大島芳彦(ブルースタジオ)のリノベーション物件!住みたい行きたい5選

大島芳彦(ブルースタジオ)のリノベーション物件!住みたい行きたい5選

1月16日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」に、建築家の大島芳彦(おおしまよしひこ)さんが出演します。大島さんはリノベーションの魔術師とも呼ばれ、専務取締役を務める株式会社ブルースタジオでは数々の物件のリノベーションを手掛けています。

今回はその中から『住んでみたい!行ってみたい!』と思ったリノベーション物件を5つ紹介していきます。

スポンサーリンク

大島芳彦(ブルースタジオ)のリノベーション物件5選

ホシノタニ団地

大島芳彦さんのリノベーション物件の中で最も有名なのが『ホシノタニ団地』で、こちらは2015年3月にリノベーションが完了しています。農家カフェやドッグランがあるだけでなく、併設されている貸し農園を周辺の地域住民にも貸し出すことで人と街とつないでおり、まさに都心部で働く方にとっては理想の住まいかもしれませんね。

また、ブルースタジオはホシノタニ団地のリノベーションで、2016年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

⇒『ホシノタニ団地』の詳細はこちら

アクセス: 小田急線座間駅から徒歩1分

AURA243 多摩平の森

都心部で働く方にとっての理想の住まいとしては、ブルースタジオが2011年7月にリノベーションした『AURA243 多摩平の森』も魅力的です。

こちらでも貸し菜園が併設されており、「さくらまつり」や「BBQ」などのイベントも定期的に行われているようです。

⇒『AURA243 多摩平の森』の詳細はこちら

アクセス:JR中央線豊田駅から徒歩8分

スポンサーリンク

ミノハテラス

ミノハテラスは大阪府箕面市にある賃貸住宅で、2016年1月にリノベーションが完了しています。

ゲンジボタルが舞う箕面川沿いにあり、豊かな自然から四季を感じることのできる『人と自然をつなぐ』物件です。

⇒『ミノハテラス』の詳細はこちら

アクセス:阪急箕面線桜井駅から徒歩6分

シーナと一平

『シーナと一平』は元々はとんかつ屋だった空家を、「豊島区リノベーションまちづくり構想」の第1号としてブルースタジオが企画設計を担当したリノベーション物件です。

1階は手芸で交流する『ミシンカフェ』、2階は旅館になっており、「布は世界の共通言語」というコンセプトで外国人旅行者にも人気のスポットのようです。

⇒『お宿・シーナと一平』の詳細はこちら

アクセス:西武池袋線椎名町駅から徒歩4分

SodaCCo

SodaCCo(ソダッコ)は2015年1月にリノベーションが完了した物件で、1~3階は子ども向け事業を行うテナント、4~6階はワークスペースやクリエイター向けのシェアオフィスになっています。 『子どもとクリエイターの「育つ」が出会う』がコンセプトで、遊びが仕事の子どもたちと、遊ぶように働くクリエイターが集まるビルのようです。

ブルースタジオはSodaCCoのリノベーションでも、2015年度にグッドデザイン賞を受賞しています。

⇒『SodaCCo』の詳細はこちら

アクセス:代官山駅から徒歩8分

まとめ

今回は大島芳彦さん、及びブルースタジオがリノベーションした物件を5つ紹介してきましたが、実は手掛けた物件はまだまだあります。今からでも入居が可能な物件もあるようですので、詳細はブルースタジオのホームページをご確認ください。

⇒ ブルースタジオのHPへ

単に便利だったりデザインが良いだけの物件ではなく、建築家さんの想いが感じられる物件に住めば、前向きな気持ちになって、より人生が楽しくなりそうですね。これからの時代は、こういうコンセプトがある物件が人気を集めるのではないかなと思います。

⇒ プロフェッショナル出演者の記事一覧

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ