オリジナル10でJ1優勝経験のないチームは?通算成績を調べてみた!

オリジナル10でJ1優勝経験のないチームは?通算成績を調べてみた!雑学・豆知識

今回は『オリジナル10の通算成績』を調べてみましたので、優勝経験のあるなしを紹介していきます。

J1の優勝だけでなく、天皇杯とJリーグカップも合わせた3冠すべてをまとめています。

最後には各チームの優勝回数もまとめてみましたので、ぜひ楽しみながら読んでみてください。

スポンサーリンク

各年度の優勝チーム一覧

各年度の優勝チーム一覧がこちらです。

なお、2ステージ制の年度の場合は年間優勝チームとしています。

年度J1優勝天皇杯Jリーグカップ
1993ヴェルディ川崎横浜フリューゲルスヴェルディ川崎
1994ヴェルディ川崎ベルマーレ平塚ヴェルディ川崎
1995横浜マリノス名古屋グランパス開催無し
1996鹿島アントラーズヴェルディ川崎清水エスパルス
1997ジュビロ磐田鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
1998鹿島アントラーズ横浜フリューゲルスジュビロ磐田
1999ジュビロ磐田名古屋グランパス柏レイソル
2000鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
2001鹿島アントラーズ清水エスパルス横浜F・マリノス
2002ジュビロ磐田京都パープルサンガ鹿島アントラーズ
2003横浜F・マリノスジュビロ磐田浦和レッズ
2004横浜F・マリノス東京ヴェルディ1969FC東京
2005ガンバ大阪浦和レッズジェフ市原
2006浦和レッズ浦和レッズジェフ市原
2007鹿島アントラーズ鹿島アントラーズガンバ大阪
2008鹿島アントラーズガンバ大阪大分トリニータ
2009鹿島アントラーズガンバ大阪FC東京
2010名古屋グランパス鹿島アントラーズジュビロ磐田
2011柏レイソルFC東京鹿島アントラーズ
2012サンフレッチェ広島柏レイソル鹿島アントラーズ
2013サンフレッチェ広島横浜F・マリノス柏レイソル
2014ガンバ大阪ガンバ大阪ガンバ大阪
2015サンフレッチェ広島ガンバ大阪鹿島アントラーズ
2016鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ浦和レッズ
2017川崎フロンターレセレッソ大阪セレッソ大阪
2018川崎フロンターレ浦和レッズ湘南ベルマーレ

これだけではちょっと分かりづらいと思いますので、次からオリジナル10各チームごとの優勝経験についてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

オリジナル10の優勝経験について

鹿島アントラーズ

まだ一度もJ2に降格した経験のない鹿島アントラーズは、1996・1998・2000・2001・2007・2008・2009・2016の計8回の優勝経験があり、これは全チームの中での最多記録です。

Jリーグは1993年に開幕したので、平均で約3年に1度は鹿島が優勝していると考えるとスゴイですよね。

また、天皇杯での優勝5回、Jリーグカップでの優勝6回も最多記録で、2000年には国内タイトル3冠も果たしています。

ジェフユナイテッド市原・千葉(旧:ジェフユナイテッド市原)

現在J2に所属しているジェフ市原はこれまで優勝経験はなく、2001年と2003年の年間3位というのが最高順位です。

ちなみに、Jリーグカップでは2005・2006年に2年連続で優勝を果たしています。

浦和レッドダイヤモンズ

浦和レッズは2006年に優勝しています。

2ステージ制の年度では、2004年の2nd・2015年の1st・2016年の2ndで優勝していますが、この時はいずれも優勝を逃しています。

天皇杯では2005・2006年に2連覇を果たし、2018年にも優勝。

Jリーグカップでも2003年と2016年の2度の優勝経験があります。

東京ヴェルディ1969(旧:ヴェルディ川崎)

現在J2に所属しているヴェルディは、1993・1994年に2連覇しており、Jリーグカップでは1992~1994年に3連覇を果たしています。

また、天皇杯では1996年と2004年に2度の優勝経験があります。

横浜F・マリノス(旧:横浜マリノス、横浜フリューゲルス)

横浜F・マリノスは、マリノス時代の1995年に1度、合併後の2003・2004年には2連覇を果たしています。

また、天皇杯では合併前にマリノスが1992年に、フリューゲルスが1993年と1998年に、合併後は2013年に優勝しています。

そして、Jリーグカップでは合併前の優勝経験はどちらもありませんでしたが、合併後の2001年に一度だけ優勝経験があります。

清水エスパルス

清水エスパルスはこれまでJ1での優勝経験はありません。

1992年の2ndステージで優勝していますが、この時は年間で惜しくも2位となっており、これがこれまでの最高順位です。

ただし、天皇杯では2001年に、Jリーグカップでは1996年に、一度ずつ優勝経験があります。

名古屋グランパスエイト

名古屋グランパスは、2010年に優勝しています。

また、Jリーグカップでの優勝経験はありませんが、天皇杯では1995年と1999年の2回優勝の経験があります。

ガンバ大阪

ガンバ大阪は2005年と2014年に2度優勝しています。

また、Jリーグカップでは2007年と2014年の2回、天皇杯では2008・2009・2014・2015年の計4度優勝しています。

2014年はガンバが国内タイトル3冠を果たしていますが、Jリーグ開幕後の男子サッカーでは、2000年の鹿島と、この年のガンバのみが果たしています。

サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島は2012・2013・2015年の3度優勝しています。

なお、Jリーグカップでは2度、天皇杯では5回準優勝の経験がありますが、優勝はまだ一度もありません。

まとめ

オリジナル10各チームの優勝回数をまとめるとこのようになります。
(F・マリノスにはフリューゲルスの成績も合わせています)

チーム名J1優勝天皇杯Jリーグカップ
鹿島アントラーズ856
ジェフ市原002
浦和レッズ132
東京ヴェルディ223
横浜F・マリノス341
清水エスパルス011
名古屋グランパス120
ガンバ大阪242
サンフレッチェ広島300

こうして見てみるとジェフエスパルスがまだJ1での優勝経験がありませんが、それ以外のタイトルは獲得したことがあるのが分かりますね。

つまり、オリジナル10の各チームは、いずれかのタイトルは獲得したことがあるということです。

今後この表のどこに「1」が加わっていくのか楽しみですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました