Bリーグの試合時間について!タイムアウトや延長戦のルールは?

Bリーグの試合時間について!タイムアウトや延長戦のルールは?

今回はBリーグの試合時間について解説していきます。

試合時間を把握しておけば、観戦に行ったあとの予定も立てやすくなりますし、観戦中のトイレのタイミングなどにも困ることはなくなります。Bリーグの観戦に行く前にぜひチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

Bリーグの試合時間について

各クォーター・ハーフタイムの時間

Bリーグの試合は4Q(クォーター)制になっており、各時間はこのようになっています。

  • 第1Q:10分
  • 休憩:2分
  • 第2Q:10分
  • ハーフタイム:15分(申請によって20分の場合もあり)
  • 第3Q:10分
  • 休憩:2分
  • 第4Q:10分

自宅でテレビやネット中継で観戦している時は2分の休憩時間でもトイレは間に合うと思いますが、会場に観戦に行った時にはプレーを見逃さないためにも、やはりハーフタイム中にトイレに行くのが良いでしょう。

ただし、ハーフタイム中の会場のトイレは確実に混みますので、万が一途中でお腹が痛くなったりしたら、迷わず速攻でトイレに行ってください。ハーフタイムまで待っていたら大変なことになりますからね(^^;)

スポンサーリンク

延長戦になった場合

Bリーグでは4Qを終了して同点だった場合には5分の延長戦に入ります。もしそれでも決まらなければ、また5分の延長戦となり、決まるまで繰り返されます。

ちなみに、バスケットの試合はファウルなどがあるたびに時間を止めますので、サッカーとは違ってロスタイムはありません。

ただし、第4Qと延長戦の残り2分を切ってからは、得点が入るたびに時間を止める『ツーミニッツピリオド』というルールがあります。

タイムアウトの時間と回数

Bリーグでは、各チームが60秒のタイムアウトを前半2回、後半3回取ることができます。

また、第2Q・第4Qでは残り5分を切ってから最初にプレーが止まった時も、90秒の「オフィシャルタイムアウト」があります。たとえば、ファイルやバイオレーション、得点が入った時などですね。

実際は選手がベンチからコートに戻る移動時間などもありますので、1試合につき15分くらいはタイムアウトに時間がかかっているはずです。

ただし、会場に試合観戦に行った時には、タイムアウト中はチアダンスチームが会場を盛り上げてくれるので、暇に感じることはありませんよ。

まとめ

このようにBリーグの試合は何度も時計が止まるので、全体の試合時間は意外に長くなり、大体1時間40分~2時間ほど、延長戦になると2時間半くらいになることもあります。

ですから、もしBリーグの試合観戦後に食事などに行く場合は、あらかじめ時間に余裕を持って予定を立てることをおすすめします。

特に遠方で行われる試合観戦に行くために新幹線などのチケットを取る場合は、最後の熱戦を見逃さないためにも気を付けてくださいね。

⇒ 秋田ノーザンハピネッツの選手一覧とチームの特徴
⇒ 徒歩0分!遠い会場に行かずに、ラクにBリーグ観戦を楽しむ方法とは?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ