Bリーグの外国人枠「オンザコートルール」について解説!

Bリーグの外国人枠「オンザコートルール」について解説! スポーツ

男子プロバスケットボール・Bリーグには、外国人選手の出場枠について「オンザコート」というルールがあります。

しかし、これは意外に細かいルールなので分かりにくい部分もありますよね。

そこで今回はBリーグの外国人枠「オンザコートルール」について解説していきます。

【追記】2018-19シーズンから、ルールが大幅に変更されましたので、修正しています。
スポンサーリンク

Bリーグの外国人枠「オンザコートルール」とは?

基本

Bリーグの外国人選手の出場枠「オンザコート」の基本的なルールは、このようになっています。(B1・B2共通)

  • 外国籍選手の登録は3名以内
  • 外国籍選手の試合へのエントリーは2名以内
  • 各クォーターの出場枠は2名以内
  • 延長戦の出場枠も2名まで

以前は外国籍選手が1名しか出場できないクォーターがありましたが、常に2名出場OKになったのが、大きく変わった部分です。

ただし、外国籍選手は2名しか試合にエントリーできないので、交代要員がいないということになります。

ですから、どこで外国人選手を休ませるかが、各チームの戦略の肝になるでしょう。

帰化選手がいる場合

帰化選手(外国出身選手が日本国籍を取得)の場合は、先ほどのルールとは別になります。

  • 帰化選手の登録は1名以内(外国籍選手に含めない)
  • 帰化選手のエントリーは1名以内(外国籍選手に含めない)
  • 帰化選手の出場は1名以内(外国籍選手に含めない)

つまり、帰化選手は外国籍選手とは別に、常に出場OKということになります。

ちなみに、日本国籍を持っていなくても、日本生まれ、もしくは日本育ちで日本の小学校・中学校を卒業した選手の場合は、外国籍・帰化選手どちらの扱いにもならず、日本人選手としての登録になります。

スポンサーリンク

Bリーグ「オンザコートルール」の例

2018-19シーズンの千葉ジェッツでは、この3名が外国籍選手としてチームに登録されています。

  • ジョシュ・ダンカン
  • トレイ・ジョーンズ
  • ギャビン・エドワーズ

しかし、実際に試合登録できるのはこのうち2名のみで、1名はベンチに入ることができません。

また、千葉ジェッツではマイケル・パーカー選手が帰化選手登録されています。

ですから、例えばダンカン選手とジョーンズ選手の2名が出場している試合では、パーカー選手も一緒に出場することが可能です。

外国人枠を入れるメリットは?

「そもそも日本のプロバスケなんだから、外国人選手は入れなくてもいい」という意見もあるかもしれません。

外国人選手が出場することによって、それだけ日本人選手の出場機会も減ってしまいますからね。

しかし、やはり海外の選手はレベルが高いので、そのレベルの高いプレーを見るために観客が増えるというメリットがあります。

また、レベルの高い選手がチームやリーグ内にいることで、ともにプレーする日本人選手のレベルも上がっていきます。

そうすると日本のプロバスケ界全体がレベルアップして観客が増え、リーグやチームの収入が増えれば、さらにレベルの高い選手を獲得でき…という「好循環」も生まれてきます。

 

サッカーのJリーグが人気を得て、日本の選手が世界で通用するようになったのも、外国人選手による刺激による部分は大きかったと言われています。

ですから、Bリーグは日本のプロバスケリーグですが、外国人選手は欠かせない存在でしょう。

日本人選手も僕たち観客も、外国人選手から良い刺激を受けて、Bリーグがより一層盛り上がっていくことを期待したいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました