応援に力が入ってきますよね。

チャンピオンシップで勝ち上がるには?

チャンピオンシップの決勝は1試合のみで優勝が決まりますが、準々決勝と準決勝は2試合ずつ行われて、勝ち上がるチームを決めます。

1勝1敗になった場合、以前は2試合目のすぐあとに3試合目が行われていましたが、2018-19シーズンからルールが変わりました。

現在は、1勝1敗になった場合は、別日を設けて3試合目を行うことになっています。

まとめ

Bリーグのチャンピオンシップで優勝するには、レギュラーシーズンでより上位となり、良い勝率であるほうが有利です。

しかし、3位・4位のチームでも出場できる可能性はありますので、その辺の争いを考えた上でも応援に熱が入って楽しめるはずです。

ただし、5位や6位の場合もB1に残留できるかどうかを決めるプレーオフがありますので、その辺の争いにも注目です。

プレーオフについてはこちらで解説していますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

Bリーグのプレーオフについて解説!入れ替え戦の詳細は?
今回はBリーグのプレーオフと入れ替え戦について解説していきます。Bリーグは優勝争いだけでなく、B1からB2への降格、B2からB1への昇格もブースターにとっては見どころの一つですので、レギュラーシーズン中からぜひチェックしておきましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました