腕時計の必要性とは?人生で損をしたくないなら身に付けろ!

腕時計の必要性とは?人生で損をしたくないなら身に付けろ!

最近は「腕時計はいらない」という方も多いと思いますが、あなたが社会人なら腕時計は必須のアイテムです。特に高い腕時計を身に付ける必要はありませんが、人生で損をしたくないなら必ず身に付けてください。

今回は腕時計の必要性について書いていきます。

スポンサーリンク

腕時計の必要性

腕時計はやはり便利

外出中でもスマホがあれば時間は確認できますが、わざわざポケットから出すのは面倒ではないでしょうか?また、会議中や商談中には周りの目もありますので、スマホで時間は確認しづらいですよね。

しかし、腕時計ならちょっと腕を動かすだけで時間が確認できますので、腕時計を身に付けていたほうが便利なのは明らかです。

腕時計はお金の無駄?

「それくらいなら手間には感じない」という方も多いと思います。また、腕時計は決して安いものではありませんので、そもそも腕時計を買うことがお金の無駄に感じてしまうかもしれません。

しかし、お金の無駄と思って腕時計を身に付けないままでいると、あなたは人生で損をしてしまう可能性があるのです。

スポンサーリンク

腕時計をするだけでモテる?出世する?

たとえば、就活で腕時計を身に付けるのは常識ですよね?あなたの社会人としての「身だしなみ・常識・時間への意識」を腕時計をしているかどうかで判断する会社の面接官もいますので、腕時計一つで就活の成果が左右される可能性もあります。

社会に出てからも、腕時計をしていないだけで、あなたへの評価を下げてしまう上司・異性・お客様が必ずいます。しかし、腕時計をしていたからと言って、あなたへの評価が下がることはありません。

つまり、腕時計をするだけでモテる・出世するとは限りませんが、腕時計をしていないとモテない・出世できない可能性が上がってしまうのです。

最後に

田原「この国ではネクタイがすべてなんだ。ちゃんとネクタイを締めて、年寄りにゴマをすっていれば、球団買収だって成功しただろうし、フジテレビや選挙だってうまくいったかもしれない。わかっているよね?」
堀江「わかっています」
引用:堀江貴文著書「ゼロ」P189

ライブドア事件で実刑判決が下ったあと、堀江さんと田原総一朗さんの間で、こんな会話があったそうです。

ネクタイも腕時計も同じです。あなたが「腕時計はいらない」と考えていても、そんなことは関係ありません。

人生で損をしたくないなら、腕時計を身に付けることをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ