大相撲の大関昇進の条件について解説!なぜあの大関は昇進できたのか?

大相撲の大関昇進の条件について解説!なぜあの大関は昇進できたのか?

今回は大相撲の大関昇進の条件について解説します。

大関昇進の条件を知っておくと、最近活躍中の若手力士が「どうすれば大関に昇進できるのか?」も分かって、より相撲観戦が楽しめますので、ぜひ今回の内容をチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

大関昇進の条件とは?

大関昇進の条件として言われているのが、この3つです。

  • 三役(小結・関脇)
  • 直近3場所全てが10勝以上
  • 直近3場所の合計が33勝以上

大関昇進は大相撲協会の臨時理事会によって決められますが、この条件は協会の規定で明確に定められているわけではありません。

あくまでも大関昇進の目安に過ぎず、その時の取組み内容などによって判断基準は変わるようです。

過去10年間に大関に昇進した力士の直近3カ月の成績一覧

過去10年間に大関に昇進した力士の直近3カ月の成績一覧がこちらです。

  • 優:優勝
  • 同:優勝同点(優勝決定戦で敗れた場合の準優勝)
  • 準:準優勝
四股名 3場所前 2場所前 直前 合計 大関昇進場所
琴欧州 12勝3敗 準 13勝2敗 同 11勝4敗 準 36勝9敗 2006年1月
白鵬 9勝6敗 13勝2敗 準 13勝2敗 同 35勝10敗 2006年5月
琴光喜 10勝5敗 12勝3敗 準 13勝2敗 準 35勝10敗 2007年9月
日馬富士 10勝5敗 12勝3敗 準 13勝2敗 同 35勝10敗 2009年1月
把瑠都 9勝6敗 12勝3敗 準 14勝1敗 準 35勝10敗 2010年5月
琴奨菊 10勝5敗 11勝4敗 12勝3敗 準 33勝12敗 2011年11月
稀勢の里 10勝5敗 12勝3敗 準 10勝5敗 32勝13敗 2012年1月
鶴竜 10勝5敗 10勝5敗 13勝2敗 同 33勝12敗 2012年5月
豪栄道 12勝3敗 準 8勝7敗 12勝3敗 準 32勝13敗 2014年9月
照ノ富士 8勝7敗 13勝2敗 準 12勝3敗 優 33勝12敗 2015年7月

このように中には先ほどの条件を満たしていない力士もいます。

そこで次からは、より細かく大関に昇進するための条件について見ていきましょう。

スポンサーリンク

三役でなくてもいい?

表には番付を書きませんでしたが、過去10年間で大関に昇進した力士の中で、三役の地位にいなかった場所があるのは照ノ富士だけです。照ノ富士は8勝7敗の成績だった3場所前は東前頭2枚目でした。

しかし、2場所前は関脇で1横綱2大関に勝っての準優勝。直前の場所でも2大関に勝っての優勝という好成績が評価され昇進しました。

ただし、照ノ富士のケースは非常に稀で、やはり番付は重要です。2015年には嘉風がこのような好成績を収めていますが、大関には昇進できていません。

  • 5月場所:東前頭14枚目で10勝5敗
  • 7月場所:東前頭8枚目で12勝3敗(準優勝)
  • 9月場所:西前頭1枚目で11勝4敗(2横綱2大関から白星)
  • 合計:33勝12敗

また、その後の成績がこのようになりました。

  • 11月場所:西小結で8勝7敗
  • 2016年1月場所:西関脇で8勝7敗
  • 3月場所:東関脇で4勝11敗

番付が大事なのは、下位の場合は横綱や大関との対戦が組まれないからです。大関という地位には横綱を倒して場所を盛り上げることも期待されますので、その力量を見極めるために、三役というのが一つの目安になっています。

ですから、もし嘉風が11月場所と1月場所で10勝以上を上げ、かつ合計33勝以上になっていたら、9月場所は三役ではありませんでしたが、大関に昇進していた可能性は十分あったと思われます。

直近3場所全てが10勝以上でなくてもいい?

直近3場所全てが10勝以上でなかった力士は、白鵬・把瑠都・豪栄道・照ノ富士の4力士いますが、照ノ富士が大関に昇進できた理由は、先に解説した通りです。

白鵬把瑠都は3場所前がいずれも9勝6敗という成績でしたが、直近2場所が準優勝で優勝争いに絡んだことが評価されました。

また、豪栄道は2場所前が8勝7敗という成績でしたが、この場所では1横綱1大関から白星を挙げて殊勲賞を獲得しており、何よりも14場所連続で関脇の地位を務めたことが大きく評価されて、大関に昇進しています。

なお、豪栄道の14場所連続で関脇というのは、昭和以降では単独1位の記録です。

直近3場所の合計が33勝以上でなくてもいい?

直近3場所の合計が33勝に届いていないのは、稀勢の里と豪栄道の2力士ですが、豪栄道が大関に昇進できた理由は、先に解説した通りです。

稀勢の里は33勝にはあと1勝足りていませんが、直近6場所中5場所で2桁勝利だったことと、当時一人横綱だった白鵬に対して直近3勝3敗と五分の成績だったことが評価され、大関に昇進しています。

また、稀勢の里は小結を通算12場所務めており、これは史上最多記録となっています。

昇進が見送られたケース

中には先に紹介した条件(目安)を満たしていても、昇進が見送られたケースもあり、近年ではこの3力士が大関昇進が見送りになっています。

四股名 3場所前 2場所前 直前 合計 直前場所
琴光喜 13勝2敗 優 9勝6敗 12勝3敗 34勝11敗 2002年1月
雅山 10勝5敗 14勝1敗 同 10勝5敗 34勝11敗 2006年7月
把瑠都 12勝3敗 9勝6敗 12勝3敗 準 33勝12敗 2010年1月

琴光喜は優勝した3場所前が平幕だったこと、2場所前が1桁だったこと、直前場所で遥かに格下の前頭8枚目・武雄山に敗れたことなどが見送られた理由です。なお、琴光喜はその5年後の2007年に大関に昇進しており、年6場所制になってからは史上最年長での大関昇進となりました。

雅山は直前場所で10勝だったのがあまり良い印象ではなかったために昇進が見送られたと言われています。ちなみに雅山も一度大関に昇進していますが、この時は降格してからの再昇進が見送られたケースです。

把瑠都は2場所前が1桁だったことや、琴光喜と雅山も昇進を見送られたことがあるとして、
昇進が見送られたと言われています。しかし、把瑠都はその直後の場所で14勝1敗で準優勝という好成績を挙げて、見事大関に昇進しています。

大関が多いと昇進が見送られる?

琴光喜・雅山・把瑠都が大関昇進を見送られた時の理由として、大関の人数が多かったからというのもあります。琴光喜と把瑠都の時は4人、雅山の時は5人の大関がいました。

しかし、大関がたくさんいるからという理由で昇進を見送るのは「ちょっと理屈としておかしいのでは?」というのが、個人的な考えです。

なぜなら、大関が多い中で好成績を収めるほうが、大関が少ない時よりも難しいはずだからです。ですから、その難しい条件をクリアしたからこそ、大関に昇進させてあげるべきではないでしょうか?

もちろんこの時大関に昇進できなかった3力士の場合は、それだけが理由ではありません。しかし、特に何人までという決まりがない限りは、こういう曖昧な理由での昇進見送りはするべきではないでしょう。

実際、2012年には6人の大関がいた場所もありましたし、5人の大関がいた場所は過去に何度もありましたからね。

大相撲ファンとしては、そういったよく分からない理由でガッカリしたくはありませんので、昇進の条件はなるべく明確にしてほしいなと思っています。

まとめ

大相撲で大関に昇進する条件は、この3つです。

  • 三役(小結・関脇)
  • 直近3場所全てが10勝以上
  • 直近3場所の合計が33勝以上

ただし、これはあくまでも目安であって、明確に決められているわけではありません。その時の取組み内容によっても判断基準は変わりますが、これを知っておくと、より相撲が楽しめるようになります。

応援している力士が「大関に昇進するにはあと何番勝てばいいのか?」
そんなドキドキ感を味わいながら観戦するのも、相撲観戦の一つの醍醐味ですよ!

ちなみに大関には陥落と復帰についても特別な制度がありますので、こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。
⇒ 大関から陥落した力士のその後!復帰できたのは何人いるの?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ